ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

テレビ、新聞ではロンドンオリンピック一色である。
深夜中継にはまり寝不足の人も多いだろう。

それにしてもこれだけの大量の報道が続くと、他の報道が少なくなるのではないか、
とどうでもいい心配をする。

山口知事選のニュースも少なく感じる。
山口知事選は、脱原発の論客・飯田哲也氏が、負けてしまった。残念だ。

争点として、中国電力が進めている上関原発の建設計画と、
オスプレイの一時駐機などを含む岩国米軍基地問題の2点。

しかし、各候補とも原発建設は「凍結」「白紙撤回」、
オスプレイには「安全確認が必要」と主張はほぼ横並びだったそう。

飯田哲也氏の講演を聴いたことがある。
脱原発後のエネルギー政策についての明確なビジョンを論理的に説明され、
信頼できる方と感じた。橋元氏のブレーンでもある。

知事選に負けてしまった飯田哲也氏には、国家レベルでエネルギーの将来を語ってほしいなあ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-30 09:03
最近、桑田佳祐さんがしばしばテレビに出演している。
新しいアルバムの売れ行きも好調のようだ。

サザンオールスターズがデビューしたのは34年前・・・・。
「勝手にシンドバッド」を短パンで、狂ったように叫び歌う姿はインパクトあった。
当時、私は高校1年。洋楽ばかり聴いていたが、サザンはすぐに好きになった。

サザンは青山学院大学の音楽サークル「BETTER DAYS」のメンバーが中心に結成されていた。
それを知った私は、高校生の頃、青学の学園祭に行って「BETTER DAYS」のライブ会場に入った。

サザンはデビューしてしまったので、出演していなかったが、
桑田さんの後輩たちが、ドゥービーブラザースをカッコよく演奏していた。
大学生って、楽しいことばかりやっていていいなあ・・・と憧れた。

文化祭には当然、美人な女子大生もワンサカいるわけで、(青学だから質が高かったのか)
大学にさえ入れば、すべての欲求が満たされるのではないか、
と、アホな私は思ったわけです。

若いころは、そんなことしか考えていない。
サザンの当時の曲も、アホでエロくて、・・・・切なくて・・・・。
そんなところがピッタリとはまったわけです。

大学に入ると、サザンの曲を演奏し、歌ったこともありました。
サザンの曲を聴くと、当時の生活が思い出される。
付き合っていた女性の表情が浮かぶ・・・。
こういうこと書くと、妻の機嫌がすこぶる悪くなります。

それから30年以上の月日・・・・。
まだまだ元気で、アホでエロい桑田さんを見ると、すごく安心する。
そして、彼のバラッドに・・・涙してしまう。
ミュージシャンとして、クリエイターとして、人間としても、尊敬する人だと改めて思います。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-26 02:42
中国のチャン・イーモウ監督作品は、20年ほど前、初期のものをよく観た。

「紅いコーリャン」 「菊豆」 「紅夢」などは、
悪趣味なストーリー展開と強烈な色彩の映像が、魅力的だった。
薄汚い中年金持ちオヤジと、売られてきた貧乏人娘(しかも超美人)との、オドロオドロシイ関係。

画面から、汗の匂い、肉の腐った匂い、血の匂いなどが、漂ってきた。
そして、スパイスとして、中国の時代背景・・・・。
時に日本人を残虐に描いた抗日的なシーンがあり、中国人が喜ぶ設定となっていた。

10年くらい前から、
 「あの子を探して」や「初恋のきた道」や「至福の時」
などで、
持ち前の「悪趣味ぶり」が影をひそめ「美少女持ち上げ映画」へ入っていった。
それはそれで、私は好きだった。

(そういえば北京オリンピック開会式の総合演出もしましたね)

そして、つい先日WOWOWでチャン・イーモウ監督の
「サンザシの樹の下で」を放送していた。2010年の作品という。
これが、なかなか素晴らしい映画だった。わかりやすい純愛映画、超お勧めです。
予告編。


以下、解説・・・。
1970年代初頭、文革時代の中国。女子高生のジンチュウは農村での住み込み実習に派遣される。
その村には抗日戦争を象徴するサンザシの樹があり、革命の教材には格好の題材だった。
寄宿先の村長宅では、一家と家族同然の付合いをする青年スンと出会う。
あれこれと優しくしてくれるスンに淡い恋心を抱くようになるが、
反革命分子として迫害を受ける両親を持つ身では、恋愛に現を抜かしているわけにはいかなかった。

かつて悪趣味映画を極めたチャン・イーモウ監督。
悪趣味を封印して、こんな素敵な純愛作品が撮れるなんて・・・。
でも、悪趣味を極めたからこそ、こういう映画を撮れるのだなあ、とも思います。

主役の女の子が素晴らしい、素人から監督が発掘してきたらしい。
世界的女優コン・リーもチャン・ツィイーも、チャン・イーモウが出世させたんだからね。
サスガ、美少女探すのが、世界一の監督だ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-23 17:11

ウソ、サギ、原発。

福島原発事故の収束作業を巡り、下請け会社のボスが作業員に対し、
線量計を鉛のカバーで覆うよう指示していた。
作業員の被ばく線量を少なく見せかけるための工作。
このボスは「事前に現場に行った時に線量計の音の速さに驚き、
 被ばく低減の措置をしようと思った」などと話しているという。

とんでもないことだ。
「作業員は、被曝しろ、
  死んでも知らん、責任も取らん」

ということだ。

こんなことは氷山の一角らしい。
末端労働者は、仕事がなくなると困ってしまうから、
被曝しても、命を削っても、作業を続ける。

先日、電力会社の男が
「今回の原発事故で、放射能によって死んだ人間はいない」
などと言ったそうだが、あほか! と言いたい。
作業員で亡くなったものは何人もいるし、住民の自殺者もいる。
原発事故のため、助からなかった命もたくさんある。
生活を奪われ、絶望の人がいっぱいいる。

ここまできても、今回の事故を矮小化させたい気持ちってなんなんだ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

関係ございませんが、
先日、亡くなったジョン・ロードさんのプレイが観られる貴重映像がありました。
ディープ・パープルの「チャイルド・イン・タイム」。あらためて・・いい曲っすね。
リッチーも若い!!!

[PR]
by papanamida | 2012-07-21 18:08
小学校のころ、クラスにちょっとナヨッとした男の子・西沢君(仮)がいた。
今でいえば「オカマ」ということだろうが、当時はそんな言葉はなかった。

カルセール真紀さんやピーターなどは、芸能界で活動していたから、
そういう人が存在していることは、社会的に認知されていたとは思うが。

その西沢君は、見た目や服装は男の子。しゃべり方も男性。
でも仕草がちょっと女の子的。
日々接していれば、「その違い」をクラスメートたちは感じ取ることになる。

西沢君は、エレクトーンを習っていた。
私も、小学校低学年の頃エレクトーンを習っていたので、彼と話する機会があった。
彼の家に遊びに行って、エレクトーン演奏を聴かせてもらったこともある。
親友ではないが、友人の一人だった。

中学に入ると、クラスも別々になったので話す機会は減った。
しかし、相変わらずの「女性的仕草」、私も何度か、軽くからかったことがある。
彼が、クラスメートたちからイジメられていたようなことは感じられなかった。
当時の私の学校では、陰湿なイジメはあまりなかったと思う。

中学卒業から35年・・・・。西沢君の存在の記憶はほとんどなくなっていた。

先日、同級生から衝撃的な事実を知る。
「西沢君、自殺したんだって・・・・」

自殺の理由や、状況は何もわからない。しかし、想像するに・・・・。
あの「女性的仕草」によって、この世の中を渡っていくのに困難な状況が生まれたのかもしれない。
職場でからかわれたり、いじめられたり、
または恋愛に悩んだり、将来を悲観したり、いろいろなことがあっただろう。

それにしても、選んだ道が自殺だったということは・・・・。残念なことだ。
ご両親が健在だったとしたら、「息子の死」・・・・辛かっただろう。

人とのちょっとした違いを原因で、からかったり、いじめたり、
そういうことは、絶対にやっちゃいけないことです。
自戒を込めてそう思います。
フレディ・マーキュリーも悩んだ時期があったかもしれません。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ


[PR]
by papanamida | 2012-07-20 12:42
沖縄には原発が存在しない。
なので電気料金が、本土よりも10パーセントほど高いと言われている。

しかし原発のある本土では、電気料金を8パーセント程度値上げするという。
それなら結局、原発のない沖縄と、同程度の電気料金になるということだろう。

原発事故によって放射能をばら撒かれ、福島の土地を失い、被曝した人が増え、
核廃棄物の処理もできず、みんなが苦しい思いをしている。
これから、数十年間は福島第一原発の処理に税金をドボドボと使うことになる。
結局、原発は安くない。実は高くつくのだ。

原発が、どれだけ意味のないものかというのが、国民は知り始めている。
猛暑である・・・・。なのに電気は足りている・・・・。
原発を動かさなくてもやっていける、ことが少しずつ気づいている。
官邸前のデモでは17万人もの人が声を上げる。

今後の原発をどうするか、と国民の声を聞く場に、
電力会社の人間を恣意的に紛れ込ませるという、姑息な手を使う原発推進派。
原発がないと日本は立ちいかない、などと野田は国民を脅す。

各地の原発の下には活断層が見つかり問題となっている。
国民が本当に怖いのは、こっちのほうだ。

原発事故から、一年4か月が経過したのに、「将来の電力」についての
グランドデザインを持たない現政権。
国民の声が、これほどまでに届かないとは・・・・・。

沖縄には原発が無い。
ハワイには原発が無い。
ニュージーランドには原発がない。
オーストラリアには原発がない。

原発さよなら。
「メルトダウン」という曲、じっくり聴いてください。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-18 08:25
中学の頃、夢中で聴いたバンド、ディープ・パープル。
ハードロックの元祖のようなバンド。50歳以上の元ロック少年が必ず聴いたバンド。

一般の方には、今ソフトバンクのCM (杉ちゃんバイク編) で、流れている
「スモーク・オン・ザ・ウォーター」が有名だ。

激しいロックなのだが、どこかに知性が感じられた。
それはジョン・ロードのバロック音楽を基礎とした
ハモンドオルガンのプレイによって特徴づけられていた。

そのジョン・ロードさんが亡くなったという。
激しいプレイとは対照的に、英国紳士のたたずまいを持っていた。

今日は、ディープ・パープルをかけ続けよう。
まずは、第二期のハイウェイスターが欠かせない。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

本日、BS日テレ 夜10時から
「世界探訪! 空港物語ワンダーエアポート」ご覧いただけたら幸いです。
[PR]
by papanamida | 2012-07-17 12:31
明日、7/17 夜10時からBS日テレにて
「世界探訪! 空港物語ワンダーエアポート」が放送されます。
先月、西オーストラリアに2週間行ってきて、取材してきたもの。
「パース空港編」は先日放送しました。今回は「リアマンス空港編」。

この番組、ほとんど下調べなく、いきなり現地に行って
撮影してくるという無謀なやり方です。

「リアマンス空港」・・・。そこは何もない砂漠の中の空港・・・・。
空港職員は、野生のカンガルーが空港に入ってこないように毎朝追い払うのが日課。
空港のそばには、インド洋に面した 
「二ンガルーリーフ」 という世界遺産の海がある。
ジンベイザメと一緒に泳ぐことが出来る貴重なダイビングスポット。
今回、私もジンベイザメを見てしまいました!!! その大きさにビックリ。

取材は、キャンプ場のバンガローに宿泊、自炊しながら進めました。
それほど何もないところ。
でも、住民たちは口をそろえて 「ここの環境、気候が素晴らしい」 と語る。
世界には、いろんな場所で生きている人たちがいるなあ、と感じました。

ということで、ノンキでユルイ番組ですが、ご覧いただければ幸いです。
夏にふさわしい清涼感ある映像もいっぱいありますよ。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-16 10:00
世の中には、生レバーが大好きな人がいるもので、
禁止になる前、駆け込みでレバ刺食べて亡くなってしまう方もいるんですよね。
私は、生レバーをそれほど好きではありませんが・・・・。

先日、スーパーでこんなものを見つけました。
これは面白そう、と購入。250円くらいだったかなあ。
a0134371_1212260.jpg

見た目はリアル。レバ刺しそっくりの仕上げ。
ごま油入りのタレとゴマが付属していて気分を盛り上げてくれる。

息子と試食。

息子 「なにこれ???????」
私   「ただのこんにゃくじゃん。ぜんぜん、レバーの臭みがない」
息子 「これなら刺身こんにゃくの方がいい」
私   「レバーは血の匂いが、個性なのに。血の匂いがしないのは致命的だ」

ということで不評でした。
そういえば、タイではラーメン(バーミーナーム)の具に、
豚の血液を固めたものを入れるんですよ。あれはレバーぽくて美味しい。

こんにゃくレバー刺しにも、動物の血液を配合すれば、あの感じになるのになあ。
日本人は、そこまで過激なことしないんだよね。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-15 12:04
昨日、エレキギターを背負い池袋に向かう。
音楽練習スタジオに入りバンド練習するためだ。

以前このブログに書いたが、大学のころの軽音楽部仲間が同窓会のためのレディースバンドを結成。
ドラム、キーボード、ボーカル&ギターの、の3人が女性。
ベースのSくんとギターの私がサポートメンバーとしてお手伝い。

メンバーには30年ぶりの再会もある。
平均年齢50歳。5人全員の年齢を足すと250歳となる。
世間からみたらオバサンオジサンバンドなのだが、本人たちの気分は20歳代。

私にしてみたら20年ぶりのスタジオ練習。ウキウキする。
昨日の課題曲はRCサクセションの「雨上がりの夜空に」と
ジョーンジェットの「I LOVE ROCKN ROLL」。
自宅でそれぞれが練習してきたため、案外と合う。ビート感がたまらない。
曲の構成を何度も間違えるのは私。申し訳ない。

今回のスタジオ練習は2時間。少し汗ばみ楽しかった。
そのあとファミレスでのバンドミーティング。

課題曲を増やそう!と、オバサンオジサンは調子に乗る。
そして決まったのがセックス・ピストルズの「アナーキーなんとか」とヴァン・へイレンの「JUMP」。
「JUMP」のギターは、超絶技巧のエディだ。難しいギターソロが私の担当となってしまった。
テキトウに誤魔化しながら弾くしかない。

ミーティングが終わると、それぞれ「子供が帰宅する」「子供の学校の面談の時間だ」
などと言い帰っていく。

ドラムの女性Kさんが言う。
Kさん「いくつまでロックって出来るんだろうね」
私「ストーンズだって、ポールマッカートニーだって70歳近いんじゃないの。
  死ぬまでやるでしょ」
  高齢者施設で、介護士におむつあてられながらも続けるのかも」
Kさん「キースリチャーズはもう指が曲がって弾けないようだったよ」
私「BBキングの最近の映像見たけど、弾けなくなっていたよ」
なかなか、さびしいものであります。

ということで、色々と考える趣味の一日を過ごさせていただきました。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-07-13 09:43