ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

福島第一原発は・・・・結局、津波が来る前に壊れていたんですね。
それを隠すために、調査チームを中に行けないようにするなんて姑息なことしいるし、
まったく原発村の人々は懲りていないですね。

私は原発の設計に携わった人、作った人に何人か話を聞いたことがありますが、
「フクシマはたぶん津波の前に壊れていた」ってみんな言っていましたよ。

それに・・・。

使用済み核燃料は、再利用は出来ず、もはやゴミ。それも放射能を撒き散らすやっかいなゴミ。
それは誰もが知っていること。それなのにそれを認めてしまうと日本の原発がたちいかなくなる。
青森・六ヶ所だってゴミ置き場だということになると、青森県知事が
「それは話が違うでしょ。ゴミならそれぞれの原発が引き取ってくださいよ」となる。
だから誰も政策的に「ゴミ」とは認めない。まるで「裸の王様」っていう童話みたいですね。
「裸」と知っていてもだれもそれを認めない。

核のゴミを捨てる場所は地球上どこにもないんですよ。
それなのに続けるんですか?

原子力発電は、ホントにコストに合いませんね。
それでもしがみついている人たちと、電力会社存続のために無理やり続けていくということでしょう。
事故が起きて巻き添えをくらうのは国民です。
地震で壊れる原発ならば、日本にはどこにも設置できません。
「フクシマのように被曝の可能性がありますけど、原発でいきましょうよ」って
正直に言ったらいいのに。

福島の子どもから甲状腺がんという報道がありました。
関係者は「原発の影響でない」と早くも不安払しょくに懸命ですが、怪しいですよね。
この先、福島の子どもから大勢のガン患者がでてくる恐れも、ぬぐいきれません。

そんな中、原発がどんどん再稼働していくとしたら、国民はなめられたものです。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2013-02-15 12:55
番組告知させてください。
2月14日(木)、バレンタインデー 
フジテレビ「知りたがり!」(午後2時から)の中の
「ザ・ノンフィクション劇場」というコーナー(24分間)にて、
「焼肉物語」を放送します。
4年前に放送した一時間番組に
今年の様子を取材して構成しました。

お時間ございましたら、ご覧ください。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2013-02-12 13:42
番組宣伝させてください。
明日、2月4日夜7時から。BS-TBSにて「それがしりたい」で
「人工関節最前線」を放送します。
昨年、TBSの「夢の扉+」で放送し好評だったため、
BSで企画されました。撮影し、編集も変え、全く違う番組に仕上げました。
リポーターは、スキーの荻原次晴さん。

ひざが痛くて歩けない人が、人工関節手術を受け、歩けるまでを密着取材しました。
お時間ございましたらご覧ください。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2013-02-03 10:32

エイリアンのカニみそ

昨日、お世話になった方から宅急便でカニが届いた。箱を開けるとカニがふたつ動いている。
足がグリグリ動き、口あたりからは泡がチョボチョボ。
その姿は、映画「エイリアン」と「遊星からの物体X」を思い起こさせる。

a0134371_21265385.jpg

「エイリアン」
a0134371_2127886.jpg

「遊星からの物体X」

まず長男に見せると、「近くの池に逃がしてあげたら」と。  それ、淡水だから無理と思います。
次男は「塩水に入れてペットにしよう」。  娘「うへー。怖い怖い」
妻「だめだめだめ。私には料理できない」と尻込みしている。

ということで、このエイリアンを絶命させ食糧にする使命は私の役となった。

それにしても大きすぎてそのままだと鍋に収まらない。 足をひとつづつ、ハサミで切ることにした。
「ごめんね。カニくん」 と言いながらバチッと切断。 するとカニくんは、イタタタタというようなに目になったような。

カニのハサミもハサミで切る。申し訳ない、こっちは金属製なのですよ。 切られた足は一瞬、うごめく。
足とハサミを失ったカニは、一センチほど出ている部分をあちらこちらと動かしている。
私は妻に「すごいすごい。見て見て」と呼ぶ。 
妻は、一瞥しただけで「ギャー」と叫び 「ガマカエルみたい」 と隣の部屋に逃げ込み唸っている。

私はお湯を沸かし、足を投げ込み茹でた。 別の鍋では胴体部分を二つ茹でる。

ということで、夕食は豪勢な茹でカニとなった。
私と長男と次男は「うまいうまい」としゃぶりつくが、 妻と娘は、カニの動く姿がトラウマになったようで手をつけない。

こんなことで、食べられないような繊細さだと、いざという時、生きていけないだろうなあ、などと思いながら、
私はエイリアンからカニみそをすくって食べた。
うまい!!

竹松さん、日本海のカニ、とっても美味しかったですよ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2013-02-01 21:33