ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「東北地方で急性白血病が急激に増えている」
というデマがネットで広がっているという。
福島第一原発事故収束のリーダーだった吉田所長が「病気?」によって
現場を離れ、治療に専念することになるなど、憶測をよびそうな状況がいろいろとある。
現時点で白血病が増えているかどうかは、私にはわからない。
しかし過去、原発で労働していた人が白血病になるというのは、よくあることだった。

20年ほど前、浜岡原子力発電所で作業していた嶋橋伸之さんが慢性骨髄性白血病を発症。
苦しみながら29歳の若さで亡くなった。
下請け会社は嶋橋さんの両親に一通の覚書を持ってきた。
内容は、「労災補償」に 見合う金額として弔慰金3000万円を支払うことで、
嶋橋さんの死に 関して異議を述べず、一切の請求はしない、というものだった。
要するに事件を、おおやけにしないという条件で3000万円払います、というもの。
中部電力は、白血病と原発作業の因果関係を全く認めていない。
下請け会社が3000万円支払っているのに、だ。

「死は金で解決し、事件事故は闇から闇へ」。それが原発。

数年後、癌と白血病が急激に増えても
「原発事故との直接的因果関係が認められない」ということで、
政府は補償するわけがない。
もし補償に踏み切れば財政破たんに追い打ちをかけることになるからだ。

事故直後、「ただちに健康に影響がない」 という 「ただちに」 という言葉、
うまく責任回避できる巧妙な言い回しだなあ。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-30 13:29
菅直人さんが、静岡県の浜岡原発への停止命令を出して半年以上が経った。
それなのに、中部電力は再運転を目指し防潮堤を造り始めている。

いつきてもおかしくない東海地震。浜岡原発直下には活断層が何本も走る。
地震や津波が襲ったら、福島第一原発のように壊滅的になり放射能がばらまかれる。
東京までは200キロ。中部地方と関東がやられ日本は滅亡。
3.11前までは、SFパニック小説みたいだね、で終わっていただろうが、
今はそれで済まされない。
スズキ自動車は、浜岡原発が稼働するなら工場移転すると声明を出している。

先日、その浜岡原発にまたまた行ってきました。
防潮堤工事が始まっていた。18メートルの高さにするらしい。
「防潮堤ができれば安心だ」と言い張る中部電力の人たちって、
脳内腐食のかわいそうな人々なのか。
中部電力の主張する「強固な岩盤」の上に原発は建てられているというのも、全くのデタラメ。
このあたりの岩盤は、砂と泥が固まった軟弱なものと、地質学者が言う。

また、そもそも福島第一原発は、津波が押し寄せる以前に、
地震によって破壊されていたという説をとなえる学者も大勢いる。
浜岡原発は直下の地震には、とても耐えられない。
中部電力は「皆さん、原発と心中してください」と言いたいのだろうか。

下の映像は、福島第一原発で日給1万円で働く労働者たちの実態を、
ドイツのテレビ局が取材したもの。
改めて、日本とという国がおかしくなってきているのが実感でき恐ろしくなります。



下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-28 23:52
友人が、おもしろい映像を教えてくれました。
癖になって何度も観ています。
格闘家の須藤元気さんってすごい方なんですね。
このパフォーマンスユニットは、今世界的に評価されているらしいですよ。




下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-26 22:35
先日、書店で、ふと気になったタイトルの本を見つけました。
「ガンディー魂の言葉」。
私、あまり教訓じみた本は好きではないのですが、30年ほど前、「ガンジー」という映画を観てから
このみすぼらい身なりのオッサンにちょっと愛情を感じていたのであります。
早速購入。言葉一つ一つが深い深い。
a0134371_21385957.jpg

ちなみに本を持っている、次男はドラマ「家政婦のミタ」を見ている時に持たせたので、
視線の先は、テレビです。哲学的でもなんでもありません。

ご存じでしょうがガンディーとはインドの政治家であります。
「インド独立の父」として教科書にも載っていましたよね。
一般的に"マハトマ・ガンジー"の名前で知られています。
この"マハトマ"というのは尊称であり、「偉大なる魂」という意味だそうです。
a0134371_21392739.jpg

 ガンディーは、南アフリカでの弁護士の仕事の傍らで公民権運動に参加するようになり、
その後、インドの独立運動(イギリスからの)を指揮。
民衆暴動ではなく「非暴力、不服従」によってインドの独立に成功し、
この思想は、植民地解放運動や人権運動における平和主義的手法として、
世界に大きな影響を与えることとなりました。
アメリカ公民権運動の黒人指導者マーティン・ルーサー・キングなどにも、
ガンディーの思想は受け継がれています。

このガンディーの言葉がなかなか、いい。
特に今回の原発事故を予見するような、機械文明批判には恐れ入ってしまいます。

今日は、ひとつ紹介します。
「電気の独占は破滅をもたらす。
 電気はあまねく行き渡り、あちこちの家を照らし、
 さまざまな工業製品を生み出している。
 しかし、電気は、ひとつの特定の電力会社からしかこない。
 かんがえてみよう。ひとつの企業が、
 電力という巨大な権力を握ることの恐ろしさを。
 電気や水や、いずれは空気さえも、利権を得た企業からの供給に
 頼ることになったとしたら、それは極めて危険なことある。
 このような独占という暴力は、結局は破滅をもたらすことになる。」


どうですか、この言葉。 東電のことを言っているようですよね。びっくりです。
ガンディーが、77年前に語った言葉ですよ。
他にもいい言葉が一杯です。
下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-24 21:44
一昨日、妻のお父さんのお見舞いのため、家族で栃木の宇都宮に向かった。
ゴールドのエスティマを走らせ東北自動車道の群馬に入ったところで、オイルの警告ランプが点く。
そしてすぐ、エンジンがカタカタと鳴り出す。ありゃありゃちょっと怖いなあ。

オイルが少ないのかもしれない、と思いすぐに高速を降り、ガソリンスタンドを探す。
ガソリンスタンドよりも前に目に入ったのがトヨタの看板。ディーラーがあった。
そこに車を突っ込み、オイルチェックするが、適量だ。

ボンネットを開けてエンジンをかけるとカタカタという異音が止まらない。
うーーん。そうとうに重傷のようだ。ディーラーの人も、
これ以上乗るのは止めたほうがいいと言う。エンジン内に傷がつくかもしれない。

その場所は群馬県館林というところ。縁もゆかりもない田舎町。
仕方ないのでタクシーを呼んでもらいレンタカー屋に。
レンタカーを半日借りて宇都宮へ。義父のお見舞い。
ちなみに義父は、前立腺の手術をして5日ほど経過。
毎日廊下を何度も往復して体力をつけている。元気な姿と表情に安心する。

お見舞いを済ませ、館林のレンタカー屋に戻り車を返却。
タクシーで最寄りの駅、館林に行き、そこから電車を3本乗継ぎ3時間かけ、横浜の自宅へ戻ってきた。
家族はヘトヘト。
私は、ロケや仕事中に車が故障したわけでないので、
それはある意味ラッキー、と思わないといけないと、自分を慰める。

ゴールドのエスティマは、館林のディーラーに置いてきてしまった。
7年前に中古で買った車。香川県にも何度も往復。東北にも何度も行った。
福島原発の事故の時は、家族と愛犬を乗せて四国までこの車で逃げた。
走行距離は14万キロを超えている。仕事にプライベートに使ってきた。
故障も少なく、気に入った車。まさに相棒のような車。
まだまだ乗れるだろうと、8月に車検を通したばかりだった。

しかしエンジンの修理は相当な金額がかかるらしい。原因を特定し見積もりをとるだけでも、お金がかかってしまう。
14万キロ走った車に、それをするのもナンセンスなこと。また他の箇所がダメになる可能性もある。

相棒との別れは、辛いことだが、あきらめることにした。
その晩、ネットで次の相棒を探し、昨日車を見に行った。
程度が良く価格もそれほど高くないエスティマを見つけた。
色も、今までのエスティマと似ている。次の相棒にふさわしいと、すぐに契約。

問題は館林に置いてきたエスティマの処理だ。横浜まで運ぶのにもお金がかかる。
エンジンが調子悪くても、だましだまし横浜まで運転しようかなあ。どうしようかなあ。

自分の愛車を擬人化している曲を思い出しました。 いいねえ清志郎!!

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-22 11:18
福島への愛、福島の悲しみが伝わる、ライブ。
観客で涙する人たちの表情が、切ない。
これを観て私も涙こぼれました。



下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-20 07:56
一昨日、大学時代の旧友と久しぶりに会って話をした。
彼は現在、大学や専門学校で、放送や映像の講師をしている。
日々、20歳くらいの若者たちと接している彼が言う。

「今の若者は、総じて欲望が少ないんだよね。
時代のせいだと思うが、仕事で成功してお金を儲けたいとか、
そうゆう欲望が少ない。おれらのころとは全く違う。
それと、社会の不正義に対しても感度が鈍いんだよ」

例えば・・・・。

彼が授業であるドキュメンタリー映画を見せたそうだ。
内容は、イラクに派兵されるアメリカの若者を追ったもの。
州兵として仕事についた若者たちが、国の方針でイラクに送り込まれてしまう。
戦争なんかと無縁だった素朴な青年が、
イラクで人殺しに加担していく不条理を描いたものらしい。

そんな衝撃的なものを観ても、ほとんどの生徒の心には響かないのだそうだ。
寝ている学生もいるらしい。
そんなシリアスなものより、彼らが乗ってくる話は、
バラエティ番組を賑わす芸能人の裏話なのだそうだ。
そういう気楽な話しか、受け付けない。

オヤジのぼやきかもしれないけれど、
こんなんで、果たして日本は大丈夫なのかあ!!!


携帯ゲームに没頭して、コミュニケーションをとらない。
海外旅行は怖そうだからと、国内の温泉旅行に行く。
職場で、上司に怒られると翌日、会社を辞めてしまう。
なるべく困難は避けて生きていこうとする連中が増えた。

でも若者を責めたててもしょうがない気もする。
そういう若者を生み出してきたのは、日本の社会なのだから。

シビアに社会をみたら、怒らなければならない事柄は山ほどある。
経済至上主義、格差、原発、年金破綻・・などなど。
全共闘世代が若ければ、ヘルメット被って鉄パイプを持ち、国会に突っ込んでもおかしくない。
それなのに、今の若者たちは、まったく怒っていない。

若者には怒ってほしい。
純粋な心だからこそ見抜ける真実がある。
不器用な方法がかえって感動を生むことがある。


こんな時代に、この曲が心に響いた。
ちょっとうるさいかもしれませんが、ぜひ歌詞をじっくり聴いてみてください。


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-18 19:58
今日は 「静岡の浜岡原発永久停止を訴える人たち」 と経済産業省に行き、
牧野経済産業副大臣に、100万人の署名を手渡すのを同行した。
署名活動の経験がある人には、分かるらしいのだが、100万人というのは、スゴイ数らしい。
たくさんの人が、浜岡原発永久停止を切望しているということだ。

署名を受け取った副大臣は 「個人的には停止すべき」 の様子だが、立場上そのことは言えない、とのこと。
「枝野大臣に伝えてください」 と市民たちはお願いをしているのだが・・・。

政治は様々な団体の利益、不利益に影響を受けながら決めていくもの。山を動かすのは大変なことだ。
でも真実は、浜岡が事故れば、日本人全体が被害者になってしまうのに。

その後、一日中衆議院会館に。ランチは衆議院会館の地下。700円のランチ。
味はまあまあ、大したことはない。

うれしいことは、浜岡原発永久停止を訴えている人たちが、
私の自主制作DVD「ハマオカ」を講演会の参加者などに、配布してくれていること。
一人でも多くの人に伝えるために作った映像だから、ありがたいこと。

停止を訴える人たちは、議院会館の議員の部屋にもいきなり訪問。夕方からの講演会の広報をして回る。
本会議中で、議員本人は不在、秘書が対応してくれる。

特に面白かったのが、自民党・河野太郎の秘書。秘書と言っても関西弁のおじさん。

「とうぜん、うちも脱原発。皆さんと同じ考えでっせ。
  でも講演会に、脱原発の人ばかり集めてもしょうがないやん。
  原発肯定の人たちにこそ、聞いてもらいたいやね」

なるほどなるほど。言えてる。
ご本人・河野太郎さんはプルサーマル計画について、なかなか鋭い反対意見を持つ人。
自民党なのに、脱原発。がんばってほしい。


次の選挙では、脱原発を応援し、原発推進派を落としていくことが、国民に残されたカードかもしれない。
だって、日本には国民投票というものがないわけだから。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-18 00:47

原発事故がまた起こる。

日本には55基の原発がある。でも今、動いているのは10基だけ。
国内の原発の稼働率、10月は たった 18.5パーセント。
今後も定期検査などに入り、稼働率はどんどん下がる。
このままいけば、来年には0パーセントになってしまう。

原発があるのに、稼働率はゼロ。それでも日常生活で電力に困らない、となったら、
国民は 「なーんだ。原発なくてもやっていけるやん」 となる。

そうなったらマズイと思う人がいる。
「原発の存在意味がないことがバレテしまう。
はやいところ、原発再稼働してくれ!!」
と願う人々。

原発関連で仕事する人。原発の恩恵を受けている人。電力会社本体などなど。
そんなこなんで、綱引き状態。よってなかなか無くならない日本の原発。

原発技術者によると稼働30年を超えた 古い原発が、特に危険だという。
放射能が強くて人間がチェックできない場所に、ひび割れや金属部品の減肉があるという。
ストレスチェックというのは、コンピュータでするもの。あまり意味がないという。
それゃそうだ。現物を確認せずに判断することなんてできるはずがない。

原発に大地震って、ほんと怖い。
先日のトルコ地震でも、隣国 アルメニアの原発が放射能漏れ を起こしているらしい。
以下記事。青文字。

死者580人を出したトルコ東部で発生したマグニチュード7.2の地震で、
隣国アルメニアのメツァモール原発が被害を受け、
基準値を超える放射能漏れを起こしている、とイラン国営ラジオが報じている。
a0134371_1253110.jpg

 地震は23日にトルコ東部で発生し、その後も余震が続いているもようで、
トルコとアルメニアの国境地帯にあるメツァモール原発で、
微量の放射能漏れが起きているのだという。
現在は、復旧作業を続けているのだという。

 メツァモール原発は地震多発地域でもあり、IAEA(国際原子力機関)も
世界で最も危険なランクに入る原発の一つだとしている。
ただ、隣国のトルコ、アゼルバイジャンと歴史上は長く敵対関係が続き、
資源のないアルメニアは原発に頼らざるを得ない国情がある。

 同原発は、国内電力需要の4割をまかなっている。


てなことで、日本の原発も地震でやられるね。
福島の次は、静岡の浜岡か? 敦賀あたりの原発銀座か? 玄海原発か?

福島の悲劇がまた繰り返されるんだね。
下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-15 12:55
ロックバンド 「クイーン」 についてのドキュメンタリーをWOWOWで観まして、
フレディ・マーキュリーのドギツサと楽曲の力強さに魅了されました。

イギリス発だが、まず日本で人気が出たロックバンド、クイーン。
当人たちも、日本ビイキだったようですね。
私も武道館で、新興宗教のイベントのようなコンサート観たのを思い出しました。
熱狂的なファンでない私は、なんだか気後れしたなあ。
 「レディオ・ガガ」 に合わせた手拍子ができなかったものね。

どうでもいいけど、現代の歌姫 「レディー・ガガ」 
クイーンの「レディオ・ガガ」にちなんで命名されたって知っていますか? 

30年前、ドラムスの ロジャー・テイラー って、王子様みたいな美形で女の子がキャキャー言っていましたよね。
a0134371_1883842.jpg

それかそれが、インタビューに出てきてびっくり。フツーのオジサンになっていましたよ。
a0134371_189392.jpg

美しいのは一時。みんなオジサンになるんですねえ。

昨日、この曲があらためて、いいなあと思いました。

フレディが亡くなってもう、20年。惜しいなあ。個性的でカリスマ性あったのにね。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-11-14 18:17