ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

昨日、NHK-BSで「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」という番組を放送していた。
あまりにも懐かしい歌謡曲が映像とともにたくさん流れてくる。
筒美京平さんは、時代を捉える天才なのですね。貴重な番組でしてた。
以下、NHKのホームペーより抜粋。青文字。

日本のJ-POPを確立した作曲家・筒美京平さん。
ヒットチャート登場曲500曲以上、1位獲得数39曲、という圧倒的なヒット作の数々が示すように、
作曲家としてデビュー以来、音楽ファンを魅了するサウンドを提供し続けてきた。

しかし、筒美京平その人が、マスコミに登場することはほとんど無い。
表に立つことを嫌い、プロの職人として裏方に徹する、その美学を貫き通してきたからだ。
その筒美京平さんが、今回一度限りという許諾のもと、NHKの番組に出演し、初めて自らを語る。

筒美さんの作品の特徴は、年齢・性別・時代を問わず、誰からも愛される親しみやすいメロディーを持つということ―。
作曲家としてずっと今日まで、歌謡曲とポップス(洋楽)の融合を試みてきた。
尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」など歌謡曲黄金時代のヒット曲から、
小泉今日子さんの「なんてったってアイドル」などのアイドル系ポップス、
そしてC-C-Bの「Romanticが止まらない」など、のちのJ-POPに繋がるヒット曲など、
ジャンルを越えた筒美サウンドは日本の音楽界を牽引し、
日本のポップスの確立において最も重要な影響力を持った音楽人である。

また、昨今のカヴァーブームで、そのサウンドは新たな脚光を浴びている。
番組では、筒美京平さんのヒット作品やサウンドを紹介しながら、
個人として、また音楽家としての貴重なインタビューを紹介。
作曲家・筒美京平を"知る"テレビで初めての試みとなる―。


それにしても、私としては「木綿のハンカチーフ」が曲と歌詞と、全てにおいて
素晴らしい名曲と感じた。

まるで、起承転結のある私小説を読んでいるかのような構成だ。
ヒットした当時も、いい曲だとは思っていたが、今聴くと、より味わい深い。
高度成長期時代、地方から華美な都会へ出てくる若者の気持ち、
そして置いてきぼりにされる地方の気持ちが凝縮されている。

そして太田裕美さんが、純真で魅力的だ。この人ならではの発音がかわいらしく感じる。

当たり前のことだが筒美京平さんも天才だが、松本隆さんも尋常ではない。

日本の歌謡曲の最前線で仕事をしてきたクリエイターたちの深さを知った。



下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-31 02:57

そして僕は途方にくれる

「30年前によくカーステレオで聴いていたあの曲にもう一度出会いたい」
なんていうことが、時々ある。
当時の映像の思い出と音楽がシンクロし、ある場所を運転しながら、
「ここであの曲を聴いていたなあ」なんて思い出す。

最近はユーチューブで、昔好きだった懐かしい曲を聴ける。これが楽しい。
昨晩、聴いて、懐かしさに浸った曲がある。
当時カップヌードルのCMに使われていたから知っている人も多いと思う。
ハスキーボイスが、素敵。銀色夏生の歌詞がいい。
あまりにアレンジもいいので、
ポリスの「見つめていたい」にチョロッと似ているのは、許せちゃう。

大沢誉志幸「そして僕は途方にくれる」。タイトルも最高。



ご本人の歌う映像はこちら。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-29 12:40
前回、原発の危険性を訴えた番組を取材したテレビマンが、
上層部から、企画を潰されたことは、しばしばあること、と書きましたが、
役者、タレントの世界も同じなのですね。

俳優の山本太郎さん が、ドラマの役を降ろされたそうですよ。
以下、ニュースからペースト。黄色字

原発問題に関する発言を問題視され、決まっていたドラマを降板させられたことを
自身のツイッターで告白した山本太郎に、心配の声が寄せられている。

25日夜、山本は自身のツイッターに、
「今日、マネージャーからmailがあった。『7月8月に予定されていたドラマですが、
原発発言が問題になっており、なくなりました。』だって。
マネージャーには申し訳ない事をした。僕をブッキングする為に追い続けた企画だったろうに。ごめんね」とツイート。

山本は23日に、福島から来た子を持つ親たち100人を含む多くの人たちと共に
文部科学省前に集結し、文科省が定めた学校の校舎・校庭等の利用判断における
暫定的な目安「放射線量年間20ミリシーベルト」の撤回を訴えたばかり。
わずか2日後のことだった。

山本はこれまでも脱原発のデモに参加したり、
福島の子どもたちを疎開させるために立ち上げられたプロジェクト「オペレーションコドモタチ」を通して、
通常の1ミリシーベルトの20倍となる基準値に異を唱え、
「チェルノブイリでは、年間5ミリシーベルトで住民は強制退去。
なのに福島の子どもたちは、
文部科学省によると20ミリシーベルトでも大丈夫らしいです。
殺人行為です。
避難させれば、賠償などとんでもないお金がかかる。
だから、国は見殺しにしようとしている。それが答えです」

という7分以上にわたるメッセージを伝えていた。

23日、われわれの取材に応えた山本は、
「電力会社はメディアの最大のスポンサーですし、さまざまな事情はあります」と言っていたが、
言葉どおりの現実が彼を待ち構えていた。たったひとりで立ち上がり、
デモにも堂々と参加を続けてきた山本に、
ネット上では、「やっぱり干されてしまった!」「ひどすぎる!」「これが現実かよ……」
と、同情の声が次々に上がっている。

心配するフォロワーたちに向け、
山本は「抗議するからTV局、プロデューサー教えて、などなど励まし有難う! 
外されたドラマでも、現場には迷惑掛けられないから言えない。
一俳優の終わりの始まりなんて大した事じゃない。
そんな事より皆さんの正義感溢れるエネルギー、20mSV撤回、子供達の疎開、
脱原発へ! 皆で日本の崩壊食い止めよう!」
と、今後も変わらず、声を上げ続けていく覚悟を伝えている。


山本太郎さん、気骨のある人だ。一度仕事がしてみたい。
それにしても、電力会社の闇の力って恐ろしい。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-26 22:23
すいません。すいません。当ブログの更新が遅れていまして。

3月11日以降、専門家でもないのに好奇心から原発関連のネタを書き続けてきた。
福島第一原発事故が起った翌日、私は 「チェルノブイリの悪夢!!!」 と書いた。

そのころテレビでは御用学者たちが
「原発事故はたいしたことない。放射能漏れなど心配するレベルではない」
などと今振り返れば、恐ろしく無責任なことをしゃべっていた。

あの御用学者たちは、今どんな心境なのだろう。自分の言葉にどう落とし前をつけるつもりだろうか。
「自分の属している原子力村を守りたい」という想いからの発言だろうが、
あえて事故を過小評価した発言で、人々を危険に晒した罪は重い。

数年前、原発の危険性を告発する番組を企画したテレビマンがいた。
取材が進んでいく中で、そのテレビマンは上層部から呼び出された。
そしてこう言われた。

「原発は日本にとって重要だ。批判的な番組は許されない。企画を変えろ」
と迫られたそうだ。

このような、圧力を受けたテレビ関係者は私の周りだけでも数人いる。
長年マスコミにとって「原発ネタ」は、「さわらないに越したことがない」ネタになっていた。
それは、もちろん広告費をくれるスポンサーだからだ。
報道、ニュース番組にも電力会社がスポンサーとなり、批判できないように、がんじがらめとしている。

今回の事故は「人災」。
今政府は、事故原因を、地震数日間の動きを克明に調べていくことで炙り出そうとしている。
しかし、本当の原因は、「原発は安全で、事故など起こるはずがない」と主張し続けてきた連中だろう。
反原発の研究者を隅に追いやり、耳も貸さず原発を推進してきた連中。
それを掘り起こしていくことのほうが重要だと思える。

東京23区と同じくらいの面積、またはそれ以上が、放射能汚染で日本から失われたのだ。
土壌汚染は100年経っても消えない。

この惨事を引き起こした連中の罪を追及しないならば、この国自体がメルトダウンだ。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村

[PR]
by papanamida | 2011-05-25 14:34
小心者の私には、決して語れない正論を
この青木理さんは語っている。
すごすぎる。怖いものなしなのか。


この動画見てみてください。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-21 12:53

原発事故で苦しむ人々。

人々の生活を壊滅させた原発事故・・・・。
放射能に汚染された福島をレポートしたドキュメンタリー番組をNHKが放送した。
「ネットワークで作る放射能汚染地図」 これが、すごい。

一週間前に放送されたのが、反響が多いため、昨晩再放送された。
農家の人々が苦しんでいる。普通に生活したいという夢が奪われた。
子どもが汚染された学校で勉強している。将来、癌になる可能性があるのに。
国は風評被害を心配して、正確な放射能汚染の状況を伝えていなかった。
人々の健康よりもメンツを重要視。犯罪的なことだ。

これを観て、なお原発推進するという人がいたら、頭おかしい。
原発推進派と原発御用学者は、これを観て、猛反省してほしい。

ユーチューブにて、数本に分けてアップされています。是非ご覧ください。
全て観るには90分かかります。



下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-20 10:16
季節がいい。太陽に照らされ緑が光る。こうゆう季節はビールがうまい。
今日は、久しぶりに原発以外の暇ネタです。

最近、私がはまっているのは ノンアルコールビール。
そんなもんビールじゃないでしょ!! とビール党から怒られそうですが、
ノンアルビールは運転しながら、仕事しながら、飲めるのがいい。

私にとってビールは、別に酔わなくていいんです。。a0134371_17222362.jpg
酔いたいなら、ウイスキーとかワインとか日本酒とか飲みますから。
ビールに求めるのは、コク。苦くて深い味が好みなのですよ。

そしたら先日、コクがあって感動的にうまいノンアルビールをみつけました
「サッポロプレミアムアルコールフリー」。
こんな深い味。最近のビールにもないですよ。傑作ですね。
別に、サッポロからお金貰っていません。

たぶん、買う人少なくて、すぐに発売をやめてしまうと思いますから、ビール党の方は一度試してみてくださいね。

ノンアルはビールを片手にハイウェイをぶっ飛ばすということが、合法的に出来ることがうれしい。
そんな時、かけたい曲は、ドゥービーブラザースの軽快なナンバー!!


下のをポチッと押してください。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-18 17:27
原発推進の音頭をとってきた御用学者。
国から研究費をふんだくってきた連中。まさに税金泥棒。

平成17年に、行われた議論の映像がありました。
原発推進派→大橋弘忠氏(東京大学)
原発反対派→小出裕章氏(京都大学)


御用学者というのが、いかにいい加減で無責任な連中かが、これを見ればわかります。



それにしても、小出裕章さん は、誠実な方です。
原発の危険性を訴えたため、出世もできず、村八分にあい、研究費も満足に与えられなかった。
それでも、反原発を唱えてきた勇気は、すばらしいことです。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-16 15:19
今日は 「のんき畑」 に行きまして、土を耕しトマト、キュウリ、ナス、と基本的な夏野菜の苗を植えました。
今の「のんき畑」の状況は、ジャガイモの葉が青々と茂ってきて、オクラの芽が出て、ブロッコリーが時々収穫でき、
スナップエンドウの苗が、だんだん生長しているっていう感じ。太陽のパワーを感じます。

それにしても数日前、神奈川県の足柄にて お茶の葉からセシウムが検出されたという報道がありましたね。
ということは、横浜にも放射性物質は降ってきているということですよね。
私の「のんき畑」も放射能汚染されたとしたら、東京電力は補償 してくれるのだろうか。

今度、フランス製の安価なガイガーカウンターが売り出されるらしいから、計測してみることにします。
それでもし若干でも線量が高いようだったら、東京電力に「補償せよ!!」と執拗に迫ることにします。

日本国の土地を汚し、地球の海を汚した原発事故。もっとみんな怒るべきですよ。
恐ろしいほどの放射性汚染水の垂れ流しなんですから。
たとえば、さかなくんとか、サーファーとか、カヌーイストとか、山菜取りの人とか、自給自足の人とか・・・。

東電が謝罪するべきは、大自然全て、に対してですよ。
安楽死されるペットや、豚や、牛や、羊に対しても謝罪すべきですよ。


数年前に放送されたこの番組を見ると、東電の隠蔽体質にハラワタ煮えくり返りますよ。


下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-14 21:06
最近の世の中、土下座が流行していますよね。
不祥事で世の中に大迷惑をかけた人が、カメラの前で土下座している。
a0134371_12223673.jpga0134371_12263636.jpg

土下座されちゃうと、それ以上責めることが、心苦しくなるから不思議だ。
たかが、土下座なのに。
そうゆう意味では土下座は便利な武器だ。お金をかけずに、罵声や非難から自分を守ることが出来る。
私も、妻に責め立てられたときは、土下座で身を守ることにしよう。
頭を下げたまま、3分間くらい我慢すれば、相手は怒る気を失ってしまうだろう。

どうでもいいが、土下座ストラップというのも売れているらしい。
a0134371_12175319.jpg


それにしても、東電幹部の土下座に 「情けの心」 を持ってはいけない。
東電が策略しているのは、国民の税金と電気料金の値上げ 
で、原発被害補償を賄おうとしていること。
血を流すふりをしながら、自分たちの資産を出し渋っている。ヘマをしでかした責任を取ろうとしていない。
土下座しながら、国民の財布から金をくすねようとしている。
本来は、この際、送電部門は国に売却すべきだ。
そうすれば電力の自由化に弾みをつけることができる。

世界一高い電気料金を、数十年間、国民に払わせ、挙句の果てに「原発事故」。
中国だったら、公開処刑だろう。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2011-05-12 12:37