ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

25日放送予定の 「天国で逢おう」 が昨晩、仕上がりました。
スタジオで音楽をあてて、ナレーションを入れて、音のバランスを整える作業です。

今回、7年前に放送したものを7割ほど使用しますから、
その部分は、以前の音楽とナレーションをそのまま使います。
その部分のナレーターは豪華です。
伊原剛志さんと宮﨑あおいさん。
お二人の語りが、味があって素晴らしい。
当時、お二人とも心を込めて語ってくださった。

そして、今回ハワイで取材してきた新しい部分のナレーションは、
フジテレビのアナウンサーにしてもらうことに。
入社2年目の 竹内友佳さん。可憐な方です。

フジテレビの女子アナになれるって、世の中的にはスゴイことらしい。
頭のもよく高学歴。もちろん見た目も重要。タレントみたいな華やかな要素も必要。
だからミス●●大学やらモデル経験あり、なんて経歴の女性も多い。
フジテレビ女子アナは、数千倍の倍率を突破して、毎年2名くらいが採用されるそう。

さて竹内友佳さん。
普段は、めざにゅーなどの情報番組のレポーターやナレーションをしていて、
ドキュメンタリーのナレーションは初めてだといいます。

最初、リハーサルで映像にあてて、読んでもらいます。
元気が良くて一本調子の読み方。気持ちがまったく伝わってこない。
あららら、これはマズイと焦ります。
やっぱりベテランにしておくべきだったかな。

そしてプロデューサーと私で、竹内さんに、ダメ出しが始まりました。
「視聴者に気持ちを伝えるように」
「声が高すぎる、もっと低い声で」
「うまく読む必要はない。心で読んで」
「焦って読まないでゆったりと」
「出演者の心の底からの声を、あなたが代弁するように」
「感情を込めすぎないで読む、しかし情緒を大切に」
などと、矢継ぎ早に注文。

彼女は「はい」「やってみます」などと真剣に受け取っている。

そして、何度かリハーサルをしていくうち、徐々に、いいかんじになってくる。
そし本番。・・・・・・うん。なかなか良い良い。・・・・・・結果は番組を見てくださいね。

それにしても、1時間くらいでコツを掴み自分のものとしていく竹内さん。
なかなか素敵でしたよ。
ちょっときつくダメ出ししてしまったけれど、根性があって挑戦してくれました。

最後は
「とっても勉強になりました。またドキュメンタリーのナレーションやってみたいです」
と嬉しいことをおっしゃる。
竹内さん、ありがとうございます。
ということで、3人のナレーターで、「天国で逢おう」をお送りします。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-11-23 10:05
a0134371_734231.jpg


夫や妻、または我が子など、身近な人を失った時の喪失感・・・・。
それはどうやって癒えていくのか。天国を信じれば、救われるのか。

飯島夫婦の合言葉は 「悲しみはやがて喜びに変わる」だった。

この言葉は、聖書の中にあるらしい。
今回、この言葉を番組のラストに使うことにした。
聖書の言葉で、95 分の番組を閉めるなんて・・・・。
もし私の母親が生きていたら、涙を流して喜ぶに違いない。
なぜなら、母は幼いころからクリスチャン。母の両親もクリスチャン。

母は二人の子どもたちにも洗礼を受け、クリスチャン人生を歩んでほしかった。
私は聖書の話を幼いころから聞かされ、食事の前は祈りがあった。

姉は子どもの頃に洗礼を受け、クリスチャン人生を歩んでいる。
一方私は、子供のころから青年期まで教会に通うことはあったが、
神を信じきることは出来なかった。もちろん今も。
ジョン・レノンのイマジンの歌詞
「天国も地獄もない。宗教もない」という考え方の方がしっくりくる。

しかし飯島夫婦と8年前に出会い、話をしていく時、
自分がクリスチャン家庭に育ったことが役に立った。
彼らの考えが、すっと理解できた。
飯島夏樹は言った。「死は新たなスタートである」と。
そして家族とはやがて「天国で逢える」と。

今回、数年間を経て、新たに取材をし4人の子供たちにも
その夏樹の考えが浸透していることを知った。
「天国で逢えるから悲しくない」と言う。
私は、その言葉を聞き、新たに切なくなってしまうのであった。

天国があるかどうかは別としても、人間は無力である、ということは感じざるえない。
夏樹の言葉「生きているのではない。生かされている」と言う言葉もしっくりくる。

25日の放送、ご覧ください。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-11-20 07:38
超多忙なのに、隙間を縫って、コンサートに行ってきました。
ロックギタリスト・チャーのトラッドロックライブ。

思い返せば、30年も前、渋谷公会堂で、ジョニー、ルイス&チャーのライブに行った。
あの時と変わらずに、57歳になっても、相変わらず、かっこいい。うまい。センスいい。
最後は、名曲 「スモーキー」。興奮しました。


客層は、50歳から60歳くらい。白髪も多い。
立ちっぱなしが辛そうなオーディエンスもいる。
ロックは「大人の音楽」から「老人の音楽」になってきたのか。

それでもいい。
ロックにノッテいる時は、少年になれるのさ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-11-17 00:48
ハワイで一番好きな地元料理は、これ!!  ポキ丼。
a0134371_23592761.jpg

要するに、マグロのヅケ丼ハワイ風。
これが、うまい。値段も600円くらいと安い。
お勧めです。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-11-15 00:00

天国で逢おう

先週、急遽ハワイ・ホノルルへ行ってきました。
相変わらず南の穏やかな風が気持ちいい。

実は、11月25日、私にとって思い出深い一本が放送されます。
7年前にゴールデンタイムの2時間番組で放送した
「天国で逢おう」。
a0134371_131258.jpg


現在の家族の様子なども撮り足し、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」
「天国で逢おう 追悼編」95分拡大版が放送されます。
夫を失った妻、父親を亡くした子供たち。しかし力強く生きています。
今、編集作業の真っただ中です。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-11-12 13:14

さぬきうどん一人旅。

今週は、月曜日から関西四国方面の取材旅行でした。

月曜日に岡山で、ある会社の社長に番組説明。
その日の夕方に、四国の香川にわたり宿泊。夕食はうどん。
翌日、山の中のうどんの名店「やまうち」へ。
6年前に取材したきっかけで、この店のオヤジさんと女将さんとは、
親戚付き合いのようなつきあいが続いている。
朝、昼はうどん。それにしても、うまい。

次の日は京都の奥、綾部でこれまたうどん屋の取材。
ここの大将も6年前に取材したことがある。
ここでも朝昼うどん。うまい。

次の日は、岐阜県のある製造工場を撮影。社長と意気投合。
衰退していく日本の製造業の中で、
元気のあるこのベンチャー会社を追いかけたら絶対いいものができます。
来年企画を立てようと思います。

ということで、3つの企画を撮影しながら、うどん5杯を食べ関西四国を巡りました。
新しい出会いがあり、企画はどんどん妄想で膨らみます。

a0134371_746571.jpg

そんなドタバタの中、さぬき富士に癒されました。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-11-02 07:54