ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida
朝っぱらから、すぐ近くの中学校のブラバン練習の音で目が覚める。
今日は、体育祭だそうだ。息子が通っているので、障害物競争だけ観に行くことにする。

中学校の入り口で、証明書のようなものに、
子どもの名前、クラス、親の名前などを記入しないと入れない。
面倒なことだが、不審者を入れないための措置で仕方ないことのようだ。
風体が不審者的な私は、ことさらきちんと記入した。

「自分の孫は、通っていないけれど、元気な中学生の姿を見たいなあ」
なんて散歩がてらに立ち寄る、近所のお年寄りは、入ることが出来ない。なんとも閉鎖的。

息子の通うこの中学は、私の母校でもある。30年以上前のことだ。
体育祭の時、応援団のリーダーをしたことを思い出す。
ちょっと不良っぽいTAくんと、笑顔が可愛らしい女の子MIさんと汗を流し応援をした。

半年くらい前に同窓会で二人に合った。2人とも家庭を持ち、子どもも大きくなっている。
2人とも、ちっとも変わっていないのだが、色々なことがあり、子どもを育てたのだろう。
でも、時の流れは、一瞬であるかのように錯覚する。

それにしても、春の日差しが眩しい。新緑がつやつやと輝く。
息子は楽しそうに障害物競争を走っていた。
妻がその姿を見て、私にそっくりと言う。

そう。私にも、こんな時代があったのだ。女の子たちとケラケラと笑い合っていた思春期が。
後の人生に待ち受けている苦難と楽しみを知らずに・・・・。

そして今は、人生の障害物競争を、息切れしながら走っている。

当時を思い出し、この曲聴くと、涙出ますよ。間違いなく。このころのユーミンは素晴らしい。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-23 12:06
昨日、 「夢の扉+」 ご覧くださった方ありがとうございます。
テレビ局に視聴者から電話がたくさんかかってきたようで反響も多かったようです。

テレビ局からは 「祝! 視聴率6パーセント」 とのメールが来ました。
サザエさんの裏で苦戦を強いられる時間帯、6パーセントは久々のヒットのようです。

なぜ多くの人が番組を観ていただけたか、を分析すると・・・。
中高年の多くが膝関節の悩みを抱えているのだと思います。
「歩くのがツライ、痛い」という人がご近所にもたくさんいらっしゃいます。
人工関節があんがいポピュラーなものになってきていることもあります。

これからのテレビは、中高年を取り込むことが必要です。
そのためには、おバカタレントのガチャガチャと浮ついた映像ではなく、
じっくりとした番組が必要。

思慮深い人たちを相手にするのですから、制作者も思慮深くないとできません。

私も完全な「中年ディレクター」。
高齢者に配慮した番組つくりを目指していこう!!!

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-21 11:34

犯罪者扱いされたよお。

本日放送なのに、まだ編集中だあ!!

さきほど深夜、赤坂で自分の車をコインパーキングに停めて、
ドアを開け携帯メールを打っていたら警察官がやってきた。

警察「すいません。車上荒らしが多いので・・・・」
私 「え! 私、車上荒らしではないですよ」
警察官はナンバーを見て怪訝そうに。
警察「そうですか。横浜から?」
私 「はい」
警察「お仕事は?」
私 「ディレクターです」
警察「なんの?」
おいおいおい、そこまで細かく聞くかいな。
私 「テレビ番組ですよ。今から編集です」
警察「はー、そうですか。免許証見せてください」

ということで、運転免許証を渡す。警察官は無線で本省に問い合わせ、
私が不審人物でないことを確認。

私 「車検証も確認していいですよ。
グローブボックスに覚せい剤がないかどうか確認もしたら、どうぞ」
警察「そうですね。確認させてください」

と言って、本当に車内をゴチャゴチャ調べだす。
結局、当たり前だが麻薬も拳銃も発見されず、無罪放免となりました。

最近、頻繁に不審人物と疑いをかけられる。そんなに私は、怪しいのか。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-20 04:08
明日、放送なのにまだ番組が出来上がっていない!!! 
これから最終仕上げです。このギリギリ感が、テレビっぽい。

今回、番組の音楽を選曲してくれた人と、昨日ロック雑談に花が咲く。
その方は、LED ZEPPELINの、マニア。
またまたお互い中学生に戻ってしまいました。

そんな中、今朝、畑に行って「スナップえんどう」を収穫。
すごく甘くておいしい。

最近、あらためて「美しい曲だなあ」と思う、LED ZEPPELINのRAIN SONG

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-19 10:48
番組宣伝させてください!!

今度の日曜日、5/20 の夕方6時半より
TBS系「夢の扉+」にて「プロペラ技術で挑む世界一の人工関節」を放送します。
今回のナレーターは坂口憲二さん。3月放送のものでもお世話になりました。

船舶のプロペラメーカーとして有名な「ナカシマプロペラ」が異業種に挑んだ。
それは人工関節作り。意外な発見がある興味深い内容です。
ぜひご覧ください。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-17 23:48
更新遅れてすいません。記憶も無くなるほど忙しい状況です。

さて昨年ハワイ島で取材した時、50歳くらいの空港職員が入れ墨をしていた。
彼は、娘の名前を腕に彫っていた。娘への愛情だという。
また、若い漁師は、ロブスターや魚の入れ墨を胸やお腹に入れていた。
漁師という仕事に誇りを持っている証しだろう。

というように、ハワイでは入れ墨はポピュラーなようで、普通の人が気軽に入れている。
もともとのポリネシアン系ハワイ人にとっても入れ墨は文化、土着信仰や魔除けの意味もあるようだ。

橋下知事が、「公務員の入れ墨について厳しく対応していくこと」をするようだが、
賛否が分かれるところだろう。
日本的な入れ墨は、確かにヤクザ屋さんをイメージさせる。
人を恫喝する道具に、入れ墨が使われることもある。

かつて私は取材相手が、体中に立派な入れ墨をしていたのを知った。
彼は若いころ、反社会団体に所属していたが、更生していた。
若気の至りで入れたそうだ。人間的にはとても素晴らしい人だった。
入れ墨のせいで、夏でも長袖。温泉、プールにも入れないと彼はこぼす。

入れ墨をたくさんの面積入れると、肝臓に負担がかかるとも聞いたことがある。
たかが入れ墨。されど入れ墨。日本社会では、生きにくくなる。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-17 09:16
近々放送予定の番組の編集作業に追い詰められ、家でパソコンで作業しています。
ホントに追い詰められているのですよ。
それなのに、なんでこんなブログを書いているかと言いますと、
横浜地方、先ほどから灰色の雲が立ち込め、雷が轟いているからなのです。

雷が、もし近くに落ちて、電源を伝って、編集しているパソコンに
高圧電流(?)が流れたら一大事。
編集データが破壊されたり、映像が無くなったりする恐れがあります。
ということで、天候が落ち着くまで、全て電源を抜いて一休みです。

雷も怖い、竜巻も怖い、地震も怖い、妻も怖い。
人間の力ではどうにもならないことばかり。
一説には、これから太陽の活動が弱くなり氷河期に突入するとも言われています。
作物が育たなくなり、食糧難になったりして・・・。

そういうわけで、またまたノスタルジックな曲です。エルトン・ジョン。いい曲ですね。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-10 13:49
竜巻が茨城、栃木を襲つた。家々の屋根を吹き飛ばし、恐ろしい破壊力で驚いた。
もしあの程度の竜巻が、事故でボロボロになっている福島原発を襲ったら・・・。

使用済み核燃料が、保管されている4号機のプールが吹き飛ばされ、核燃料が拡散。
放射性物質が飛び散り、5000万人が被曝。東日本は破滅、人の住めない所となる。
考えただけでも恐ろしい。
「そうなる確率は百万分の一」と原発推進学者は言うだろうが、
「何が起こってもおかしくない現代」には、「充分にありえること」と思っていた方がいいだろう。

原発再稼働に際して、政府の人間たちが「責任は国がとります」などと言うが、
福島で生活破たんした人たち、被曝した人たち、への責任もとっていない状況で、
何、寝ぼけたことホザイテいるんだ、と感じる。

テレビでは、チンピラにいちゃんの二股について、クドクドと取り上げているが、
そんなことより、大事なことが、あるだろが!! って、オッサンは思っちゃうよ。

ウンザリすることが多いから、あえて癒しの曲を聴いてください。
このアコースティックギターと、二人のハーモニーは、なかなか素敵。
5月の風に吹かれながら、聴きたい曲ですわ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-08 10:43

原発ゼロでも喜べない。

私は、原子力発電がなくても、生きていけると信じているので、
原発ゼロは嬉しいことである。
原発の電気を使うくらいなら、夏の暑さも我慢する覚悟もある。
ちょっと叙情的な言い方かもしれないが、
「福島の人々への共感の表明」 としても脱原発を言っていくつもりだ。

原発を動かさなくても、LPGガスの火力発電と水力発電と自然エネルギーで、賄える。
それでも不足ならば、みんな節電すればいいのだ。
夏の最高に暑い日の数時間だけ、エアコンを止めて汗をかこう。(病院などは例外として)

そして、暑さに苦しみながら、東海原子力事故、チェルノブイリ、
福島で亡くなった人の無念さに想いをはせよう。


「日本だけ原発やめても、韓国や台湾や中国の原発が事故ったら放射線汚染される。
 だから日本が率先してやめるのは意味ない」
という意見もあるが、「赤信号、みんなでやれば怖くない」という論理に思える。

それにしても、原発ゼロを単純に喜べる状況にはない。
使用済み核燃料は、そのまま存在していてその処理方法も決まっていない。
また、それぞれの原発を廃炉にしていくのも膨大な時間と予算が必要だ。
原発について勉強する人が少なくなるのも困ったことだ。

原発を廃炉にしていくため、末端で働く労働者が必要だ。
またまた、孫請け、ひ孫請けがまかり通り、安い賃金で被曝労働させられるのだろう。

世の中、不条理なことが当たり前になってしまった。
というか、古代から、何事も不条理だったのかもしれないが。

不条理という言葉が、似あう、この曲。サウンドオブサイレンス。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-07 03:41
ゴールデンウイークは、「ゴールデン編集ウィーク」となっておりまして、
朝から晩まで自宅で編集ですよ。
最近は、年のせいか目が疲れるんですよね。それに集中力も持続しないし。

愚痴はこのへんまでで、話変わりますが・・・・。
3週間ほど前に、次男と隣町の住宅地を散歩していた。
「こんのへんに、中学時代の友人・渋沢(仮名)が住んでいたなあ」
とふと思い出し、なんとなく、ふらふらとそのあたりを歩く。
そして「渋沢」の表札を見つけた。
呼び鈴を押すと、彼のお父様らしき男性が出てきた。

「すいません。昔息子さんと友人だった込山と申します」と告げると
彼は車で20分のところに家族で住んでいるという。
「そうですか。込山が来たことを伝えてください」
と名刺を、お父様にお渡しした。
渋沢と私はロック好きだった。お互いのレコードを貸し借りしていた。

それから3週間後の本日、渋沢からメールが来た。
たぶん35年ぶりのコンタクトだ。
渋沢の文面からも懐かしさが滲み出ている。

彼も、いまだにLed Zeppelin、ELP、Pink Floydをバリバリ聴いている、という。
ここにも、またまたロックオヤジがいた。
今度、会う約束をした。楽しい会になりそうだ。

35年前、彼とよく聴いた曲。言わずと知れたロックの名曲。
「天国への階段」

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-05 22:27
昨日は、初体験をしました。
街中のスターバックスにて映像編集をしたのです。

映像の編集機って、今すごく小さくても性能はなかなか、なんですよ。
私はマックブックプロというノートパソコンと2テラのハードディスク。
それだけで本格編集。
ハードディスクにはその番組のために取材した全ての映像がぶちこんである。
電源さえあれば、どこでも編集だ。

大井町のオシャレな商業施設のスターバックスには、電源付のテーブルがある。
まるで図書館の椅子テーブルのように、そこそこ広い。
サラリーマンやOLなどが、そこでメールを打ったり企画書を書いたりしている。

私はパソコンとハードディスクの二つの電源をお借りして、
というか電気をもらい、2時間作業。音はイヤフォン。案外集中でき快適。

最近オフィスを持たずに、都市のコーヒーショップを転々としながら
仕事をする人たちがいるという。
「ノマド族」と呼ばれているそうだ。「ノマド」とは遊牧民の意味らしい。

ということで、一日だけ「ノマド」初体験してみました。
私の場合は、「野良ディレクター」または「ジプシーディレクター」という感じですが。

ということで、ジプシーキングスでも聴きたくなりました。
軽快なラテンリズムに思わず体が動き出しますよ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-03 13:01
高速バス事故、恐ろしいこと。辛いことです。
それにしても3500円で金沢から東京まで来られるというのが驚き。
安くするためには末端の労働者にしわ寄せがくるものです。

若いころ、深夜のスキーバスを何度も利用したことがありますが、
いつでもドライバーは二人いて、交代交代で運転していました。
今回ドライバー一人で、長距離を運転させるというのは、価格競争の影響があったことは明白。

私たちは 「なによりも安ければいい」 という価値観を見直す必要があるのかもしれません。
「安い」 と言われていた原発がこんなに 「危険」 なものだということも分りました。

いくら技術の発展があっても人間が最終的に責務を負っています。
「居眠り」や「安全への妥協」は、結局、大きな犠牲を払うことになります。

話変わりますが、先日、知人と70年代の音楽話をしていたら、
その方は「サイモンとガーファンクルも良かった」と言いました。
そうでした。S&G。心に響く名曲がいっぱいですよね。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-01 00:28
先日、番組内で使用するCGの打ち合わせ。40歳代のCGクリエイターと話をする。
彼が私のパソコンの壁紙を見て、
「ピンクフロイドが好きなんですか?」 と尋ねてきた。
私のパソコンの壁紙はピンクフロイドのロゴだ。
私が 「大好きですよ!」 と答えると彼も、
「最近発売されたデジタルリマスターを買おうかどうか迷っています」 と言う。
彼も、相当にいっちゃっているピンクフロイド信者らしい。

ピンクフロイド談話で盛り上がっていると、
傍らで聞いていた20歳代のADくんが、「なんのことだか全然わかりません」 と言う。

ADくんも 「そんなにいいなら聴いてみたいです」 って言うから、
「狂気っていうアルバムが最初はいいよ」 とアドバイス。

その後、CGクリエイターと仕事のやりとりをメールでしているのだが、
文面の半分以上は、ピンクフロイドの話題。
持っているアルバムのことだったり、好きなメンバーだったり。

テレビ業界では、時々こうした元ロック少年に出くわす。
みんな少年の時にもどり目を輝かせて、ロックを語りだす。
ちょっとした楽しい時間だ。

ピンクフロイドで一番ポップな曲「マネー」をアップします。
変拍子がオモシロイ曲です。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-28 08:58

父と息子の微妙な会話。

今日、ふっとした時に父のことを思い出した。

父が亡くなってから22年が経つ。早いものだ。
父は、私が結婚したことも、子供が二人できたことも、
そしてその後、離婚し再婚し三人の子持ちになったことも、
知るはずもなく鬼籍に入った。

父が亡くなった時、私は27歳だった。
大学を卒業したのだが、ちゃんとした就職もせずアルバイト生活。
テレビディレクターの仕事も始めてはいたが、
カネが貯まれば、海外旅行などにふらふらと出かけていた。

そんな息子の生活に父は 「ちゃんと就職しろ」 などという言葉を
吐いたことがなかった。

こんなことを私が言うのも変なのだが、
自由勝手に生きる息子の日々を父は、眩しそうに見ていたのかもしれない。
上から目線ですまん。

というのも、父の青春時代は戦争によって潰された。
正確には分からないのだが、父は中学卒業し日本軍の兵隊になり、通信部隊に配属、
朝鮮半島で戦っていたそうだ。

勉強したくても、高等教育を受ける機会を逃した。
終戦を迎えると、神奈川県庁の公務員となった。
学歴がなかったから大変だっただろう。
それでも実直な性格により、事務職として40年以上勤めあげた。

戦争時代の苦しかった体験は、あまり父の口から聞いたことはない。
青春時代を戦争によって台無しにされたことは確かだろうに。
ただ一度、こんなことを聞いたことがある。

「新劇に興味があった。時々観に行った」
私はよく知らないのだが、新劇とは、当時のヨーロッパ的な要素を取り入れた演劇のことらしい。
横浜の下町育ちの父はそういう劇場に足を運んでいたらしいのだ。

余談だが、私は 「笑点」 の司会をしている 桂歌丸 さんを見ると父を思い出す。

歌丸さんも横浜下町育ち。年齢も、父が生きていれば近い。
痩せこけた顔も、優しそうな笑顔も、ちょっと父に似ている。
横浜の下町なまりのしゃべり方も近いものがある。
そして父も日曜日の夕方は、「笑点」を観ていた。
もしかすると父と歌丸さんは、横浜の野毛山あたりで、
子供のころ、すれ違っていたかも、などと想像してしまう。

父は、息子がマトモな就職もせずに、
映画や音楽や旅行に明け暮れ、好き勝手に生きている姿を、
自らの青春時代の喪失の穴埋めと感じていたのかもしれない。

父は退職後、慶応義塾大学の市民講座に通いだした。
通っていたのは「映画理論」や「映画の歴史」だった。
私は大学では映画学科。息子との会話の糸口が欲しかったのかもしれない。
そんなことを言うと生意気なようだが、息子を持った親の気持ち、今の私には解る。

私の長男は17歳。普段はほとんど会話をしない。
私「学校はどう?」 息子「別に・・・」 こんな調子だ。

ほんとうに時々、音楽の話題で話をする。
息子の弾くピアノを褒めたり、注文を付けたりする。
過去のクラシック、ロック、ジャズの名曲を聴かせたりする。

息子 「この曲は変拍子が特徴だなあ。こういうの好きだよ」 などと言う。
私 「そんなんだよ、不安定なところがかえって面白いよね」
そんな感じで、ほんの少し会話が続くだけで、私は内心うれしい。

誰だって、息子にはマトモな生活を送ってほしい。
特に、こんな不景気な時代が続くと、
子どもには安定した生活を勧めるようになりがちだ。
だからって 「人生は安定した生活が一番だ」 なんて息子に言いたくない。

「好きなことなら、やってみろ」と言いたい。
人生どうなるのか、わからない。まして日本がどうなるのかわからない。

息子たちよ。勝手に生きてくれ。
そのかわり責任は自分でとれよな。


最近、長男がオモシロイと言った曲。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-25 00:53
現在、取材している相手は、医師やら工学系のエンジニアやら、
とても知能指数の高い人々でして、
私の数十倍、高性能な脳みそを駆使している方々です。

当然、イカレタ脳みその私は、話題についていけるはずもなく、
マヌケな質問を繰り返しているのです。
「酸化ってどうゆうことですか?」などと基本的なことから質問。
先生たちも、バカを相手に丁寧に説明してくれます。

そういう状況でも、テレビディレクターというのは、許される部分もあるのです。
視聴者の立場でものを考える、ということですね。
難しいことを簡単に説明する、というのがテレビ番組には必要なことですので。

1970年代の曲をもう一曲!!
カーペンターズがカバーしたことでも有名です。
絞り出すような声がたまらない。
レオン・ラッセルのSONG FOR YOU


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-22 15:31
本日、ある方から
「いつもブログ読んでいますよ。音楽紹介が楽しみ」
と言われました。
ありがたいことです。感謝いたします。

それにしても文章をさぼるためにしている、音楽紹介が
ウケていたなんて、意外です。

ということで、今日もさぼるために音楽紹介します。

世代によって好きな音楽というのはまちまちですが、
私にとっては1970年代の音楽が、一番しっくりくるように感じます。
1970年代は、私の小学校、中学校時代と重なります。
高度成長期。ベトナム戦争。学生運動。激しい時代でした。

そんな時、ラジオから流れる洋楽に盛り上がりました。
まだ小学生だったと思いますが、この曲もお気に入り。
最近、歌詞の内容を知って驚きました。
「恋人に振られ、親に死なれ、絶望の中、
 飛び降り自殺しようとしている男の気持ち」
が描かれているというのです。

そう思って聴くと、切ないメロディーが涙を誘います。
ギルバート・オサリバンの「アローンアゲイン」


数年前に流行った、この曲も絶望した男の切なさを歌っています。
ジェームス・ブラントの「ユー・アー・ビューティフル」
このビデオ、すごく好きだなあ。
最後、投身自殺してしまう。「アローン・アゲイン」へのオマージュかな。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-21 19:03
綱渡りの取材案件が続き、
忙しくドタバタと、地方都市での撮影を済ませ、
飛行機に乗り込み、機内のオーディオで、
偶然この曲を聴いたら、なんだか、一気に緊張がほぐれた。

素晴らしい音楽は、記憶の奥底から
色々な感情を引っ張り出してくれるものだ。
イタリアの映画音楽作曲家エンニオ・モリコーネ。


石原都知事は、すごいことをしますね。
中国に対しては、これくらいしないと、ダメかも。
石原氏も都のお金でなく、自分の貯金で買ったら、
もっとカッコよかったのにねえ。

それにしても政府は、後手後手。情けなし。

田中防衛大臣の会見を見ると、まるで、お笑い番組。
蛭子よしかずさんと、組んで、オオボケコンビさせたら、
いいのにねえ。

田中防衛大臣には、町内会の盆踊り大会を
仕切らせることも、恐ろしくてできないなあ。
あんな、「面白い人」に国防の長をやらせているなんて、
今の政府は、国民に喜劇を見せようとサービスしているんだろう。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-19 00:28
またまた、うんざり。
静岡・御前崎市長選で現職の石原茂雄氏が当選。

ここは、世界で一番危険な原発、浜岡原発がある市。
「原発停止」を訴える候補者二人を抑えて、
原発維持派の石原氏が当選したというのだ。
つまり、住民たちは 「原発事故の不安」 よりも
 「生活維持」 を選んだということだ。
東海地震の確率が高まっているのに。
福島の人たちがこんなに苦しんでいるのに。


うーん、これは大変なこと。
今後、全国の原発にて、地元の理解を得ることが、
意外にもイージーなんでないか、って思ってしまう。

福井の県知事も、国の説得に、受け入れる方に向かっていくようですし。
ようするに、「原発依存仕方なし」っていう人が案外多いんですね。
なんだか虚しいなあ。

これから夏にかけて、政府と電力会社が結託して、
電力不足を叫び始めるという、猿芝居が始まります。

福島原発事故から、何も学ばないで、この国の春が過ぎていきます。

そんな中、一つの光は、ジュリー沢田研二が脱原発の歌を歌っていることです。
素晴らしいですよ。この曲。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-16 01:32
大飯原発再稼働が現実になってきそうですね。
ホントに信じられません。

まだ防潮堤の高さも低いまま。津波が来たらどうするの。
免震棟もできていない。地震対応できないでしょ。
福島の事故の検証も行われていない。誰も責任をとっていない。
国として、これからのエネルギー政策のビジョンも示されていない。

現政権には呆れるばかり・・・。
不完全な技術で国民を道連れに・・・。
全ては一部の人間たちの利益のため。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-14 12:21
昔・・・・。と言っても30年くらいの昔、擦り切れるほど聴いた曲がある。
今の人は 「擦り切れるほど聴いた」 という意味がわからないだろうな。
iPodでは擦り切れないものね。

当時、その曲をカセットに入れ、赤い日産パルサーのカーステレオで聴いた。
その曲が流れると、瞬時に車窓の景色が眩しく輝くような気がした。
湘南の海に向かうに高揚した気分には、うってつけの曲だ。

ド頭のギターのカッティングが身震いするほどカッコいい。
どう頑張っても、私にはあんなプレイはできない。

そしてドラムとベースのリズム隊のノリが、いっちゃっている。
間奏のサックスプレイがキラキラと眩しい。

これを聴くと、19歳の頃に一気に戻れる。
その曲が入っているCDを借りてきた。久々に、その曲を大音量で聴いた。
この曲です。



この曲が発表されたのは1982年。
赤坂のホテルニュージャパンが火災。
フジテレビで「笑っていいとも」が始まり、
松田聖子が「赤いスイートピー」を歌っていた時代。

懐かしさを味わい楽しむ。 
そんなことをしているってオヤジになったのかなあ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-12 10:33
今度、大きな地震が福島で起こると、日本が壊滅するらしい。
福島第一原発の4号機には大量の使用済み核燃料が保存されているが、
建物はボロボロ。地震で崩れたら、誰も近づけない。
そうすると、1号機から3号機まで、制御不能に陥る。
大量の放射性物質がばら撒かれ、日本には人の住む場所がなくなる。

皆さん、SFパニック映画のように感じられるかも知れませんけれど、
かなり現実味があることなのですよ。

以下のドキュメンタリーは、ドイツの国営テレビが制作したもの。
恐ろしい現実が、分かりますよ。

30分間です。ぜひ騙されたと思って観てみてください。
途中は飛ばしても、特に後半は必見です。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-10 23:14
大飯原発の再稼働を政府が急いでいる中で、この映像を是非観てほしいと思いました。

木村俊雄氏は元東電技術者。2001年に退社。
福島第一原発で原子炉の運転や核燃料の管理をしていた。

福島原発事故により、福島から避難。現在は高知県で自給自足の生活をしている。

木村氏は2005年にいわき市で発行されたミニコミ誌に
「もし、原子力発電所に津波が来たら」というタイトルで投稿。
「津波来襲により、冷却用海水ポンプや非常用の電源などの機能が
喪失するだろうから、結果的には炉心は溶融するであろう」と予告していた。





下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-09 09:37
枝野幸男氏は、ころころと発言を変える男だなあ。あきれましたよ。
一年前に 「放射能は、ただちに健康に影響がない」 って
国民に大ぼら吹いていたころから、「この男怪しい」と思っていたのだが。
ここに来て、まったく言動がおかしい。

数日前には、大飯原発再稼働に慎重のようなことを言っていたくせに、
今度は地元に対し再稼働に向けて説得に行くという。

その地元というのが、すごく狭い範囲なことがおかしい。
そもそも福島の惨状を考慮すれば、
現時点では「地元の理解」だけが大切なのでなく、
「国民全体の理解」が重要なのだろうが。

そして「暫定的な安全基準」なんて誰が信じられるのか。
誰がこんなに急かすのか。電力会社と経済界と官僚なのか。
不思議でならない。相当な圧力を受けているのか。

福島では、放射能汚染水がドボドボと海に流されたよう。
たくさんの食品から基準値を超えるセシウムが検出。
そんな中での再稼働。

さあ皆、車検切れの車でドライブだあ。地獄に向かってまっしぐら。
まずは KISSで地獄を感じてみましょう!


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-07 02:02
昨日、次男・ナユタの中学校入学式だった。

ナユタをここまで育ててきた過程は、ホントに大変だった。
ピーピーギャーギャー泣き叫んでいた幼児時代。
窓を蹴っ飛ばしてガラスを割ったり、食卓のイスを投げつけたり、
幼児なのに家庭内暴力を振るってきたナユタ。

そんな日々が遠い過去となり笑い話として語られるようになったことは、
ホッとすると同時に、ちょっとした寂しさも感じられる。
サルから人間にようやくなった。
これで我が家も、小学生がいなくなり少しだけ落ち着いた状況になる。

しかしこれから、中学高校となると、大変なのは教育費だ。
それも3人となると、結構なお金がかかるのですよ。
安く見積もっても、一人育てるのに一千万円だそうです。
私立の学校に行かせたり、習い事などをさせると、一人二千万円から三千万円。
うちは、掛ける三人だから、すごい金額ですね。家一軒分じゃないですか!

生きているだけでお金がかかるというのは・・・・、トホホ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-06 09:32
浜岡原発に津波が襲う可能性!
その想定される高さが21メートルということが発表されたよね。
ほらほらほら、ね。私が言ったとおりじゃん。
18メートルの壁を造ったって無理だっちゅうの。
中部電力は改善工事費1400億円をドブに捨てたね。

だいだい「津波」って単なる波じゃなくて、
とてつもなく「巨大な塊」なんだから壁を高く造ったって、
水圧でぶっ壊れてしまうでしょうに。

昨年、自主制作したDVD「ハマオカ」の中で、
私は浜岡原発の展示館の美人ガイドさんに、突っ込みいれましたよ。
美人ガイドが「18メートルの壁ができますから原発は守られます」
なんて抜かしとるから、
私は「20メートル、30メートルになるかも、ですよ」って。
そのマヌケなやり取りは、これを見てください。


最近は、地震が来るたびに「福島は大丈夫か、女川は、東海は!」と
原発のことばかりを気にしてしまう。日本人全員そうでしょ。
こんな時に、原発再稼働できるわけないでしょ。

昨晩、報道ステーションの「原発わたしはこう思う」に
北海道大学の奈良林氏が原発推進の立場から、発言していたけれど
その説得力のなさにあきれましたよ。

「サウジアラビアなどもこれから原発推進していく。
  日本も世界に遅れてはいけない」
みたいなことを自信なさそうな小さな声で、言っているんだけれど、
放射性廃棄物の処理については一言も言及していない。
未来永劫、放射能を撒き散らすゴミに、あなたはどう責任を取る気なんだ!
と、テレビに突っ込みましたよ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-03 10:44
長男が甲子園に行っていたんですよ。というのは横浜高校吹奏楽部員として応援です。
NHKのテレビ中継を見ていてびっくり。
長男が学生服で太鼓の前で映っているではないですか!
息子はパーカッション担当なのです。

NHKのレポーターが 「横浜高校は男子学生が必死の応援を続けています」 とかなんとか、
しゃべっている時の映像に、バッチリ10秒以上映っていました。

「息子の肖像権はどうなるんだ!」とNHKに抗議の電話を
掛けることはしなかったですよ。あたりまえですよ。なんだか嬉しいですもんね。

息子にメールで、「バッチリ映っていたよ」と送ると「いやだなぁ」との返事。
ホントに目立ちたくない性格なのだなあ。

さて、その横浜高校対関東一高の試合なのだが、驚くべきシーンがあったのですよ。
横浜高校が2点同点に追いついたのに、
相手のキャッチャーが「横高のランナーがホームベースを踏んでいない」と言い出した。
審判はそれを信じて、一点が無効となったのだ。

前代未聞!! スローモーションで観てもちゃんと踏んでいるよ。
まったく!!私は審判のミスとしか思えない。
この審判ミスで試合の流れが大きく変わった。結局横浜高校は負けてしまった。
残念!
あの審判、私は許せない。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-04-02 19:48

原発専門家の危惧。

a0134371_11331269.jpg説得力のある原発関連の本に出会った。
「官邸から見た原発事故の真実 
    これから始まる真の危機」

著者は田坂広志さん。東京大学で原子力工学を専攻。
福島原発事故後、内閣官房参与として政府の中枢でアドバイスをしてきた専門家。
一か月ほど前、「朝まで生テレビ」に出演していたのを憶えている。
ご自身は長年、原子力や放射能の研究をされてきた。
ある時、深刻な病気になり悩み続けた、という経験を語っていた。

田坂さんによれば、「福島の事故は幸運に恵まれた」とういう。
「首都圏三千万人の避難」という深刻な事態に陥っていた可能性も孕んでいた。
ぎりぎりのところで幸運に恵まれ、事故はこの程度に落ち着いているのだという。

それなのに今、政府には「原発事故に対する楽観ムード」が広がっていることが危険だという。

今後、汚染水処理の問題、放射性廃棄物の問題、廃炉の問題など、人類は10万年単位で管理していかねばならない。
政府は「廃炉」について30年から40年のスパンで考えているが、それは楽観的すぎるという。
溶け出た放射性物質に作業員が近づくこともできないのに、どうやって処理できるのだ、と私も思う。


この本は、声高に反原発を唱えていない。冷静に原発と放射性廃棄物について危惧している。
今こそ、全国民が読むべき本だと思う。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-03-31 11:42
東京電力に税金を投入しまくっているんだねえ。
明日、東電が一兆円を要求するらしい。全部で3兆5000億円になるという。
今後、もっと賠償が増えるから、5兆円はいくんじゃないだろうか。もっといくかもね。

みんなの血税を投入するのに、東電は「申し訳ない」という意識はゼロ。
自社のリストラや経営努力はマトモにやらない。トンデモナイ会社である。

大口の契約者には17パーセントの値上げをする、と一方的に通達。
電気を事実上、ほぼ独占しているから、完全な殿様商売。

「お前ら、電気が無けりゃあ困るだろ、イヒヒヒヒ」
 とイジワルそうな目で、脅しをかけてくる。
政府から、多額の金をかすめ盗りながら、経営には口を出すなと、言い張る。

独占というのは、本当にやっかいである。
企業努力もせずに、カネが入ってくる仕組みは、組織を腐らせる。

原発というカネのなる魔法のシステムを手に入れ、一層、腐敗していった。
欲に目がくらんだ、アホな御用学者と、
組織を守ることしか興味のない連中にカネをばら撒けば、
「原発安全」ともっともらしく説明してくれてきた。
「原発が危険」と訴える人々を、狂った連中と切り捨ててきた。

そんなシステムは、今回の原発事故であからさまになったのに、
いまだに、原発再稼働を目指している傲慢さ。
原発の核廃棄物の処理もできないのに。
10万年以上も放射能を発生させるゴミについて、誰も責任をとらない。とれるわけがない。

「経済のためには原発は必要」という人々がいる。

もし地震が起こり、また原発事故が起これば、経済が破綻。日本は破滅だろう。
経済のためには原発はリスクが大きすぎるのだ。
保険会社が事故のリスクを考慮し、保険料を試算すると、
原発は、掛け金が高くなり過ぎ、全く割が合わないものになる。

こういうことだ。
すごく性能が良く、燃費がいい車がある。
しかし、その車は100年間のうち一回、大爆発を起こし乗客は死亡する。
すごく稀だが、事故の可能性は拭えないのだ。
そんな車に誰が乗りたいか。
そんな危ないギャンブルをなぜ続けていかなくてはならないのか。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-03-29 03:12
今日、自宅でビートルズを大音量で聴いていた。
アルバム「レット・イット・ビー」の「アイヴ・ガット・ア・フィーリング」。
この曲はお気に入りだ。ポールとジョンの掛け合いが最高。


それにしても、野田さんはビートルズに失礼やろ。
 「TPPはビートルズだ」。野田首相は、TPP交渉参加を検討している日本の立場を、
ビートルズのメンバーに例えて説明したそうだ。
 その上
「日本はポール・マッカートニーだ。
ポールのいないビートルズはあり得ない。
米国はジョン・レノンだ。
この2人がきちっとハーモニーしなければいけない」

と述べたそうだ。

全く訳のわからない例え話だ。説得力のかけらもない。
ジョン・レノンは殺害されただろうが。 だいたい、ジョージとリンゴは、どうするんだよ。
単なる受け狙いか?くだらない。なんだか、すごく気分が悪いなあ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-03-24 23:54
大飯原発を何としても再稼働したい、ということはどういうことか。
要するに、このままいくと5月には日本の原発すべてが停まる。

そしてこの夏を乗り切ってしまうと、
「あれれれ、原発なくてもやっていけるじゃん」
と全国民が知ることとなる。

それを防ぎたいのが、電力会社と原発マフィアと、
そこからカネを受け取っている政治家たちだ。
彼らにとって国民の安全なんて二の次なのだ。
国民の被曝を軽く考えている。

原発再稼働する前に、まずやるべきことは、
「原発が安全」と言い続けた御用学者たちを、逮捕、終身刑。
原子力安全委員会のメンバーも逮捕、終身刑。
加害当事者、東電の幹部も逮捕、終身刑。

国民に多大な損害を与えた責任をとってもらう。
当たり前のことだ。
責任をとったことを明白にしてからでしょ。次のことは。

厳罰を科すことにより、今後の「原発安全」についてようやくマトモに考えるようになるだろう。

結局のところ、原発事故の広範囲の被害を考慮すれば、
原発による発電がいかに、割りに合わないかが、わかるというものだ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-03-23 22:37