ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2011年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ほんとうに安全と言いきれるのか?  玄海原発の話です。

海江田万里経済産業相が、再稼働に理解を求めるため佐賀県玄海町を訪問し、
岸本英雄町長らと会談した。緊急安全対策などをあらためて説明。

事前に玄海原発を視察したことを明かし 「この目で確認してきた」 と安全性を強調した。
岸本町長は
「国が(電力会社に)監視の眼を向け、ヒューマンエラーが起きない態勢をつくってほしい」と注文を付けた。

なんだか、あほらしい会話だ。
原発を数時間見ただけで、 「安全なことをこの目で確認した」 
なんて私だったら口が裂けても言えないね。
「ヒューマンエラーが起きない態勢をつくってほしい」って願望してどうすんのよ。
もしものことがあったら、フクシマ以上のことが起こるのに。

佐賀県の古川康知事が玄海原発2、3号機について運転再開に前向きな姿勢を示した。
責任感のない人たちが、住民を危険に晒していく。

井野博満東大名誉教授が警告している。

玄海原発はもっとも危険な原発。爆発の心配がある。
老朽化していて原子炉が割れる危険が大きい。
もし事故が起きれば、その被害は福島第一の比ではない。
予想される「大爆発」は、人々の命も日本の未来も、根こそぎ飛ばしてしまう。

特に運転中の1号機が危ないらしい。

もしも玄海原発1号機が爆発を起こした場合、周辺にどれほどの被害を及ぼすのか。
元京都大学原子炉実験所講師の小林圭二氏は、こう語る。

「原子炉の脆性破壊は、いまだかつて世界が経験したことがない、巨大な事故になります。
福島第一の事故は深刻ですが、それでも放射性物質の9割は圧力容器内に残っていると思われます。
しかし、脆性破壊で爆発が起きれば、圧力容器は空になり、ほぼすべての放射性物質が放出されてしまいます。
被害は玄海原発がある九州だけでなく、東は大阪にまで及ぶでしょう。
大阪は現在の福島県の一部のように、避難区域になって住めなくなります。
しかも、事故の進展が早いので、退避することも難しい。
さらに、被害は中国など近隣のアジア諸国はもちろん、欧米にまで及ぶことになるでしょう」

専門家のこうした予測については完全無視って訳ですね。恐ろしい。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-30 08:40
アメリカの原発も事故で、ヤバイらしい。

ネブラスカ州では、大雨の影響で水かさが増しフォートカルフーン原発周辺が水没。
電源関係のトラブルがあったらしい。福島と同じような状況なのか。
電力公社側は「放射性物質が漏れ出す危険性はない」としている。

しかし、この原発では、今月7日、制御室で火災が発生して1時間半にわたって電源が失われ、
使用済み核燃料の貯蔵プールの水温が僅かに上昇するという事態も起きており、
地元の住民などから安全性に対する懸念の声が上がっている。

a0134371_1321014.jpg

また、ネブラスカ・ミズーリ川のいくつかの原発で非常事態に至ったと報道があり、
1万人の避難準備が行われている段階で、避難の有無は不明。クーパー原発が非常事態宣言を行った模様。

ルホーン原子力発電所の水没状態が、さらに悪化するのではないかと懸念されているらしい。
ミズーリ川は、ミシシッピ川の最大の支流、もしこの川が 放射性物質で汚染されると
下流で取水している都市は、飲料水も農業用水も壊滅的被害に。

うーーん。この数ヶ月で、原発の事故があちこちで頻発するなんて、どうゆうこと?
無神論者の私でさえ、 「神様からの警告」 のようにも感じる部分がある。
人類には扱い不可能なものが、原子力。そう警告されているのかも。

原子力って、結局「便利で儲かる」から追求してきた技術ですよね。
電気を大量消費せず、 身の丈に合わせた生活 を続けていくなら、必要ないものだ。
実際、沖縄やニュージーランドは原発の存在なしでやっているのだから。
原発は、生命を脅かされてまで、絶対に必要なものではない。

東電の役員たちは、福島原発で処理作業に一ヶ月従事してみてから、株主総会に臨むべきだったね。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-29 13:03
先日、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」にて
「鉄は熱いうちに ~15歳 少年自衛隊物語~」を放送していた。
自衛官を養成する高等工科学校に入学した少年たちの日々を追っていた。
今時、プライバシーのない寮生活で、自衛隊員になるための厳しい訓練に耐える15歳から17歳の少年たち。
高校生身分なのだけれど、月給が約8万円支給される。
自衛隊に憧れる子、家計を助けたいと入学する子などがいる。

ウチの小学6年生の次男ナユタは、なぜだか自衛隊に興味がある。
迷彩色の服やバッグが大好きだ。機関銃や兵器などにも目を輝かせる。
父親の私は、そのような趣味は全く無い。運動部さえ入ったことのない根性なしの平和主義者の父親なのに。

ともかく、ナユタはその番組を見たいという。ビデオに録画していたので、ナユタに見せることにした。
厳しい訓練に耐え切れず、逃げ出しそうになる少年もいる、そんな番組を見て、ナユタはその学校に進みたいと言い出した。
まだ、小学6年生だから一時的な憧れだとは思うのだが、なんだか意外だ。
子どもの将来は、子どもが決めればいい。そうは思うのだが・・・・・。
以下の写真は、香川県に旅行した時、自衛隊の基地で撮影したもの。
a0134371_21594493.jpg

わが子が自衛隊に入る、というのは、石原慎太郎の子どもが共産党員になるようなもの。
なかなか、不思議な状況だ。カエルの子はカエルじゃないのかも。
下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-27 22:01
金曜の夜中の 「朝まで生テレビ」 をビデオに録画して見ました。
全体的には、菅政権のことを議論していて、ちょっと退屈だったのですが、
いくつか 新鮮な事実 が話されていた。

というのは、福島原発の現状は相当にヤバイということ。
メルトダウンやメルトスルーを通り越し、チャイナシンドローム状態らしい。
つまり核燃料が解け、格納容器を突き破り、コンクリートも溶かし、地面に穴を開けている そうだ。
これは恐ろしい。核燃料が、地球に穴を開けている。地中で汚染が進むという最悪な状況。

水をかけ続け、収めようとしている今の作戦では、収束に向かわない。意味が無い。
出来るのか出来ないか知らないが、地中に鉄板を入れて囲む必要があるらしい。
そんなこと出来るのかいな。

もう一つ。
なぜ沖縄に原発がないのか? と田原さんが問うた。
答えは、米軍基地があるから。中国からミサイルが飛んできたら全滅だから、だそうです。
ということで、原発は核兵器を、自ら持ち自滅するということ。危険すぎます。

もう一つ。
海水から猛毒な プルトニウム も検出されている噂がある、らしい。
魚や海草を口にして大丈夫だろうか。検査をする必要がある。

今回の「朝まで生テレビ」を観て感じるのは、
民主党も自民党もダメだなあ、ということ。
被災者の辛さ、国民の辛さ、原発の収束などは、二の次で、
自分たちの立ち位置ばかりを気にしている。
相手を批判し、邪魔をして、何も進まない。

日本の政治は、ホントに2流なんだなあ。
下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-26 02:01
地方取材などで、バタバタしておりまして、ブログ更新が遅れています。すいません。
今回もサボりのブログです。
以下の番組、ご覧ください。原発の電力のコストが理解できます。
今こそ、新エネルギー転換へ踏み出す必要があります。
2ヶ月ほど前、この番組に出演されている飯田哲也さんの講演を拝聴したことがあります。

世界は、自然エネルギーなどの再生可能エネルギーにシフトしていっている、という話。
とても納得のいくものでした。
このままいけば、原発は自然消滅。その後を担うのは、再生可能エネルギーだ。


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-24 00:54
いきなりですが、ボブ・マーリーを聴くと癒される。特に、この曲は沁みる。
このライブのボブの歌い方も素敵だ。
初めて聴く方は、「路上生活者が酔いながら叫んでいる」って思われるかも知れませんが、
この方、レゲエの神様なのです。


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-22 01:26
小学校高学年の頃、私は少年キャンプ隊という、近所のクラブ活動に参加していた。
そんな少年時代、夢中で読んだ本がある。そのタイトルは 「冒険手帳」。
火のおこし方、昆虫の食べ方など、サバイバルの方法が、色々書いてあった。
文章も面白かったのだが、ちょっと不気味なイラストも衝撃的。隅から隅まで、読み込んだ。

その大好きだった「冒険手帳」と、約40年ぶり に書店で偶然再会することができた。
装丁は、ちょっと変わってしまったが、中身は全く同じ。
当時のイラストがそのまま。40年の時を超えて、全てのページのイラストが脳の中の記憶と結びつく。
a0134371_2315537.jpg
a0134371_23154419.jpg
a0134371_23155592.jpg
a0134371_2316327.jpg

懐かしい。子どもの頃の映像記憶って色あせないなあ、と驚く。
なんだか、古い友人に出くわしたような不思議な気分。小学6年のナユタに、ともかく読ませたいと思い購入。

ナユタに渡すと、早速読んでいる。 「昆虫の食べ方」 や 「イヌイットの猟の仕方」 などに興味津々。

当時私が、びっくりした一文 「クモの足はチョコレートの味がする」 という文章を見せると、
「へえ、色が同じだからかなあ」とニコニコ笑う。40年前の自分の表情が、そこにあった。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-20 23:19
福島原発。避難生活を送る住民の精神的損害賠償額が、
1人当たり月額10万円 とする方向で検討入り、だそうです。
一日あたり3300円か。この金額ってどうなんでしょうか。
もし、自分の身に降りかかったならば、この金額では到底納得できません。
半年たったら減額していくらしいし。

家に帰れなくて、将来的にも帰る見込みがたたない。生活全てが壊滅。
そんな状況で、一日3300円。安い。当然、お金に換算できるものではありませんが。

全く話が変わりますが・・・・・。
自民党のくせに、脱原発で頑張っている政治家がいます。河野太郎さんです。
この方の話が、わかりやすくていい。4本に分かれています。
是非ご覧ください。これからの日本の電力についての将来像が語られています。

原子力をまず、無くしていく。
 →天然ガスの火力発電を増やす。
   →太陽光や風力などの再生可能エネルギーを増やす。
     そして蓄電技術を活用する。
       →輸入に頼っている燃料代が無くなる。
          →地産地消のエネルギーで地方も元気になる。


などという夢のような将来像なのだが、可能性はある。
河野太郎さん、素晴らしい。殺されないように してくださいね。

10年前、日本の太陽光技術は世界一だったのに。
今は、ドイツなどでは爆発的に普及。中国でも太陽光や風力が、大きく拡大。
日本は、完全に出遅れている。それは、電力会社と原発マフィアたちが邪魔しているから。

世界は、自然エネルギー活用に向かっている。それは、ビジネスとして可能性があるからだ。
それだこそ、孫正義さんさえも、参入しようとしているのだ。





下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-18 23:19
6月12日、自然エネルギーに関する 「総理・有識者オープン懇談会」が行われました。
その様子がユーチューブにアップされています。
出演者は、菅総理、孫正義(ソフトバンク社長)、岡田武史(元サッカー日本代表監督)、
小林武史(ap bank代表理事)、坂本龍一(ミュージシャン、ビデオ出演)。

菅総理が、新エネルギーについて自らの言葉で、わかりやすく語っています。
レッテルを貼ってはいけないのですが、
これを聞くと、菅さんは、完全に 「脱原発の考え、自然エネルギー推進派」
今までも浜岡原発を停めたり、日本のエネルギーは白紙から考える、などと言ったり、行動も「脱原発」。

原子力を推進してきた人々からしてみると、菅さんの存在は気に入らないと思われます。
消えて欲しい人でしょうね。だからこそ、「菅降ろし」の流れが加速したような気がします。

近々、菅さんは総理の座から降りるそうですが、その後、総理の考え方次第では、
脱原発が進まなくなる可能性もありますね。
それは、阻止しないと!!

岡田さんが、ネイティブアメリカンに伝わる、いい言葉を紹介していました。
「自然は、子孫からの借りものである」
要するに、未来の人々から借りているのだから、
汚さず壊さず美しいまま引き継いで いかないといけない、ということ。
放射能をばら撒くなんて、一番やってはいけないことですね。
2時間近くありますが、画面を見ずに、音だけ聞いていてもなかなか、勉強になりますよ。


下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-17 02:03

送電網を開放せよ!!!!

意外に思われるかも知れませんが、
実は、日本の電力には 大きな余力 があるんですって、ご存知ですか?

日本全国の企業が自前で持つ自家発電を足し合わせると、
発電能力はナント6000万キロワット!!!!
これって、東京電力の供給量に匹敵する巨大な電力量だそうだ。

なんで企業は、自家発電システムを持っているかと言いますと、
電力会社から電気を買うより、ぜんぜん安いんですって。
やっぱりなあ。電力会社の電気は世界一高いって言われていますものね。

その電力は、いつもいつもその企業が使っているわけでなく、余剰が結構あるらしいんですよ。
それを売電してくれれば、一般家庭でも使えるらしいのですよ。
流通さえうまくいけば、全く電力不足にはならない。
素晴らしいことじゃあないですか!!!
それなのにい!!!!!

大手電力会社や電力事業者が余剰電力を融通しあう「電気のマーケット」で、
東京エリアの取引が停止したままだそう。
東電が、自社の電力供給が不安定なことを理由に、
取引所で約定した電力の送電受託を再開しないためらしい。
怪しいなあ、東電のやることなすこと。

東京エリアでは東電の送電網を使わないと電力を送れない。
電力の「売り手」と「買い手」はいても、「運び手」が機能していない状況だそうだ。

電力会社が送電網というインフラを一手に握っている。
それがすべての原因なのだ。


NTTグループなどが出資するエネット(東京・港)は、200万キロワット規模を供給する最大手の電力会社。
電力自由化の推進を主張する武井務社長は
「送電網を電力会社が握ったままでは独占時代と変わらない」と指摘。

結局、競争原理の働かない市場は腐っていくんですよね。
「発送配電分離」をすぐにでもやらないといけない。

みんなが使える「送電線」にすれば、ソフトバンクあたりが、東電の半額で電力を売り出すことになると思いますよ。
ユニクロあたりも電力作って売り出したりね。

ジャパネットたかたの社長が、キンキン声で
「今なら、電気1キロワットお買い上げで、
 高枝切りバサミを付けちゃいます」

なんて言い出しますよ。

いいですね。自由競争。

考え方を変えたほうがいいですよ。電気なんて特別なものでも、なんでもないんですよ。
ハンドルをくるくる回せばLEDライトが光ったり、太陽光パネルを設置すればエアコンだって使える。
なにも、東電だけが魔法のように電気を作っている訳ではありません。

人々を恐怖に陥れ、猛毒を撒き散らす原発なんかなくても、大丈夫なんですよ。
さあ、皆さん発電しましょう。

ということで、我が家もこの夏、太陽光パネルを屋根に乗っけることにしました。
余った電気は、東電に売りつけますよ。
今度、ここで詳しくレポートしますね。

下のをポチッと押して下さい。

にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2011-06-16 00:17