ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida
最近、桑田佳祐さんがしばしばテレビに出演している。
新しいアルバムの売れ行きも好調のようだ。

サザンオールスターズがデビューしたのは34年前・・・・。
「勝手にシンドバッド」を短パンで、狂ったように叫び歌う姿はインパクトあった。
当時、私は高校1年。洋楽ばかり聴いていたが、サザンはすぐに好きになった。

サザンは青山学院大学の音楽サークル「BETTER DAYS」のメンバーが中心に結成されていた。
それを知った私は、高校生の頃、青学の学園祭に行って「BETTER DAYS」のライブ会場に入った。

サザンはデビューしてしまったので、出演していなかったが、
桑田さんの後輩たちが、ドゥービーブラザースをカッコよく演奏していた。
大学生って、楽しいことばかりやっていていいなあ・・・と憧れた。

文化祭には当然、美人な女子大生もワンサカいるわけで、(青学だから質が高かったのか)
大学にさえ入れば、すべての欲求が満たされるのではないか、
と、アホな私は思ったわけです。

若いころは、そんなことしか考えていない。
サザンの当時の曲も、アホでエロくて、・・・・切なくて・・・・。
そんなところがピッタリとはまったわけです。

大学に入ると、サザンの曲を演奏し、歌ったこともありました。
サザンの曲を聴くと、当時の生活が思い出される。
付き合っていた女性の表情が浮かぶ・・・。
こういうこと書くと、妻の機嫌がすこぶる悪くなります。

それから30年以上の月日・・・・。
まだまだ元気で、アホでエロい桑田さんを見ると、すごく安心する。
そして、彼のバラッドに・・・涙してしまう。
ミュージシャンとして、クリエイターとして、人間としても、尊敬する人だと改めて思います。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-26 02:42
中国のチャン・イーモウ監督作品は、20年ほど前、初期のものをよく観た。

「紅いコーリャン」 「菊豆」 「紅夢」などは、
悪趣味なストーリー展開と強烈な色彩の映像が、魅力的だった。
薄汚い中年金持ちオヤジと、売られてきた貧乏人娘(しかも超美人)との、オドロオドロシイ関係。

画面から、汗の匂い、肉の腐った匂い、血の匂いなどが、漂ってきた。
そして、スパイスとして、中国の時代背景・・・・。
時に日本人を残虐に描いた抗日的なシーンがあり、中国人が喜ぶ設定となっていた。

10年くらい前から、
 「あの子を探して」や「初恋のきた道」や「至福の時」
などで、
持ち前の「悪趣味ぶり」が影をひそめ「美少女持ち上げ映画」へ入っていった。
それはそれで、私は好きだった。

(そういえば北京オリンピック開会式の総合演出もしましたね)

そして、つい先日WOWOWでチャン・イーモウ監督の
「サンザシの樹の下で」を放送していた。2010年の作品という。
これが、なかなか素晴らしい映画だった。わかりやすい純愛映画、超お勧めです。
予告編。


以下、解説・・・。
1970年代初頭、文革時代の中国。女子高生のジンチュウは農村での住み込み実習に派遣される。
その村には抗日戦争を象徴するサンザシの樹があり、革命の教材には格好の題材だった。
寄宿先の村長宅では、一家と家族同然の付合いをする青年スンと出会う。
あれこれと優しくしてくれるスンに淡い恋心を抱くようになるが、
反革命分子として迫害を受ける両親を持つ身では、恋愛に現を抜かしているわけにはいかなかった。

かつて悪趣味映画を極めたチャン・イーモウ監督。
悪趣味を封印して、こんな素敵な純愛作品が撮れるなんて・・・。
でも、悪趣味を極めたからこそ、こういう映画を撮れるのだなあ、とも思います。

主役の女の子が素晴らしい、素人から監督が発掘してきたらしい。
世界的女優コン・リーもチャン・ツィイーも、チャン・イーモウが出世させたんだからね。
サスガ、美少女探すのが、世界一の監督だ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-23 17:11

ウソ、サギ、原発。

福島原発事故の収束作業を巡り、下請け会社のボスが作業員に対し、
線量計を鉛のカバーで覆うよう指示していた。
作業員の被ばく線量を少なく見せかけるための工作。
このボスは「事前に現場に行った時に線量計の音の速さに驚き、
 被ばく低減の措置をしようと思った」などと話しているという。

とんでもないことだ。
「作業員は、被曝しろ、
  死んでも知らん、責任も取らん」

ということだ。

こんなことは氷山の一角らしい。
末端労働者は、仕事がなくなると困ってしまうから、
被曝しても、命を削っても、作業を続ける。

先日、電力会社の男が
「今回の原発事故で、放射能によって死んだ人間はいない」
などと言ったそうだが、あほか! と言いたい。
作業員で亡くなったものは何人もいるし、住民の自殺者もいる。
原発事故のため、助からなかった命もたくさんある。
生活を奪われ、絶望の人がいっぱいいる。

ここまできても、今回の事故を矮小化させたい気持ちってなんなんだ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

関係ございませんが、
先日、亡くなったジョン・ロードさんのプレイが観られる貴重映像がありました。
ディープ・パープルの「チャイルド・イン・タイム」。あらためて・・いい曲っすね。
リッチーも若い!!!

[PR]
# by papanamida | 2012-07-21 18:08
小学校のころ、クラスにちょっとナヨッとした男の子・西沢君(仮)がいた。
今でいえば「オカマ」ということだろうが、当時はそんな言葉はなかった。

カルセール真紀さんやピーターなどは、芸能界で活動していたから、
そういう人が存在していることは、社会的に認知されていたとは思うが。

その西沢君は、見た目や服装は男の子。しゃべり方も男性。
でも仕草がちょっと女の子的。
日々接していれば、「その違い」をクラスメートたちは感じ取ることになる。

西沢君は、エレクトーンを習っていた。
私も、小学校低学年の頃エレクトーンを習っていたので、彼と話する機会があった。
彼の家に遊びに行って、エレクトーン演奏を聴かせてもらったこともある。
親友ではないが、友人の一人だった。

中学に入ると、クラスも別々になったので話す機会は減った。
しかし、相変わらずの「女性的仕草」、私も何度か、軽くからかったことがある。
彼が、クラスメートたちからイジメられていたようなことは感じられなかった。
当時の私の学校では、陰湿なイジメはあまりなかったと思う。

中学卒業から35年・・・・。西沢君の存在の記憶はほとんどなくなっていた。

先日、同級生から衝撃的な事実を知る。
「西沢君、自殺したんだって・・・・」

自殺の理由や、状況は何もわからない。しかし、想像するに・・・・。
あの「女性的仕草」によって、この世の中を渡っていくのに困難な状況が生まれたのかもしれない。
職場でからかわれたり、いじめられたり、
または恋愛に悩んだり、将来を悲観したり、いろいろなことがあっただろう。

それにしても、選んだ道が自殺だったということは・・・・。残念なことだ。
ご両親が健在だったとしたら、「息子の死」・・・・辛かっただろう。

人とのちょっとした違いを原因で、からかったり、いじめたり、
そういうことは、絶対にやっちゃいけないことです。
自戒を込めてそう思います。
フレディ・マーキュリーも悩んだ時期があったかもしれません。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ


[PR]
# by papanamida | 2012-07-20 12:42
沖縄には原発が存在しない。
なので電気料金が、本土よりも10パーセントほど高いと言われている。

しかし原発のある本土では、電気料金を8パーセント程度値上げするという。
それなら結局、原発のない沖縄と、同程度の電気料金になるということだろう。

原発事故によって放射能をばら撒かれ、福島の土地を失い、被曝した人が増え、
核廃棄物の処理もできず、みんなが苦しい思いをしている。
これから、数十年間は福島第一原発の処理に税金をドボドボと使うことになる。
結局、原発は安くない。実は高くつくのだ。

原発が、どれだけ意味のないものかというのが、国民は知り始めている。
猛暑である・・・・。なのに電気は足りている・・・・。
原発を動かさなくてもやっていける、ことが少しずつ気づいている。
官邸前のデモでは17万人もの人が声を上げる。

今後の原発をどうするか、と国民の声を聞く場に、
電力会社の人間を恣意的に紛れ込ませるという、姑息な手を使う原発推進派。
原発がないと日本は立ちいかない、などと野田は国民を脅す。

各地の原発の下には活断層が見つかり問題となっている。
国民が本当に怖いのは、こっちのほうだ。

原発事故から、一年4か月が経過したのに、「将来の電力」についての
グランドデザインを持たない現政権。
国民の声が、これほどまでに届かないとは・・・・・。

沖縄には原発が無い。
ハワイには原発が無い。
ニュージーランドには原発がない。
オーストラリアには原発がない。

原発さよなら。
「メルトダウン」という曲、じっくり聴いてください。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-18 08:25
中学の頃、夢中で聴いたバンド、ディープ・パープル。
ハードロックの元祖のようなバンド。50歳以上の元ロック少年が必ず聴いたバンド。

一般の方には、今ソフトバンクのCM (杉ちゃんバイク編) で、流れている
「スモーク・オン・ザ・ウォーター」が有名だ。

激しいロックなのだが、どこかに知性が感じられた。
それはジョン・ロードのバロック音楽を基礎とした
ハモンドオルガンのプレイによって特徴づけられていた。

そのジョン・ロードさんが亡くなったという。
激しいプレイとは対照的に、英国紳士のたたずまいを持っていた。

今日は、ディープ・パープルをかけ続けよう。
まずは、第二期のハイウェイスターが欠かせない。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

本日、BS日テレ 夜10時から
「世界探訪! 空港物語ワンダーエアポート」ご覧いただけたら幸いです。
[PR]
# by papanamida | 2012-07-17 12:31
明日、7/17 夜10時からBS日テレにて
「世界探訪! 空港物語ワンダーエアポート」が放送されます。
先月、西オーストラリアに2週間行ってきて、取材してきたもの。
「パース空港編」は先日放送しました。今回は「リアマンス空港編」。

この番組、ほとんど下調べなく、いきなり現地に行って
撮影してくるという無謀なやり方です。

「リアマンス空港」・・・。そこは何もない砂漠の中の空港・・・・。
空港職員は、野生のカンガルーが空港に入ってこないように毎朝追い払うのが日課。
空港のそばには、インド洋に面した 
「二ンガルーリーフ」 という世界遺産の海がある。
ジンベイザメと一緒に泳ぐことが出来る貴重なダイビングスポット。
今回、私もジンベイザメを見てしまいました!!! その大きさにビックリ。

取材は、キャンプ場のバンガローに宿泊、自炊しながら進めました。
それほど何もないところ。
でも、住民たちは口をそろえて 「ここの環境、気候が素晴らしい」 と語る。
世界には、いろんな場所で生きている人たちがいるなあ、と感じました。

ということで、ノンキでユルイ番組ですが、ご覧いただければ幸いです。
夏にふさわしい清涼感ある映像もいっぱいありますよ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-16 10:00
世の中には、生レバーが大好きな人がいるもので、
禁止になる前、駆け込みでレバ刺食べて亡くなってしまう方もいるんですよね。
私は、生レバーをそれほど好きではありませんが・・・・。

先日、スーパーでこんなものを見つけました。
これは面白そう、と購入。250円くらいだったかなあ。
a0134371_1212260.jpg

見た目はリアル。レバ刺しそっくりの仕上げ。
ごま油入りのタレとゴマが付属していて気分を盛り上げてくれる。

息子と試食。

息子 「なにこれ???????」
私   「ただのこんにゃくじゃん。ぜんぜん、レバーの臭みがない」
息子 「これなら刺身こんにゃくの方がいい」
私   「レバーは血の匂いが、個性なのに。血の匂いがしないのは致命的だ」

ということで不評でした。
そういえば、タイではラーメン(バーミーナーム)の具に、
豚の血液を固めたものを入れるんですよ。あれはレバーぽくて美味しい。

こんにゃくレバー刺しにも、動物の血液を配合すれば、あの感じになるのになあ。
日本人は、そこまで過激なことしないんだよね。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-15 12:04
昨日、エレキギターを背負い池袋に向かう。
音楽練習スタジオに入りバンド練習するためだ。

以前このブログに書いたが、大学のころの軽音楽部仲間が同窓会のためのレディースバンドを結成。
ドラム、キーボード、ボーカル&ギターの、の3人が女性。
ベースのSくんとギターの私がサポートメンバーとしてお手伝い。

メンバーには30年ぶりの再会もある。
平均年齢50歳。5人全員の年齢を足すと250歳となる。
世間からみたらオバサンオジサンバンドなのだが、本人たちの気分は20歳代。

私にしてみたら20年ぶりのスタジオ練習。ウキウキする。
昨日の課題曲はRCサクセションの「雨上がりの夜空に」と
ジョーンジェットの「I LOVE ROCKN ROLL」。
自宅でそれぞれが練習してきたため、案外と合う。ビート感がたまらない。
曲の構成を何度も間違えるのは私。申し訳ない。

今回のスタジオ練習は2時間。少し汗ばみ楽しかった。
そのあとファミレスでのバンドミーティング。

課題曲を増やそう!と、オバサンオジサンは調子に乗る。
そして決まったのがセックス・ピストルズの「アナーキーなんとか」とヴァン・へイレンの「JUMP」。
「JUMP」のギターは、超絶技巧のエディだ。難しいギターソロが私の担当となってしまった。
テキトウに誤魔化しながら弾くしかない。

ミーティングが終わると、それぞれ「子供が帰宅する」「子供の学校の面談の時間だ」
などと言い帰っていく。

ドラムの女性Kさんが言う。
Kさん「いくつまでロックって出来るんだろうね」
私「ストーンズだって、ポールマッカートニーだって70歳近いんじゃないの。
  死ぬまでやるでしょ」
  高齢者施設で、介護士におむつあてられながらも続けるのかも」
Kさん「キースリチャーズはもう指が曲がって弾けないようだったよ」
私「BBキングの最近の映像見たけど、弾けなくなっていたよ」
なかなか、さびしいものであります。

ということで、色々と考える趣味の一日を過ごさせていただきました。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-13 09:43
国民の多くが脱原発を訴えているのに、政府が原発を維持し続ける理由について、
武田邦彦先生が語っています。


ここで武田先生がおっしゃっている 「核武装したいから」 というのも一つの理由でしょう。
また、原発をやめたら、原発施設や核燃料が電力会社の資産となくなり、
電力会社が負債をかかえ潰れるから、というのも大きな理由でしょう。

要するに、「儲かる人たち」の欲望を満たすために原発は続けられているのです。

たとえ、国民が被曝しても原発と白血病・癌の因果関係が特定されるのは困難ですから、
責任回避できますしね。うんざりしますが、そういうことですね。

川柳一つ
 「国民が 被曝しても 原子力」
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-09 13:51
我が家では、一万円札に羽が生えて、
ヒラヒラヒラと手元から飛んでいくっていう感じですよ。
まずは3人の子どもたちの教育費。

次男「パパ、夏期講習代と7月の塾代で、5万円ね!」
私  「おいおいおい、ちゃんと勉強してくれよな!!」

長女「修学旅行のお小遣いが1万5000円ね」
私   「なんでそんなに必要なんだ?」
長女「ユニバーサルスタジオのランチは高いってさ」

長男「学校の夏服の白のポロシャツが¥3800だったよ。ください」
私  「980円くらいのポロシャツでいいだろうが」
長男「学校のマークがないとダメなんだって」

おいおいおい。納得できないけれど払わないわけにはいかない。

そして先日、妻が使っている小型車が・・・・。
妻「エアコンがぜんぜん効かない。暑くて・・・」
ということで、トヨタに持って行き見てもらうことに・・・。

まずトヨタで点検してもらうだけで7000円払う羽目に・・・・トホホ。
数日後、トヨタの営業Aさんから報告。

A 「込山さん、エアコンのコンプレッサーを取り替えないと・・」
私 「いくら?」
A 「20万円ほど・・・・」
私 「あんなポンコツ車に20万円も払うのバカらしいっすよ・・・・」
A 「そうですよね・・・・もう13年経過していますからね」

営業Aさんは、絶好のチャンス!!と新車のパンフレットを持ってくる。
このAさんは、もう6年くらいの付き合い。
車検や修理でいつもお世話になっている。いつも腰が低く丁寧な応対。
それは「いつか込山さんには、新車を売るぞ!!」ということなのだが・・・・。

A 「込山さん、今ならまだエコカー減税が間に合いますよ。
          つまり10万円戻ってきます!!!」
私 「昨年、私の車を買い替えたし、お金ないっすよ。中古車探しますよ」

ということで自宅で1000CCの中古車をネットで探したが、案外高い。
妻が「色は、赤がいい!!」なんて細かい注文もつけるもんだから、なかなか掘り出し物が無い。

そんな時、またトヨタAさんから電話。
A 「こちらでもトヨタ系列で中古車探しました。ぜひ説明させてください」と。
私は仕事で多忙。「一時間だけ」と念を押してトヨタディーラーへ。

Aさんは、5台の中古車を探しだし、詳細をプリントアウトしていた。
しかし、どれも案外予想よりも高い。そして一年後には車検でまたお金がかかる。

そしてAさん。
A 「結局数年後の車検のことを考えると、新車とあまり変わりませんよね。
    今なら新車にはエコカー減税ありますし」
私 「うーーむ」
A 「新車の特別仕様車がちょうどあったんですよ。それも奥様の好きな赤色。
    ナビも付いているし、スマートキーもついています」

私は、パンフレットを見る。可愛いデザイン。ソファのようなシート。
「これは妻が喜びそうだ」と思う。

Aさんの説得には、幾ばくかの説得力もある。新車にしては高くはない。
もう、だんだん思考するのも面倒になり・・・・。
「じゃあ、これください」と口にする。

Aさんは大喜び。
何度も何度も「ありがとうございます。ありがとうございます」と頭を下げる。
妻にメールで「Aさんに負けて新車買ったよ。しかも赤色」
妻の返信「え!!うそ!!そんな贅沢!!!何があったの? 大丈夫?」

それから3日間だけ、妻は普段より優しかった。
新車が届けられるのをウキウキと待っている。

今私は自分を「幸福の王子」と思う。
妻や子どもたちから、お金をむしりとられ、ボロボロになりながら
立ちすくんでいる「幸福の王子」だ。
a0134371_13561662.jpg

以下、幸福の王子の説明。
町の中心部に高く聳え立つ自我を持った金箔の王子像が、
あちこちを飛び回っていろんな話をしてくれるツバメと共に、
さまざまな苦労や悲しみの中にある人々のために博愛の心で
自分の持っている宝石や自分の体を覆っている金箔を
分け与えていくという自己犠牲の物語。
最後は、金箔の剥がれたみすぼらしい姿になった王子と、
南に渡っていくチャンスを逃して寒さに凍え死んだツバメが残る。
皮肉と哀愁を秘めた象徴性の高い作品。
だそうだ。

ツバメたちよ。私が死んでも元気でいてくれ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-06 14:02
ようやくマトモな報告書が発表されたようです。
公的な文書にて、原発事故を人災と位置付けたのは画期的なことと思います。

福島原発の事故調査委員会の報告書にて。
「何度も事前に対策を立てるチャンスがあったことに鑑みれば、
今回の事故は『自然災害』ではなく、明らかに『人災』である」
(国会事故調の報告書)

 事故調は、「事故の根本的原因」について、
「歴代の規制当局及び、東電経営陣が、それぞれ意図的な先送り、不作為、
あるいは自己の組織に都合の良い判断を行うことによって
安全対策が取られないまま、3月11日を迎えたことで発生した」と断定。

つまり、東電と原子力安全委員会など規制当局が、
津波や地震対策が必要であると分かっていたのに、
対応を先延ばししたと指摘。対策を取っていれば、
「今回の事故は防げた可能性があり、想定外ではなかった」と厳しく批判。

そして、事故の原因は津波だけではなく、地震にもあった。と言及しています。
要するに日本中の原発が危ないということです。

それなのに、この報告書が提出される前に、大飯原発は動き始めてしまった。
なんというタイミングの悪さ。怪しい。

この報告書が出たことで、世の中の流れが変わってくることを切に願います。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-05 22:57
浪江町の町長が東電に怒っています。
東電からの通報が遅れたため町民たちが被曝したからです。
責任の所在をはっきりしろ!っていうことでしょ。

放射性物質の拡散予測を住民に知らせなかった政府含めて、
責任者を特定し刑事罰を科さなければならない。

そういうことを何もしないまま、なし崩し的に原発再稼働していく無責任体質に
私も怒りをおぼえますよ。


なし崩し的といえば、米軍のオスプレイが沖縄に配備される問題も。
住民の反対は完全無視。
墜落確率が高い危険な飛行機が生活圏の上を飛ぶことになりそう。

なし崩し的といえば、北方領土に対するロシアの対応。
あそこまでロシアが実効支配したら、帰ってくる希はうすーいうすーい。

ということで、うんざりすることだらけ。
怒りを表明しないと、どんどんなし崩し的に誤魔化されてしまう。
怒りましょう!!!

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-04 10:05
危ない危ない と言われている福島の4号機でトラブル。
これって実は深刻な状況かもしれない。
a0134371_9392647.jpg

あのボロボロの4号機で、使用済み核燃料のプールを冷やし続けなければならない。
もう一度強い地震に襲われ、プールが破損して核燃料が、剥き出しになれば、
その場で臨界していくのではないか。
そうなると福島原発での全ての作業はストップ。放射能は垂れ流しに至る。
関東、東北が汚染され人が住めなくなる。

人間には管理不可能な原発、放射性物質。
それでも現政権は大飯原発を始め、原発再稼働をしていく方針だ。私には理解不能。

以下報道より
東京電力は30日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの水を冷却する装置で
異常があったことを示す警報が鳴り、自動停止したと発表した。
 冷却装置に2台あるポンプがいずれも動かなくなり、
モーターを制御する非常用電源装置が故障した可能性があるという。
 東電は1日以降、復旧作業を始める方針。
冷却装置が停止した際に31度だったプールの水温は、
30日午後6時時点で36.6度に上昇したが、
保安院は「保安規定の上限の65度に達するには約60時間の余裕がある」としている。 


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-07-01 09:43
一昨日は深夜まで六本木で打ち合わせ。帰宅したのは明け方だった。
六本木は外国人が酔っぱらって奇声をあげていたり、
派手なドレスのホステスたちが通りを闊歩していたり、良くも悪くも「大都会」。

昨日は、我が「のんき畑」にて一人でジャガイモ堀りを行った。
春に植えたジャガイモの苗を引っ張ると、土の中からゴロゴロと男爵が顔を出す。
炎天下2時間の作業。汗ダラダラ、土でドロドロ。そんな作業が実に気持ちいい。
収穫したジャガイモは25キロくらい。結構な量だ。
家族たちも喜んでくれる。早速夕食に炒めて食べる。うまい。

ジャガイモの後は何を植えようかなあ。
時期があまりよくない。サツマイモなら苗を買ってくれば間に合いそうだ。
結局作業が少ない芋類になってしまう。まあいいか。たくさん収穫できるしね。

今の季節が好きだ。ちょっと動くと汗ばむ季節。夕刻には涼しい風が吹き抜ける。
蚊取り線香を点けたら「日本の田舎の夏の風景」が浮かんできた。

あまりに当たり前の選曲ですが、この季節はこの曲を聴くと心に沁みます。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-30 11:16
大学1年の時、軽音楽部に入った。
部員には、革ジャン長髪でギターをかき鳴らすヘビーメタルのお兄さんやら、
ミックジャガーと同じ動きをし、俺はプロのミュージシャンになると豪語する先輩やら、
ジョーサンプルなどのジャズピアノを華麗に弾きこなす女性やら、
上手い人も下手な人もゴチャゴチャ。みんな個性的で刺激的だった。
江古田の居酒屋で吐くまで飲んだり、学生にとってありふれた、そんな日々を彼らと過ごした。

私は4人組のポップスバンドを結成した。男性2人、女性2人。
私がギターとボーカル。サザンオールスターズやら矢野顕子やら高中正義やらをコピー。

週に3回、夜10時まで爆音を出して演奏していた。
楽しい日々だったが、毎日毎日バンド演奏を続けるのは、案外退屈になってくる。
私は学業では映像を勉強していて、自主映画を撮りたい欲望がむくむくと湧き上がってきていた。
それにはまずアルバイトをしてお金を貯める必要がある。軽音楽部にいてはその時間もない。

ということで・・・・部活動が10か月過ぎたころ、私は軽音楽部を辞める決意をした。
バンドのメンバーとの話し合いをもった。
べースのSくんも映像に力を入れたいと退部を決意。
ドラムのM子さんは演劇を極めたいと退部を決意。
キーボードのK子さんも、メンバーが辞めるならと退部を決意。

ということでメンバー全員で退部。
他の部員たちと別れるのは少し後ろめたい気がした。
残った部員からは、ある意味 「裏切り者」 という印象だったかもしれない。

それから30年・・・・・・・。

先日、当時のベースSくんからメール。(彼も映画学科卒。今は映画音楽やCMの作曲家)
秋に軽音学部の同期の同窓会があるから参加しないか、という誘い。

そして、その同窓会に即席バンドを結成するという。
しかしメンバーたちが、演奏技量に自信がない、
Sくんはベースをすることになったから、私にはギターをやって、とのこと。
Sくんも私も中途退部組なのに。

もちろん私は演奏技術に自信が無いのだが、おもしろそうということで引き受けた。
久しぶりに人前で演奏することになりそう。
その後、当時の部員からメール。楽譜と音源を送るから、住所を教えてと。

決まった曲はRCサクセションの 「雨上がりの夜空に」 と
ジョーンジェットの 「アイラブロックンロール」 。

7月中旬にスタジオに入って練習する。30年ぶりの人もいる。
中途退部組なのに、声を掛けてくれて本当にうれしい。感謝。
爆音出していたバカ騒ぎの日々を思い出す。

それにしても、RCサクセションの「雨上がりの夜空に」は泣けるなあ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-28 14:30
オーストラリアで朝、何気なくホテルの部屋でテレビを見ていたら、
ニュース番組の合間に、興味深い過激な特集がありました。

有名ファーストフード店の商品などを数品並べ、
「これを食べてはいけない!! カロリー高すぎます」
などとコメンテーターが説明していきます

日本では絶対にできない番組。テレビ局はスポンサーを失ってしまいます。
当たり前ですが実はテレビで伝えていることは、すごく偏向しています。
そういう気持ちで番組を見てほしいですね。
民放テレビ見るのはタダですよね。
「タダより高いものはない」って言うではないですか。

それにしても消費税は上がるようですし、かといって反対している小沢派も怪しいし、
どうなっていくんですかねえ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-26 12:15
BS日テレにて 「ワンダーエアポート空港物語」 という番組があります。
世界中の空港を紹介する番組です。
ロケハンなし、行き当たりばったりの撮影です。

その番組、ディレクターが足りていないようで、
先月、そのプロデューサーから急に連絡が入り、
2週間オーストラリアに行って、1時間番組2本作ってください、という。
なにしろ行ってくれるディレクターがいなくて困っているらしいのです。

昨年12月には、ハワイに2週間行ってその番組、2本を作りました。
高級ホテルに泊まり、生まれて初めてハワイ島の火山を見たりで、
大変ですが、楽しいこともあります。

2週間、日本を離れると色々な仕事に影響が出てしまいますが、
その仕事受けることにしました。

2週間のオーストラリアは、楽しいことも苦しいことも・・・・ありました。

帰国して編集して・・・。
そして昨日、一本目のナレーション録り。
といっても、八嶋智人さんと清水ミチコさんがVTRを見ながら、
おしゃべりをするというもの。基本的に一発録りでやり直しなし。
お二人の掛け合いが、予測不能でオモシロイ。さすがプロ。

ということで、来週火曜日、つまり6/26。よる10時から。
「ワンダーエアポート 世界探訪 空港物語」
「パース空港」編。お時間あればご覧ください。
あらかじめ、申しますが、とってもゆるい番組です。


今回、初めてコアラに触りました。
a0134371_21491365.jpg

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-22 21:53
昨日は東京で番組編集。
地下の編集室から一時間おきに外に出て、様子を伺う。

編集作業が終わったのが23時過ぎ。
台風がちょうど関東に接近。町は雨風が強い。並木がバッサバッサと踊っている。
ビニール傘が何本も道路に転がっている。

駐車場の車まで歩くとびしょ濡れ。慎重に車を走らせる。
雨が叩きつける。横風で車がふらつく。
車載テレビのニュースでは「現在横浜が激しい風」と警告。
これから横浜に向かうのに怖いなあと、
とりあえず世田谷・駒沢あたりで車を停めて様子をみることに。
無理して帰宅してもしょうがないと、そのまま寝入ってしまった。

消防車のけたたましい音で目が覚める。災害が起こっているのだなあ。
朝4時過ぎに運転再開。自宅にたどり着いた頃は明るくなっていた。
自宅は無事。家族も無事。ホッとする。

先日はオーストラリアに行った時、乾燥地帯に雨が降った。
雨は半年ぶりのことだという。
現地の人からは 「君たちが雲を持ってきたのか」 などと冗談を言われた。
パースでも激しい雨に降られた。

嵐にやられている日々である。

ということで、ブルーズの有名曲、ストーミーマンデイ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-20 17:20

アボリジニの楽器。

ディジュリドゥという楽器をご存知ですか?
オーストラリアの空港で売っていて興味が湧きました。

ディジュリドゥ(Didgeridoo)とは、オーストラリアの先住民アボリジニの楽器。
シロアリに食われて筒状になったユーカリの木から作られる。
要するに、デカい、ちくわみたいなもの。

管の一端に口を当てて唇の振動などを利用し音を出す。
原理はトロンボーン、チューバ等にも似ている。
しかし、もっと複雑怪奇な音を出す。
循環呼吸をして、ずーーと音を出すこともある。

アボリジニは1000年以上前にディジュリドゥを作ったとされ、
「世界最古の管楽器」の一つではないかとも言われている。

ディジュリドゥという名は、オーストラリアに入植した白人がその音を聞いて
「ディジュリドゥ」と聞こえたことによって付けられたそうだ。

それにしても、先住民アボリジニって可愛そうだなあ。
白人に大地を、乗っ取られたんだからね。
今、オーストラリアは、鉱物資源の宝庫。景気もいい。
西洋の資本で、大地をガッサガッサと堀りまくっている。

想いを馳せれば、
ディジュリドゥの音は、アボリジニの魂の叫びにも聴こえてくるなあ。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-19 01:47

呆れてしまうねえ。

オーストラリアから帰国した当日、2週間ぶりに自家用車を運転しました。
近所をちょろちょろ走っただけなのですが。
自宅に戻り車庫に入れたら・・・・・。
なんと車庫の後ろの柱にバックでガツンとぶつけてしまいました。
車の右後ろが凹み。塗装も剥げちょっとした傷に・・・。アチャ! ショック!

昨年暮れに購入した中古車なのだが・・・。
バックモニターもあるのに確認しなかった。アクセルを踏み過ぎた。
久しぶりの運転、なんだか頭がボーッとしていたよう。
同乗していた妻は 「人間轢かなくてよかったね」 と傷を見て笑う。
なんというポジティブノー天気。
私は不注意でオッチョコチョイな自分に腹が立ちます。

修理代金が、けっこう取られるかなあ、と不安でしたが、
本日、保険屋さんに伝えたら、保険で直してくれると言います。
ほっと安心です。

最近、ホントに自らの不注意な行動に呆れます。
先日もデジタルカメラを床に落としてしまうし。(無事でしたが)
大事な書類の行方が分からなくなるし。(後で見つかりましたが)

注意欠陥症か、はたまたボケか。

ということで、これからは焦らずゆっくりと動くことにします。

この曲聴いてリラックス。リラックス・・・・。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-17 01:20
今回、2週間の西オーストラリアロケで、スタッフの一人が特殊な機材を持ってきました。
機材と言っても撮影機材ではございません。

トイレでお尻を洗う携帯用洗浄機なのです。
水を入れて電池で作動、お尻に向けピュッピュッと水が出して使う代物。
家のウォシュレットのように事の後、きれいになるというのです。

彼は、それがないと排便をすることに躊躇するというほどの清潔主義。
今回、一週間はキャンプ場生活。バンガローからトイレまでの距離は約50メートル。
彼は毎回、携帯洗浄機を手に持ちトイレに向かっていました。

それを興味深く感じたコーディネーターさん、パース在住15年の40歳の日本人男性。
(コーディネーターとは海外でのロケの段取りや通訳をしてくれる人です)
彼は、「ぜひ試してみたい」と言って借りてトイレに。

10分後、「これスゴク気持ちいいっすね。ハマるのがわかりますよ」と言います。

それにしても他人にお尻洗浄機を貸す心の広さ。
それを気軽に借りてしまう緩やかな感性。
すばらしい!!

オーストラリアの荒野。満天の星空、南十字星が、便器の形に見えました。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-15 01:18
2週間、日本にいなかったので新聞が貯まっている。
少しずつななめ読みしているのだが、ウンザリしてしまう。

ずるずるずると、原発の再稼働が決まってしまった。
「危険」ということで生レバーは販売禁止。「安全」ということで原発は再稼働。
皮肉な対比だなあ。生レバーは、危険と感じる人は拒否すれば被害が及ばない。
原発は、危険と感じていていても拒否できない。誰もが被害者になりうる。

それにしても、どういう理屈で再稼働なのか。国民は納得できるのか。
政治家たちは「私が責任取る」とか「安全は確認できた」とか、
よくもまあ、しゃあしゃあと虚しい言葉を吐きますねえ。
福島の事故で誰も責任を取っていないじゃないか。

結局原子力ムラの力が強すぎ。儲かる連中が多すぎて、誰も止められない。

原発再稼働に対する、このウンザリ感というか虚無感というか・・・・。
何を思っても通じない、この国の政治・・・・。
私ですらこの虚無感なのですから、福島の人たちの失望感はどれほどでしょうか。

愚痴ってばかりですいません。全く話変わりますが・・
少し前に、以下のビデオを観ましてブルースやロックを楽しみました。
クラプトンが支援している(?)アルコール中毒患者施設のための
チャリティーライブ(?)らしいのだが、メチャクチャカッチョいいですよ。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-14 02:31
ロックドラマーのジョニー吉長さんが、お亡くなりになったのですね。
30年前、渋谷公会堂でジョニー・ルイス&チャーを観たのを思い出します。
カッコいいドラム叩いていました。それにしてもルックスもロッカーでしたね。

天国でも叩いてください。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-13 00:50
更新せずにすいません。
後半一週間は、人口2000人の田舎街でキャンプ生活。
スーパーで買い出し、スタッフが料理。
ネットは、お金払えば繋がるようだが、面倒なのでしませんでした。

どの国で、同じかもしれませんが、
オーストラリア人って自分の国に誇りを持っているのですね。
かなりの愛国心。自国が世界一と思って入る。

広大な国土と、自給できる食料。原油や鉱物資源も豊富。
コアラとカンガルーに代表される固有種の存在。
はるばるヨーロッパから移住してきたという「フロンティア精神」は
世代を超えて伝えられているようだ。
体格も大きく、肉食な人たち。
オーストラリア人の屈強な男たちに囲まれると
「ソーリソーリー」と腰をかがめて逃げ出したくなる。

今、成田からバスで横浜に向かっている。
オーストラリアの大自然と比べると、
ゴチャゴチャとちっちゃな家々がひしめき合っている日本。
味噌汁に、納豆。ガチャガチャしたワイドショー。
原宿、秋葉原の人混み。
オーストラリア人からみたら、ガラクタおもちゃ箱を
ひっくり返したような安っぽい所かもしれないけれど・・・・・、
やっぱり、日本っていいなあ。としみじみ思ってしまいます。
年とったのかなあ。

ちなみに、私本日、この世に生を受け半世紀、
シドニーから成田への機上で誕生日となりました。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-12 08:15
海外滞在の食事・・・。洋食って飽きますよね。
ポテトや肉なんて胃にもたれますし。なんか大味ですよね。

そういう時、中華街があると助かります。
炒飯と酢豚あたりをオーダーすれば、間違いは少ないだろう。
中国人の食に対するこだわりには敬服する。ありがたい。

中国本土に行くと、日本人と中国人の仕草や考え方に、大きな違いを感じるが、
西洋では、中華街におもむき、八角やオイスターソースの香りを嗅ぐと、
やはり同じアジア人なんだなあ、とシンパシーを感じてしまう。

そんなこんなで、中華料理に助けられている日々です。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-03 22:06
更新遅れていましてスイマセン。遠く離れた場所に来てしまいました。
この国の面積は日本の約21倍。人口は約2216万人。日本の6分の一以下。
さてどこでしょう?

もう少しヒントを・・・。
砂漠が多い。映画「マッドマックス」。有袋類。AC/DC。
ほとんどの人は、もうお分かりですね。

もっとわかりやすいヒントを・・・。
季節が日本と逆。南半球。

ということで、オーストラリアです。

それもシドニーで飛行機を乗り継ぎ、
西海岸、インド洋に面した街パースまで来てしまいました。
季節は初秋。空気が乾燥していて気持ちいい。
ネット環境があまり良くない。ホテルでは一時間3ドル払わないとネットが繋がらない。

物価はすごく高い。普通のペットボトルのコーラが300円くらい。
食事は普通の店でも、昼飯が1500円、夕食は4000円くらい。
ホテルは安宿でも、シングル1万2000円くらい。
要するに、物価が日本の2倍。

なぜ物価が高いのかというと、オーストラリア全体が好景気という。
特に、鉱物資源が多く採掘されている西オーストラリアは、この5年間くらい、
バブルと言っていいほどの景気がいい。
20歳代の若者が、鉱物採掘現場で働くと年収800万円から1000万円だそうだ。
それも、2週間働いて2週間休暇をとる、というペースでだ。

ワーキングホリデーで滞在しているほとんどの日本人の若者は、
オーストラリアで働き、慎ましく暮らし貯金して日本に戻るという。
レストランの皿洗いでも時給2000円貰えるそうだ。
農場で肉体労働すれば、月に60万円くらいになるらしい。
要するに、それって「出稼ぎ」じゃんねえ。日本も落ちぶれたということ。
それでも日本で、若者が仕事がない仕事がないってクスぶっているよりいいかもね。

こうして海外に来ると、「没落していく日本」を感じますね。
街には韓国のヒュンダイの車がたくさん走っているし、
テレビも韓国や中国メーカーのものばかり・・・。

今後も、オーストラリアの状況をアップしていきますね。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-06-01 08:22
福島第一原発、4号機がヤバイという噂がある。
地震が襲ったら燃料プールが壊れ、燃料棒が露出、
高熱になり大量の使用積み核燃料がメルトダウンになる、という恐れ。
ヘタすれば、東北関東が放射能汚染。あまりにも恐ろしいこと。

報道ステーションでわかりやすく検証していました。
VTR後、スタジオゲストの佐野眞一さんが、
原子力ムラ、東電に対する怒りを訴えるところ、が説得力あります。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-28 07:27
お笑いタレントの河本さんの母の生活保護受給問題が、世間を賑わせております。
当人は違法な不正受給にはあたらないと、弁明したいようですが、説得力には欠けますわな。

生活保護は本当に必要な人には大切なもの、という基本はあります。
でも・・・・。生活保護受給者200万人を超えているっていうのもスゴイ!
暴力団関係者も多く受給しているらしい。
生活保護を受けながらパチンコ通い、海外旅行なんていうのはザラ。

年金を払わない人たちは、最終的に生活保護に頼ることになる。
そっちのほうが、カネが多く貰えるというのもおかしな話だ。

そもそも、受給申請者が本当におカネに困っているのかどうかを公務員が
見極めるのって難しいでしょうね。プライバシーの問題も壁になっていますし。

かつての日本人には 「生活保護を受けるなんて恥ずべきこと」 という思いが
あったろうに、今は 「貰えるものはもらっておけ」 という風潮に。

「国民番号制を導入し、個人の収入、資産をお上が把握する必要がある」
という意見もあるようですね。
そうしないと不正受給はなくならないのですかねえ。

それよりまず 「生活保護Gメン」 を作ったらどうでしょう。
他人の生活、他人の財布を嗅ぎまわり、告発していくという、「嫌な仕事」ですけれど、
それによって、不正受給者が減るのであれば、予算の適正化に繋がると思いますが。

ぜんぜん関係ないけれど、
ビージーズのメンバー、ロビン・ギブさんがお亡くなりになったそうです。

個人的に思い出すのは、小学4年の頃、叔父さんに連れられ、
新宿厚生年金ホールでビージーズのコンサートに行ったこと。
私にとっては、生まれて初めての外タレライブ。
「ビートルズのまねっこバンド」かなあと当初思ってましたが、
コーラスの美しさは、ガキの私でさえ魅了されました。
その後、高校生の頃、サタディナイトフィーバーのサントラも大好きで、よく聴きました。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-27 13:52
小学生の時は、読書が好きでなかった。
文字を追っても頭にスルッと入ってこなかったのだと思う。
ようするにアホだったのだろう。

中学になり、姉の薦めで星新一さんのSF短編小説を読み始めたら、はまった。
本を読むことに抵抗感がなくなった。
次に、その後の私の人格形成に大きな影響を与えた作家がいる。
a0134371_9364081.jpg
 
筒井康隆さんだ。

筒井さんは日本を代表するSF作家の一人で、小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。
パロディやドタバタな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。
1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、
エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。

一般的に有名なのは 「時をかける少女」 「家族八景」 などだ。
「俗物図鑑」 などは信じられない展開をし、グロテスクなナンセンスギャグで爆笑を誘う。
中学二年の頃、彼の小説を一気に30冊くらい読破したのを憶えている。

筒井さんは、ジャズピアニスト山下洋輔さんやデビュー以前のタモリなどとも
交流があり、新宿のジャズバーで飲んでいたそうだ。

タモリが筒井康隆の小説をラジオドラマにしたものを聴いたことがある。
筒井ワールドとナンセンスギャグのタモリが、合っていた。

筒井康隆さんの小説を30年以上、読んでいなかった。
時々、ご本人がテレビ番組などに出演されているのを見たことがある。

先日、ブックオフで筒井康隆の名作集なるものを見つけ購入。
読み始めたら面白くてたまらない。

こんな、いっちゃっているナンセンスSF小説に、中学生ではまっていた自分。
それゃあ、普通の性格にはならないわなあ、と思った。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
# by papanamida | 2012-05-25 09:41