ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

麻薬騒ぎ。

麻薬薬物がらみの事件で、テレビ、マスコミが盛り上がっているねえ。
レポーターたちは水を得た魚のように、浮き足立っている。
かつてのアイドルが、ズブズブと地の底に落ちていくさまを
テレビというメディアは「リアルなエンターテイメント」として視聴者に届ける。
いやいや不謹慎な言い方でスイマセン。

「酒井法子容疑者」って言葉は、確かに、スゴイよね。 
「押尾学容疑者」
という言葉は、なんだかしっくり耳に馴染むのだが、
ノリピーのあの優しそうなかわいらしい顔に「酒井法子容疑者」という言葉のアンバランスは、
そうとうにインパクトある。

子どもがいるのに、麻薬を常用していたなんて、どうしようもない連中だよね。
子どもかわいそう。

麻薬がらみの話ですが・・・・。
うちの愛犬トイプードルの「ムミちゃん」を買ったときの話です。

ある日、新聞にペットショップオープンのチラシが入っていました。
コーヒーカップにチョコンと入った、ティーカッププードルの写真が、なんとも愛らしい。
その姿に魅了され、私は家族を連れて、横浜繁華街にあるその店に向かいました。

狭い店内には、子犬がたくさん。気になった子犬は店員さんがケースから出して抱かせてくれる。
店員さんは、なんだか不思議なのだが、ホストのような感じの人たち。
応対も水商売っぽいんだよな、なんとなく。

ティーカッププードルはなんと40万円!!。
当然買う気などはない。
子どもと妻は、トイプードルを抱かせてもらう。
そして、目はトロトロ。「かわいいかわいい。つれて帰りたい」という感じ。

しかたなし、私はトイプードル衝動買いに踏み切る。
値段は、ティーカップの5分の一。大きさは3倍。
食肉なら、お得なはずだが、ペットは逆なのだ。

そして勘定をするとき、オープン祝いの花束が飾られているのが目に留まった。

その送り主の名前が迫力満点。有名人なのよ。
 「清水健太郎」 「桑名正博」。

あれれれれ、この二人の共通点って麻薬・大麻で逮捕されたことやん。
なんだか、不思議なペットショップだなあ。
怪しげだなあ。

うちのムミちゃんは、こんな素敵なショップから、買われてきたのです。

今のところ、ムミちゃんは、麻薬の禁断症状を起こすこともありません。

ちなみに「清水健太郎」の歌「失恋レストラン」も良かったし、
山田太一ドラマ「男たちの旅路」での役者ぶりも好きでしたよ。
何度も何度も大麻で逮捕される姿が印象的な方ですね。

「桑名正博」の曲「セクシャルバイオレット」も良かったよ。
関西ロックの乗りもいい感じな方。

井上陽水もかつて、大麻で捕まったよね。
ポール・マッカトニーも来日したとき、大麻が見つかって強制送還。

いろいろ麻薬と大麻がらみは、ありますね。

皆さん、気をつけてください、
というか、絶対やらないでください。


a0134371_031369.jpg


酒井ノリピーの素敵なポスター見つけました。
[PR]
by papanamida | 2009-08-07 15:29