ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

昨日のフジテレビ「ザ・ノンフィクション」を観て泣き疲れてしまいました。
タイトルは「まりあのニューヨーク 死ぬまでに逢いたい人」。

内容は、ある50歳代の女性が、筋肉が衰えていく難病(ALS)にかかり、
亡くなるまでの半年間くらいを追いかけているもの。
クライマックスは20年前に離婚した元ダンナ(米国人)に逢いに、
動かぬ身体でニューヨークに行くところ。本当のサヨナラを言うために。

ケンカ別れした元ダンナは彼女を優しく受けいれる。
若い頃、元気でキラキラしている2人が映るビデオが、せつなさを倍増させる。
2人はレストランで食事するのだが、病気のせいで言葉がうまくでてこない。

病気の進行は思った以上に早い。帰国してホスピスに入る。
精神的なこと、経済的なこともあり、本人は延命を望まない。
肺の筋力が衰え、自力呼吸ができなくなれば死ぬことになる。

私は全編、泣き続けて、昨日は一日中頭痛に悩まされた。

この番組の拡大版が、BSフジで放送されるという。 2011年11月12日(土)15:00~16:55。

以下、番組の説明をペーストしておきます。(青文字)

命の終わりが見えたとき、もう一度逢いたい人はいますか?
 2011年1月、余命わずかと宣告された一人の女性と出逢った。フランキ・マリア・さわのさん 54歳。
福島で生まれ、田舎が嫌で18歳の時上京。つくば万博でアメリカ人男性と出逢い、
ニューヨークで結婚、しかし離婚…。という過去の持ち主。
日本に戻って10年あまり、彼女はALS=筋萎縮性側索硬化症と診断された。
全身のあらゆる筋肉が動かなくなり、やがて呼吸もできなくなり死に至る原因不明の難病だ。
まりあは「別れた夫にもう一度逢おう」と決意する。そして思い出のニューヨークへ。
彼女は死を意識して初めて気づいた。
自分が本当に大事にしたいものは何か…さらに感じる真の友情、母への愛情と懺悔の思い…
 命の終わりが見えたとき、ヒトは何を選び、何をあきらめ、そして何をあきらめきれないのだろうか。
まりあの場合は…彼女が最期に望んだことは、人工呼吸器による延命ではなく別のコト、
とてもささやかで、そして、とても難しいことだった。
 あなたなら、人生の最期に何を望みますか?


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-31 11:32
5年前、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」の 「されど、うどん。」という番組で追いかけたタケちゃんが、先日東京にやってきました。
石神井公園のふるさと館の 「エン座」 といううどん屋さんで行われている、
「うどんファンタジスタ2011」というイベントに呼ばれたのです。

パンチパーマで決めています。

なかなかタケちゃんも有名になったものです。うどん界の若き期待の星らしい。
久しぶりの、讃岐の手打ちうどん、美味しかったですよ。
一日で300食 を売ったそうです。すごい売れ行きだあ。

以前、このブログでも書いたと思いますが、タケちゃんは日本全国うどん行脚中に美人のお嫁さんをゲット!!!
やることやるねえ!!! やるじゃん!! タケちゃん。
今回も奥さんが、しっかりとサポートしていました。やはり商売は一人では難しい。二人三脚が好ましい。

a0134371_1533996.jpg
好きなことを見つけて、とことん探求してそれを商売にして生きていく。
なかなか誰にでも出来ることではありません。

今は、 京都府綾部の志賀郷 という田舎で、小さなうどん屋をやっています。
関西の方は、ドライブがてら一度行くことをお勧めします。
ホッとできる手作りのお店 「竹松うどん」。 ネットで調べてみてください。
下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-29 01:57
原発事故について先日、発表された確率ってインチキ臭くないですか。

今後、日本の原発が過酷事故を起こす確率は、 「500年に1回」 と算定したらしいですねえ。

今まで、日本の原発の歴史って50年くらいでしょ。
たった50年間で、これだけの深刻な事故が起きているのに、
これから先は500年に1回って笑わせますよねえ。

机上の空論、机上の妄想だな、こりゃ。

世界の深刻な原発事故といえば、スリーマイル島、チェルノブイリ、フクシマという御三家ですが、
それだって32年間の間に起きているんですよねえ。32年間で3つの大きな事故ですよ。
小さな事故も数えていったら、数百、数千の数になるでしょう。

仮に、日本で重大事故が起きなくても、他国で事故が起これば地球全体に影響を及ぼすでしょ。
中国、韓国、台湾あたりの隣国で事故が起きたら日本に放射性物質が飛んできますよ。
「それならどっち道、同じじゃん」っていう人もいるようだけれど、ドイツ、イタリアは撤退を決めたんですからね。
日本も脱原発の流れを先頭に立って推し進めないといけないですよね。

広島、長崎、福島と被曝大国ニッポンなのだから。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-28 02:21
今日は衆議院議員会館で行われた、 (原発事故を考える勉強会) みたいなものに出席し、
三人の元原発設計者の話をじっくりと聴くことができた。
田中三彦さん。渡辺敦雄さん。後藤政志さん。日本の原発を設計してきた方たちだ。

技術的なことを詳細に説明され、 脳みそのユルイ私 には、ちょいと難しいのであるけれど、
まあ要するに、大雑把に言うと以下のようなこと。

東電と政府は、福島の原発事故の大きな原因は、想定外の津波である、と結論づけていくようであるが、
実は、津波が襲う前の地震によって原子炉と格納容器内は、深刻なダメージを受けていたというのである。
配管が破断したり、水面が大量に動いたり、地震に耐えられなかったそうだ。

専門家たちが声をそろえて言うのだから信憑性が高いでしょ。
原発は、地震ですでにボロボロ。そこに津波。非常用電源やバッテリーなども水をかぶり使えなくなった。

なぜ東電は、地震により原発に深刻なダメージを与えたことを、認めたくないのか。
もしそれを認めるならば、日本中の原発が危険であるって認めることになっちゃうから。
そんなもの即刻、停止しないと論理的にまずいでしょ。

政府の行っている、 ストレステスト っていうのも 直下型地震 に対しては全く意味をなさないという。
なぜなら直下型地震は、 「揺れ」ではなく「地面が無くなる」っていう程のものだそうだ。

「地面が無くなる」っていうのは、大げさであるが、要するに原発の地盤が、隆起沈降するのだから、
建物も原発も全部ぶっ壊れてしまうという。
そうなれば、大量の放射線物質は数百キロに拡散。地域壊滅。死亡数百万人だ。

そんな危険なものが全国に55基ある。
「キチガイ国家ニッポン」って感じだ。

現在、福島原発は 「冷温停止に向かっている」 なんて言われるが、あの言葉にも疑問を呈していた。
「冷温停止」という言葉は、放射性物質がきちんと原子炉に閉じ込められている時に使うなら分かるが、
今は、原子炉むき出し、放射性物質垂れ流し。そんな状態で、
耳障りのいい「冷温停止」なんて言葉で国民を欺き、安心させていることに怒っていた。

東電、懲りない隠蔽企業。
全く信用できない。


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-26 19:05

中国人のボス。

先日のNHKスペシャルは、興味深かった。
「中国人ボス”がやってきた ~密着 レナウンの400日~」というタイトル。

大雑把に言うと、経営ボロボロの日本の会社を中国人の金持ちが買収。
中国人のボスの下、日本人たち社員が働くのだが、やり方が違って うまくいかない。
日本人は日本式ビジネスに固執するうち、韓国のライバル会社がどんどん台頭。
韓国人の方が、中国でのビジネス展開がうまい。やばいやばい日本企業、日本人。

中国人のボスは、日本人の緩慢さにイライラしている。
これを観ると、アジアの中での日本は、ますます 置いてきぼり になってしまう危惧を抱かせる。

以下、NHKのホームページより抜粋。(青字)
今、中国資本による日本企業の買収案件が相次ぐ。そうした中、去年5月、
「東証一部上場のアパレル大手が中国企業の傘下に」というニュースが、衝撃とともに業界を駆け巡った。
企業の名は「レナウン」。100年前、繊維の街・大阪に生まれ長年リーディングカンパニーであった、誰もが知る大会社だった。
ヒット商品が出ず、深刻な経営危機に直面していたレナウンは、中国の繊維大手である「山東如意科技集団」に
株式の約41%を引き受けてもらうとともに、「山東如意」の協力の下で中国市場に進出。経営再建を目指すことになった。
右肩下がりの日本と、勢いづく中国。日中の立場が逆転した、中国主導での新たな経営再建はどう進められるのか、
NHKはレナウンの戦いに密着した。
試練はいきなりやってくる。想像もしない中国市場の壁が次々と立ちはだかり、頼みにしていた「日本発ブランド」の神通力も通用しない。
市場の状況が目まぐるしく変わる中で、店舗展開の方針自体が二転三転するという想定外の事態に直面。
活路を見出そうする日本人社員たち。中国市場で次の一手を模索するため、
日本人のこだわりとそのプライドを捨てるしかないのか。厳しい状況が相次ぐ…。

これまで日本企業が経験した事のない「中国企業主導の中国進出」。そして、再建の行方はどうなるのか。
番組は、その400日にわたる企業ドキュメントである。


「中国人は嫌い」とか「中国人は厚かましい」などと愚痴っていても始まらない。
圧倒的な資金力と、ビジネススピードでアジアを席巻しているのだ。
隣人として、うまく付き合っていかないといけない。そういう時代になってしまったのだ。

最近、海外の空港にあるテレビモニターは、韓国のメーカー、LGやサムスンが多いと感じる。
10年前ならば、SONYやPanasonicがほとんどだったように記憶する。
もう、日本製品だから信頼できる、なんていう神通力さえも通じなくなってきている。

韓国はK-pop韓国ドラマも輸出。文化面でもすごい存在感だ。
アジアでの存在感が薄くなる日本。悲観的になってしまうよお。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-25 21:29

年金破綻国家の陰謀。

ちょっと前に年金支給年齢を「60歳から65歳に引き上げ」と言っていたのに、
今度は「段階的に70歳へ」なんて言い出している。
こんな風に、約束したことを破り続けていくことを、フツー「詐欺」と言う。

60歳から70歳までの生活をどうするのか。そんな高齢で仕事を見つけるのは難しいでしょ。
若い人さえ就職困難なのに、高齢者にはムリでしょ。
相当な人数が「生活保護」になだれ込むことになるのだろうが、
そっちも予算引き締めだろうから、そう簡単に「生活保護」は認められない。
とすると、高齢者の自殺が増えるだろう。国家の狙いはそこにあるのかもね。

2年くらい前に「ミスター年金」などと呼ばれて颯爽と登場した「長妻昭」はどうしちゃたのよ。
なんだか、あの時は 「この人に任せれば大丈夫」 などと感じたが、あれも詐欺だったのか。
結局、気合いっぱいの政治家も、ずる賢い官僚の言いなりになってしまい、再建案は形骸化してしまうらしい。

高い放射線量
が、各地で出ている。数年後には日本全体で寿命が下がる。
平均寿命が60歳くらいになれば、年金問題も一気に解消する。
それを狙って、東京電力は「放射線」をばら撒いてくれているのね。


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-24 08:02
暴飲暴食がたたり、胃がヤラレてしまっている。
昨晩は、新宿しょんべん横丁の焼酎に胃が負けたようだ。

朝帰りで、近所にたどり着くとフツーの人たちの登校、出勤時間と重なってしまった。
こっちは、酒臭くフラフラと歩く。お隣のMさんと遭遇。Mさんはキチンとした身なりで会社へ行くところ。

Mさん「こみやまさん、朝帰り?」
私「ええ、気持ちわるいっす」と胃の辺りをさする。
客観的にみたら、相当に情けない姿だろう。

家に帰り、胃薬で誤魔化すが、ただれたような胃の粘膜は良くならないようだ。

ぼんやりした頭で朝刊の一面を見ると 「カダフィ死亡」。え!!!驚く。
その後、テレビやユーチューブで探ってみると、
民衆が穴に隠れていたところを引きずり出し、寄ってたかって殴りまくり殺してしまったようだ。

それにしても、なんで殺してしまうんですかねえ。生きて捕らえて色々語らせる必要があるでしょ。
もったいないなあ。独裁者の心理を分析していくことが出来るのに。

東欧が、崩れていった20年前、ルーマニアの独裁者チャウシェスクが夫婦で民衆の面前、銃殺されたのを思い出す。
血だらけ無残な遺体が印象的だった。

ひるがえって考えると、日本の民衆は穏やかだ。
原発事故で、こんなことになっても、責任者を追及していない。

この問題、もっと深く考察したいのだが、胃がムカムカしているので、ご勘弁していただきたい。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-21 23:29
私はテレビ業界のはじっこで、ご飯を食べさせてもらっている身でありますが、
学生時代はテレビ業界で働くことを予想していませんでした。よってテレビドラマもあまり観ていません。

だが、なぜだか 山田太一作 のドラマは中学生頃からよく観ていました。大好きでした。
思い返すと、私の映像制作の原点になっています。
鶴田浩二主演でガードマンの人間ドラマNHKの 「男たちの旅路」 シリーズ。
三流大学の若者を描いたTBSの 「ふぞろいの林檎たち」 などなど、名作ばかりです。

そして私の心の奥底に大きな影響を与えたのが、フジテレビの 「早春スケッチブック」 です。
好きなテレビドラマというより、 「人生のバイブル」 と言ってもいいほど影響を受けました。

以下、ウィキペディアより抜粋。青色文字。
一見平和に暮らしている現代日本の、平均的な日常生活に存在する「空しさ」や「生きにくさ」、「疑問」や「憤り」を生々しく描き、
ありきたりな自分がどのように生きていけば良いのかを深く考えさせられるストーリーから、多くの脚本家に影響を与えたとも言われる作品である。








a0134371_11382244.jpg優しい笑顔の山田太一さま
テレビ業界に入って数年が過ぎた頃、
私は山田太一さん本人にいきなりファンレターを送りました。
ずいぶんと突拍子もないことをする若者だったのです。
「ずっと山田さんの作品のファンでした。自分が番組を制作する根底には山田さんの影響があります」などと、自分がディレクターをした番組のビデオも同封しました。

すると数日後、山田太一御本人からハガキが送られてきたのです。
「ビデオ受け取りました。後日必ず拝見させていただきます。これからのご活躍を期待しております」などと文章が達筆で綴られていました。
すごいことですよね。日本を代表する脚本家が、単なるファンに返信してくださるなんて。

それから数年後、ある番組企画打ち合わせで山田太一さんと直接お会いする機会が与えられました。
こちらはアイドルの握手会に行くファンの気分。

川崎溝口のご自宅に直接お伺いしました。奥様が紅茶とケーキを運んでくださる。山田さんは、打ち合わせでも丁寧で優しい口調。
ある程度、打ち合わせが進行した頃、私は突然、我慢しきれなくなり
「ずっとあなたのファンでした。以前ファンレターを贈ったこともあります」と打ち明けました。
山田さんは「そうでしたか。あなたでしたか」と覚えていらっしゃる様子。

この話、別にオチはないのです。ただただ、山田さんへの熱を表現したいだけなのです。

先日、NHKの「ディープピープル」という番組で50歳くらいの人気脚本家が対談していました。
その中の三人ともが、 「ドラマ早春スケッチブックで人生が変わった」 と語っていたのです。
この業界、そういう人が案外多いらしいですよ。
あのドラマがなかったら・・・、今のテレビも変わっていたかもしれません。
30年以上が経っても語り継がれる伝説のドラマ。スゴイですね。

私は、「早春スケッチブック」のDVDも以前購入。観直したら、なみだなみだ。今でも台詞が沁みこんできます。
a0134371_11263125.jpg
余談だが、このドラマの舞台は私の故郷であり今住んでいるところなのです。
ロケ地は、すべて近所、見慣れた景色がほとんどです。
このドラマの家族が住んでいたと設定されていた家が、まだあります。
うちから歩いてすぐ。そしてビックリなのが、その家に現在住んでいるのが中学の同級生。驚きです。

そして、このドラマの家族が「子連れ再婚」しているのですが、私も「子連れ再婚」。
不思議な縁を感じるドラマでもあるのです。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-19 11:45
タイの洪水が、大変なことになっている。首都バンコクまで水が押し寄せ非常事態だ。
川のほとりの公園が水に浸かった写真を昨日報道写真で見た。あれれ、ここって見覚えがある。
a0134371_955097.jpg

a0134371_955258.jpg

一ヵ月半前に、バンコクに取材で訪れた時、チャオプラヤ川のほとりの公園で出演者たちと記念撮影したところじゃん。
対岸の塔は、有名なワットアルン。日本名は暁のお寺。
あの時は、人々が穏やかに過ごしていたのに・・・、こんなになっちゃって!!

バンコクに9年ぶりに訪れて驚いたのは、地下鉄が走っていたこと。多少なりとも悪名高き交通渋滞が緩和されていた。
20年前、私が聞いた噂では、
バンコクはどこを掘っても地盤が軟弱で水が染み出してしまうから、地下鉄は作れない、というものだったが。
作ってしまったのね、地下鉄。
あの地下鉄も、もしかしたら今回水没してしまうかもしれない。うわあ、被害は甚大になる。

動物園のワニやらトラやらも洪水の中、逃げ出しているらしい。町全体が、サファリパークになってしまうよお。
笑い事でない。洪水による経済的損失は計り知れない。

水害、津波、竜巻、台風、地震、火山噴火、森林火災、雪害、などなど、
世界中で日々発生している自然災害に対処していくだけでも大変なんだから、
人類は戦争や紛争なんかしている場合じゃないよね。
下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-17 10:07
日本のブルーズマン、 柳ジョージさん がお亡くなりになった、というのを今、知りました。
ちょっとショックですね。
a0134371_112725.jpg

柳ジョージさんは1975年にロックバンド「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、
「雨に泣いてる…」がヒットして、渋いブルーズボーカルを聴かせてくれた。

私は高校生の頃、 「YOKOHAMA」 というアルバムが大好きで、よく聴きました。
自分のバンドでも 「フェンスの向こうのアメリカ」 という曲をコピーしました。

横浜、本牧、米軍基地などが歌詞に入っていて、横浜育ちの私には、身近に感じたものです。

そういえば、1968年頃、叔父さんに連れられて、相模原の米軍キャンプに入ったのを思い出す。
フェンスの向こうは芝生の広がる別世界。ホントにアメリカがそのままあった。
生まれて初めて、ハンバーガーというモノを見ましたよ。

「青い瞳のステラ」 も素晴らしい曲です。



ジョーちゃん、天国でもバーボン飲みながら、ブルーズ歌ってね。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-10-15 01:02