ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

福島第一原発、4号機がヤバイという噂がある。
地震が襲ったら燃料プールが壊れ、燃料棒が露出、
高熱になり大量の使用積み核燃料がメルトダウンになる、という恐れ。
ヘタすれば、東北関東が放射能汚染。あまりにも恐ろしいこと。

報道ステーションでわかりやすく検証していました。
VTR後、スタジオゲストの佐野眞一さんが、
原子力ムラ、東電に対する怒りを訴えるところ、が説得力あります。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-28 07:27
お笑いタレントの河本さんの母の生活保護受給問題が、世間を賑わせております。
当人は違法な不正受給にはあたらないと、弁明したいようですが、説得力には欠けますわな。

生活保護は本当に必要な人には大切なもの、という基本はあります。
でも・・・・。生活保護受給者200万人を超えているっていうのもスゴイ!
暴力団関係者も多く受給しているらしい。
生活保護を受けながらパチンコ通い、海外旅行なんていうのはザラ。

年金を払わない人たちは、最終的に生活保護に頼ることになる。
そっちのほうが、カネが多く貰えるというのもおかしな話だ。

そもそも、受給申請者が本当におカネに困っているのかどうかを公務員が
見極めるのって難しいでしょうね。プライバシーの問題も壁になっていますし。

かつての日本人には 「生活保護を受けるなんて恥ずべきこと」 という思いが
あったろうに、今は 「貰えるものはもらっておけ」 という風潮に。

「国民番号制を導入し、個人の収入、資産をお上が把握する必要がある」
という意見もあるようですね。
そうしないと不正受給はなくならないのですかねえ。

それよりまず 「生活保護Gメン」 を作ったらどうでしょう。
他人の生活、他人の財布を嗅ぎまわり、告発していくという、「嫌な仕事」ですけれど、
それによって、不正受給者が減るのであれば、予算の適正化に繋がると思いますが。

ぜんぜん関係ないけれど、
ビージーズのメンバー、ロビン・ギブさんがお亡くなりになったそうです。

個人的に思い出すのは、小学4年の頃、叔父さんに連れられ、
新宿厚生年金ホールでビージーズのコンサートに行ったこと。
私にとっては、生まれて初めての外タレライブ。
「ビートルズのまねっこバンド」かなあと当初思ってましたが、
コーラスの美しさは、ガキの私でさえ魅了されました。
その後、高校生の頃、サタディナイトフィーバーのサントラも大好きで、よく聴きました。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-27 13:52
小学生の時は、読書が好きでなかった。
文字を追っても頭にスルッと入ってこなかったのだと思う。
ようするにアホだったのだろう。

中学になり、姉の薦めで星新一さんのSF短編小説を読み始めたら、はまった。
本を読むことに抵抗感がなくなった。
次に、その後の私の人格形成に大きな影響を与えた作家がいる。
a0134371_9364081.jpg
 
筒井康隆さんだ。

筒井さんは日本を代表するSF作家の一人で、小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される。
パロディやドタバタな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。
1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、
エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。

一般的に有名なのは 「時をかける少女」 「家族八景」 などだ。
「俗物図鑑」 などは信じられない展開をし、グロテスクなナンセンスギャグで爆笑を誘う。
中学二年の頃、彼の小説を一気に30冊くらい読破したのを憶えている。

筒井さんは、ジャズピアニスト山下洋輔さんやデビュー以前のタモリなどとも
交流があり、新宿のジャズバーで飲んでいたそうだ。

タモリが筒井康隆の小説をラジオドラマにしたものを聴いたことがある。
筒井ワールドとナンセンスギャグのタモリが、合っていた。

筒井康隆さんの小説を30年以上、読んでいなかった。
時々、ご本人がテレビ番組などに出演されているのを見たことがある。

先日、ブックオフで筒井康隆の名作集なるものを見つけ購入。
読み始めたら面白くてたまらない。

こんな、いっちゃっているナンセンスSF小説に、中学生ではまっていた自分。
それゃあ、普通の性格にはならないわなあ、と思った。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-25 09:41
朝っぱらから、すぐ近くの中学校のブラバン練習の音で目が覚める。
今日は、体育祭だそうだ。息子が通っているので、障害物競争だけ観に行くことにする。

中学校の入り口で、証明書のようなものに、
子どもの名前、クラス、親の名前などを記入しないと入れない。
面倒なことだが、不審者を入れないための措置で仕方ないことのようだ。
風体が不審者的な私は、ことさらきちんと記入した。

「自分の孫は、通っていないけれど、元気な中学生の姿を見たいなあ」
なんて散歩がてらに立ち寄る、近所のお年寄りは、入ることが出来ない。なんとも閉鎖的。

息子の通うこの中学は、私の母校でもある。30年以上前のことだ。
体育祭の時、応援団のリーダーをしたことを思い出す。
ちょっと不良っぽいTAくんと、笑顔が可愛らしい女の子MIさんと汗を流し応援をした。

半年くらい前に同窓会で二人に合った。2人とも家庭を持ち、子どもも大きくなっている。
2人とも、ちっとも変わっていないのだが、色々なことがあり、子どもを育てたのだろう。
でも、時の流れは、一瞬であるかのように錯覚する。

それにしても、春の日差しが眩しい。新緑がつやつやと輝く。
息子は楽しそうに障害物競争を走っていた。
妻がその姿を見て、私にそっくりと言う。

そう。私にも、こんな時代があったのだ。女の子たちとケラケラと笑い合っていた思春期が。
後の人生に待ち受けている苦難と楽しみを知らずに・・・・。

そして今は、人生の障害物競争を、息切れしながら走っている。

当時を思い出し、この曲聴くと、涙出ますよ。間違いなく。このころのユーミンは素晴らしい。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-23 12:06
昨日、 「夢の扉+」 ご覧くださった方ありがとうございます。
テレビ局に視聴者から電話がたくさんかかってきたようで反響も多かったようです。

テレビ局からは 「祝! 視聴率6パーセント」 とのメールが来ました。
サザエさんの裏で苦戦を強いられる時間帯、6パーセントは久々のヒットのようです。

なぜ多くの人が番組を観ていただけたか、を分析すると・・・。
中高年の多くが膝関節の悩みを抱えているのだと思います。
「歩くのがツライ、痛い」という人がご近所にもたくさんいらっしゃいます。
人工関節があんがいポピュラーなものになってきていることもあります。

これからのテレビは、中高年を取り込むことが必要です。
そのためには、おバカタレントのガチャガチャと浮ついた映像ではなく、
じっくりとした番組が必要。

思慮深い人たちを相手にするのですから、制作者も思慮深くないとできません。

私も完全な「中年ディレクター」。
高齢者に配慮した番組つくりを目指していこう!!!

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-21 11:34

犯罪者扱いされたよお。

本日放送なのに、まだ編集中だあ!!

さきほど深夜、赤坂で自分の車をコインパーキングに停めて、
ドアを開け携帯メールを打っていたら警察官がやってきた。

警察「すいません。車上荒らしが多いので・・・・」
私 「え! 私、車上荒らしではないですよ」
警察官はナンバーを見て怪訝そうに。
警察「そうですか。横浜から?」
私 「はい」
警察「お仕事は?」
私 「ディレクターです」
警察「なんの?」
おいおいおい、そこまで細かく聞くかいな。
私 「テレビ番組ですよ。今から編集です」
警察「はー、そうですか。免許証見せてください」

ということで、運転免許証を渡す。警察官は無線で本省に問い合わせ、
私が不審人物でないことを確認。

私 「車検証も確認していいですよ。
グローブボックスに覚せい剤がないかどうか確認もしたら、どうぞ」
警察「そうですね。確認させてください」

と言って、本当に車内をゴチャゴチャ調べだす。
結局、当たり前だが麻薬も拳銃も発見されず、無罪放免となりました。

最近、頻繁に不審人物と疑いをかけられる。そんなに私は、怪しいのか。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-20 04:08
明日、放送なのにまだ番組が出来上がっていない!!! 
これから最終仕上げです。このギリギリ感が、テレビっぽい。

今回、番組の音楽を選曲してくれた人と、昨日ロック雑談に花が咲く。
その方は、LED ZEPPELINの、マニア。
またまたお互い中学生に戻ってしまいました。

そんな中、今朝、畑に行って「スナップえんどう」を収穫。
すごく甘くておいしい。

最近、あらためて「美しい曲だなあ」と思う、LED ZEPPELINのRAIN SONG

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-19 10:48
番組宣伝させてください!!

今度の日曜日、5/20 の夕方6時半より
TBS系「夢の扉+」にて「プロペラ技術で挑む世界一の人工関節」を放送します。
今回のナレーターは坂口憲二さん。3月放送のものでもお世話になりました。

船舶のプロペラメーカーとして有名な「ナカシマプロペラ」が異業種に挑んだ。
それは人工関節作り。意外な発見がある興味深い内容です。
ぜひご覧ください。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-17 23:48
更新遅れてすいません。記憶も無くなるほど忙しい状況です。

さて昨年ハワイ島で取材した時、50歳くらいの空港職員が入れ墨をしていた。
彼は、娘の名前を腕に彫っていた。娘への愛情だという。
また、若い漁師は、ロブスターや魚の入れ墨を胸やお腹に入れていた。
漁師という仕事に誇りを持っている証しだろう。

というように、ハワイでは入れ墨はポピュラーなようで、普通の人が気軽に入れている。
もともとのポリネシアン系ハワイ人にとっても入れ墨は文化、土着信仰や魔除けの意味もあるようだ。

橋下知事が、「公務員の入れ墨について厳しく対応していくこと」をするようだが、
賛否が分かれるところだろう。
日本的な入れ墨は、確かにヤクザ屋さんをイメージさせる。
人を恫喝する道具に、入れ墨が使われることもある。

かつて私は取材相手が、体中に立派な入れ墨をしていたのを知った。
彼は若いころ、反社会団体に所属していたが、更生していた。
若気の至りで入れたそうだ。人間的にはとても素晴らしい人だった。
入れ墨のせいで、夏でも長袖。温泉、プールにも入れないと彼はこぼす。

入れ墨をたくさんの面積入れると、肝臓に負担がかかるとも聞いたことがある。
たかが入れ墨。されど入れ墨。日本社会では、生きにくくなる。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-17 09:16
近々放送予定の番組の編集作業に追い詰められ、家でパソコンで作業しています。
ホントに追い詰められているのですよ。
それなのに、なんでこんなブログを書いているかと言いますと、
横浜地方、先ほどから灰色の雲が立ち込め、雷が轟いているからなのです。

雷が、もし近くに落ちて、電源を伝って、編集しているパソコンに
高圧電流(?)が流れたら一大事。
編集データが破壊されたり、映像が無くなったりする恐れがあります。
ということで、天候が落ち着くまで、全て電源を抜いて一休みです。

雷も怖い、竜巻も怖い、地震も怖い、妻も怖い。
人間の力ではどうにもならないことばかり。
一説には、これから太陽の活動が弱くなり氷河期に突入するとも言われています。
作物が育たなくなり、食糧難になったりして・・・。

そういうわけで、またまたノスタルジックな曲です。エルトン・ジョン。いい曲ですね。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2012-05-10 13:49