ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ウチの自動車革命

「愛車」というほど車を愛していないのだが、私の所有車におめでたいことが起きた。
4年前に中古車で購入したトヨタのミニバンが、先週、走行距離十万キロを超えたのだ。
ちょっと嬉しくて、十万キロの瞬間、路肩に車を止めてデジカメで撮影してしまったよ。

a0134371_2293088.jpg


買った時は38000キロだったので、4年間に62000キロ走った。
一日あたり、平均42キロ走った計算になる。ガソリンにして5リットル。約600円。うーん、結構多いね。

車は故障も無く、益々調子いい。なぜかカーナビが一度故障して4万円くらいかかったが。
トヨタのセールスマンは車検の時「どうですか、そろそろ買い替えは?」と言ってくる。
私は「サスガ、トヨタだねえ、あと10年はこの車乗れるねえ。」と答えている。
セールスマンは苦笑。

20歳代の頃は車のCMなどを見ると、「かっこいいなあ、ほしいなあ」などと
消費意欲をそそられていたものだが、最近は全く、そうゆう気持ちにならない。
まして、新車を買うという気は起こらない。
傷つけられたり汚れたりすることに気を揉むことが面倒だし、魅力的な車が見当たらない。
というより早い話、お金が無い。

世の中の男性にとっても「車への憧れ」がどんどん薄れていっていると思う。特に若者に顕著だ。
デートするのに車は必需品ではなくなったし、
車の維持費を払えるには、それなりの収入がないと無理だろう。

お金が無い若者たちは、ドライブにも行かなくなり、居酒屋で飲むこともせず、
ただただ部屋に閉じこもって、ゲームと格闘しているような感じだ。あーーなんか情けないなあ。
若者に活力が無ければ、産業も衰退し経済も潤わない。

フェアレディZ
やスカイラインをぶっ飛ばしているオジサンをしばしば見かける。
今、スポーツカーに乗っている運転手を見ると、案外年取った人が多い。
今の若者に「フェアレディZって知っている?」って訊ねても半分以上知らないんじゃないだろうか。

自動車会社にとって、厳しい時代になってしまったなあ。
[PR]
by papanamida | 2009-10-31 02:36

電気ブランの夜

昨晩は、遠い島から東京に出てきた知人と久しぶりに浅草で会う。
行ったのは「神谷バー」。浅草では有名な店、明治時代に創業。

そこで注文したのが、「電気ブラン」というお酒。

a0134371_10352537.jpg


太宰治は『人間失格』の中で、
「酔いの早く発するのは、電気ブランの右に出るものはないと保証し」と書いているという。

電気がめずらしい明治の頃、目新しいものというと”電気○○○”などと呼ばれていたそうだ。
さらにデンキブランはたいそう強いお酒で、当時はアルコール45度。(現在は30度)
それがまた電気とイメージがダブって、この名がぴったりだったらしい。

大正時代は、浅草六区(ロック)で活動写真(映画)を見終わると
その興奮を胸に一杯十銭のデンキブランを一杯、二杯。
それが庶民にとっては最高の楽しみだったそう。

私は、ビールをチェイサーにして飲んだ。
電気ブランは、ちょっと甘くて口当たりがいい。でも沢山飲める感じではなかった。

その後、二軒目では、昔懐かしい「クジラベーコン」を注文。
アブラギッシュな舌触りは独特なもの。
「昔は、ベーコンといえば、これだった。豚のベーコンなんて見たことなかった」
と島育ちの知人は言う。

a0134371_103653.jpg


懐かしいもの満載の浅草の夜でした。
[PR]
by papanamida | 2009-10-30 10:40
今晩、映画を観て最高に感動した。
最初は爆笑でしたが、中盤からは涙腺からが緩みっぱなし。涙ポロポロでした。
今年、観た映画の中、最高傑作であること間違いない。

その映画は「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」だ。

a0134371_134336.jpg



以下、映画の概要・・・・。
1980年代、音楽界に絶大な影響を与えたものの、ほとんど存在を忘れ去られていた
ヘヴィメタルバンド、アンヴィルの軌跡を追ったドキュメンタリー。
地元でさえない仕事をしながらのバンド活動や、悲惨なヨーロッパ・ツアーなど
バンドの夢と現実を映し出す。
苦境にあっても愚直に生き、夢をあきらめず、
30年以上もバンド活動を続けてきた男たちの姿に涙が止まらない。

と解説すると、大して面白くもない内容のようだが、
15歳の時に出会ったロック好きの2人の男の友情に泣けてくる。
彼らを支える家族たちも素敵。
50歳を超えて、ハラも出て、頭も薄くなり、お金もなく、生きるのが下手で、
愚直で、人生の敗北者のようなへビィメタオヤジ。
不器用だけれど、懸命な姿。彼らの素直な言葉に、感動してしまう。

この映画で、ドキュメンタリーの強さを感じた。
やはり、作り物とは違う。ドラマとは違う強さ。

この映画、ロック好きとかは、関係ありません。誰が見ても面白いはず。
そして、この映画、日本がとても素敵に描かれている。それもいいね。

マイケルジャクソンの映画も観たいけれど、こっちもお勧めです。
[PR]
by papanamida | 2009-10-29 01:41
2ヶ月くらい前に、ショーン・ペン監督作品「イントゥ・ザ・ワイルド 」のDVDを借りてきて観た。

内容は・・・。
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ、とある。
ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。

私流に大雑把に説明させていただくと、
アメリカの甘ちゃん若者が、
自然の中で生き抜くだけの知識も経験もないくせに、
物質文明なしに、生き抜いて見せるぜって頑張ったけど、やっぱダメでした。っていう実話ベースの話。

動物を殺して食料にしようとするシーンなどは、なかなか気合が入っていた。
演出とカメラワークがイカシテイテ結構面白い映画。若者の甘ちゃんぶりには、ホント呆れちゃうけどね。

そうそうそう、この映画を観て、思い出したことがあったのだ。
私が中学のとき、読んで影響を受けた本「サハラに死す」
説明には・・・
「サハラ砂漠は東西7000キロ、横断するルートは皆無で、
途切れ途切れにあるオアシスの点と点を結ぶしかない。
この前人未到の熱砂の海に、一頭のラクダとともに単身で挑んだ上温湯青年。
だが不幸にも、思い半ばに22歳の孤独な青春に幕を閉じた。
苛酷な旅の中で、人間の極限を生き、凝視めた青春とは。」とある。

上温湯隆という青年が、サハラ砂漠に魅せられ、たった一人でラクダと共にサハラ砂漠横断の旅に出る。
実在の人物の日記が元となっていた。
若者が、荒野を目指し危険を顧みずに挑戦する気持ちに、13歳の私はカッコいいと共感を持った。
結局、上温湯さんは、サハラ砂漠で、熱射に倒れて、帰らぬ人となってしまうのだが、
自爆的なその生き方に男のロマンを感じたものだ。

「僕も将来はサハラ砂漠を冒険したい」と母に告げたら、母はあまりいい顔をしなかったなあ。
息子の破天荒な行動に、危うさを感じていたのかもしれない。

その本を再び手に入れたいと思って、今、amazonで調べたら2600円のプレミアがついていたよ。
「サハラに死す」もう一度、読んで冒険心を再燃してみたくなった。
[PR]
by papanamida | 2009-10-28 01:07

酒井法子、涙のショー。

酒井法子の覚せい剤裁判。
朝から晩までの報道にちょっとうんざりですね。
国民の関心が高いと言ったって、ニュースのバランスとして疑問ありますよね。

酒井法子被告(38)の初公判で26日、20席の一般傍聴席を求めて
抽選整理券の交付を受けた傍聴希望者は6615人で、倍率は約330倍だったそうだ。

傍聴券を求めて並んでいた人ってほとんどが、雑誌やテレビのメディアの人らしい。
通常は、アルバイトを大量に雇い、並ばせて傍聴券をゲットして
譲り受けた傍聴券で記者が傍聴するらしいんだけど、
昨日はリストバンドだったから、受け渡しが出来なかったという。
メディアも苦労があっただろう。会社の関係者をかき集めて並ばせたりしたそうだ。
たまたま当選した人が、能力のない人だったりしたら、損失だよね。
記事にならないよ。

他の裁判では、傍聴券ダフ屋なんていう商売も出没するらしい。
もし昨日の傍聴券が売れるなら30万円くらいの価値はあるだろう。
ちなみに、傍聴券のダフ屋行為は犯罪とのこと。

それにしてもたった20席の一般傍聴席って少なすぎますね。
コンサート会場で裁判やって、チケット一万円で傍聴人を一万人入れちゃえば
一億円の収益だ。
そんでもってテレビ放映権を3億円で売る。イベント屋が一億円持っていくとして、
3億円は、純利益。その収益金を覚せい剤撲滅のために役立てる、なんてどう。

不謹慎なアイデアで、どうもすいません。
もちろん、裁判は厳粛に行われなくては、いけませんけどね。
[PR]
by papanamida | 2009-10-27 12:09

13万円の電気自動車

昨晩のNHKスペシャル「自動車革命」の二回目を観た。インパクトのある内容だった。

番組の説明は、
「世界各地で同時多発的に勃興する電気自動車メーカーの動きと、
電気自動車に社運をかける日本メーカー日産の最前線の動きに密着」とある。

ガソリン車が登場して、約100年、進化を遂げた自動車。
しかし今、ガソリン車に代わり電気自動車に本格的に移行する時代らしい。
それが「自動車革命」。

特に衝撃的だったのは、中国の農村の町工場が、電気自動車を開発、13万円くらいで、売り出していること。
なんだか、デザインも悪くて、時速40キロしか出ないというが、中国の田舎では爆発的に売れるに違いない。
今後は、そんな小さな会社がヨーロッパに進出していくそうだ。
現実に、インドの電気自動車がイギリスでは、結構売れているという。
イギリスでは、電気自動車ならば税金免除、社会的優遇制度が後押ししている。

一方アメリカでは「グリーンニューディール」を推進するオバマ政権のもと、いろいろなことが起こっている。
シリコンバレーのIT企業を中心に、電気自動車をエネルギー蓄電装置として活用し家々を結んで、
「エネルギーの産業革命」を起こそうとしている。
それが実現化すると、大掛かりな発電システムや送電システムが不要になってくるらしい。

日本の「日産」は、再来年電気自動車を量産して世界を席巻するもくろみがある。
ハイブリッドカーでトヨタに先に越された汚名を挽回する意地もあるだろう。

多分10年後は、街を走る車の80パーセントは、電気自動車になるに違いない。
今まで、ガソリンエンジンの開発を専門としてきた技術者たちは、行き場をなくしてしまうだろう。
裾野の広い自動車産業、犠牲になる人の数は計り知れない。
日本の産業を支えてきた自動車業界、大きな変革をしないと生き残れない。

あーー、怖い、怖い、グローバル化と技術革新で、不幸になる人々もいるんだよね。
明日はわが身、世の中に遅れないように、アンテナ張っていないとヤバイかも、ね。



 
[PR]
by papanamida | 2009-10-26 12:51

初めて行ったコンサート

初めて行ったコンサートについて。

小学校4年生の時、私は近所のお兄さんにビートルズを聞かされ、全身シビレテ、ビートルズファンになった。
そのことを親戚の叔父さんに告げたら、外人バンドのコンサートに姉と2人、連れて行ってくれることとなった。
その叔父さんは、音楽好きで大きなステレオを持っていた。

小学4年の私「なんというバンドなの?」
叔父さん「ビージーズっていうんだよ」
私「なんだか、ビートルズを真似したような名前だね」
叔父さん「でも、けっこう有名なんだよ」


ということで、私は「ビートルズのニセバンドかあ、まあいいか」というような思いで、
横浜から新宿の厚生年金会館まで姉と2人で行くことにした。
叔父さんは、東京の会社に勤めていたから、新宿の小田急の改札で待ち合わせしたことを覚えている。
夕刻の新宿は、37年前も大混雑で、横浜の片田舎から出てきた姉と弟は、足早に歩く人々に圧倒された。

幸いにも待ち合わせは、うまく行き、叔父さんとタクシーで厚生会館へ。
会場では、私らみたいな子どもは見かけなかったなあ。
赤い絨毯が、敷き詰められていたような高級な感じがした。

ビージーズは、コーラスが上手で、数曲は耳に馴染んだ曲もあった。
たぶん今考えれば「小さな恋のメロディー」のテーマ曲「メロディフェア」だったんだろう。
英語のMCは、カッコいいんだけどチンプンカンプン。

当時の私は、激しいロックが好きだったから、コーラスが主体のビージーズは少し物足りない感じがした。
それでも初めて観る外タレだ。多少の興奮はあった。

その4年後くらいかなあ。
ビージーズは映画「サタディナイトフィーバー」の音楽が大ヒットして、超大物になった。
「ステイン・アライブ」とか覚えている人も多いでしょう。あのアルバムは大好きだったなあ。

ビージーズのコンサートに連れて行ってくれた親切な叔父さんは、今から10年ほど前、病に倒れ亡くなった。
子どもだった姪と甥を、わざわざ本格的コンサート連れて行ってくれた叔父さん。
そのことについて、私は一度も「あのコンサート、連れて行ってくれてありがとう」と告げた思い出がない。

なんか、これを書きながら、とっても申し訳ない気持ちになってきた。
天国でこのメール読めるのならば、
「勇おじさん、不義理しまして、ごめんなさい。ビージーズ、けっこうよかったよ」
[PR]
by papanamida | 2009-10-24 20:45

桑田佳祐さん、天才!!!

「一人紅白歌合戦」というのをご存知ですか?
桑田佳祐さんが昨年の暮れ、一人で紅白歌合戦のパロディで歌いまくったコンサート。

噂には、聞いていたが、観るまでは興味が沸かなかった。
だって、洋楽なら面白いだろうけど、日本の歌謡曲中心じゃあ、つまんなそう。

しかしですよ。感動するほど素晴らしいものだった。DVDを知人から頂いて観たのですよ。

3時間15分あまり、桑田一人で男性女性の歌謡曲、フォーク、演歌を継いでいく。その数、全61曲!

エンターテイナーとしての桑田佳祐の才能。どんな曲でも歌いこなしてしまう。天才としか、言いようがない。

そして、歌謡曲ひとつひとつが、桑田が歌うと、感動の名曲になる。日本の曲ってこんなに素晴らしいのか、と思わせます。

曲目を下に記します。感動したものを太い文字にしておきますね。
DVD発売されていますよ。またはYOUTUBEで観てみてください。

<ひとり紅白歌合戦・全曲目>

第1部[紅白ベテラン対決]

01 サン・トワ・マミー(1966)越路吹雪
02 青い山脈(1949)藤山一郎
03 コーヒー・ルンバ(1961)西田佐知子
04 上を向いてあるこう(1961)坂本九

第2部[GSvs恋と涙と太陽対決]

05 君だけに愛を(1968)ザ・タイガーズ
06 恋の季節(1968)ピンキーとキラーズ
07 君に会いたい(1967)ザ・ジャガーズ
08 恋のハレルヤ(1967)黛ジュン
09 ブルー・シャトー(1967)ジャッキー吉川とブルーコメッツ
10 太陽は泣いている(1968)いしだあゆみ
11 風が泣いている(1966)ザ・スパイダーズ
12 夕陽が泣いている(1966)ザ・スパイダーズ
13 真っ赤な太陽(1967)美空ひばり

第3部[フォークソング&ニュー・ミュージック対決]

14 学生街の喫茶店(1972)GARO
15 五番街のマリーへ(1973)ペドロ&カプリシャス
16 心の旅(1973)チューリップ
17 あの日にかえりたい(1975)荒井由美
18 さよならをするために(1972)ビリー・バンバン
19 シルエット・ロマンス(1981)大橋純子
20 ルビーの指輪(1981)寺尾聡
21 時代(1975)中島みゆき



第4部[歌謡曲フルバン&レビュー対決]

22 いいじゃないの幸せならば(1968)佐良直美
23 さらば恋人(1971)堺正章
24 経験(1970)辺見マリ
25 空に太陽がある限り(1971)にしきのあきら
26 終着駅(1971)奥村チヨ
27 長崎は今日も雨だった(1969)内山田洋とクール・ファイブ
28 他人の関係(1973)金井克子

29 君といつまでも(1965)加山雄三

第5部[クレージーキャッツ&ザ・ピーナッツメドレー対決]

30 だまって俺について来い(1964)ハナ肇とクレージーキャッツ
31 ツーダラ節(1961)ハナ肇とクレージーキャッツ
32 ハイそれまでよ(1962)ハナ肇とクレージーキャッツ

33 ふりむかないで(1962)ザ・ピーナッツ
34 可愛い花(1959)ザ・ピーナッツ
35 情熱の花(1959)ザ・ピーナッツ
36 恋のフーガ(1967)ザ・ピーナッツ
37 恋のバカンス(1963)ザ・ピーナッツ

第6部[????]

38 LOVE LOVE LOVE(1995)DREAMS COME TRUE
39 ロビンソン(1995)スピッツ

第7部[歌謡曲フルバン&レビュー対決Part2]

40 襟裳岬(1974)森進一
41 舟歌(1979)八代亜紀

42 SWEET MEMORIES(1983)松田聖子
43 3年目の浮気(1982)ヒロシ&ハラボー
44 いい日旅立ち(1978)山口百恵

45 現代東京奇譚(2007)桑田佳祐
46 少女A(1982)中森明菜
47 愚か者(1987)近藤真彦
48 狙いうち(1973)山本リンダ
49 情熱の嵐(1973)西城秀樹
50 渚のシンドバット(1977)ピンク・レディー
51 勝手にしやがれ(1977)沢田研二
52 キューティーハニー(2004)倖田來未
53 GOLDFINGER'99(1999)郷ひろみ

第8部[いよいよ大詰め!!ゆく年くる年対決]

54 時の流れに身をまかせ(1986)テレサ・テン
55 涙そうそう(2000)BEGIN
56 もらい泣き(2002)一青窈
57 タイガー&ドラゴン(2002)CRAZY KEN BAND
58 ラブ・イズ・オーヴァー(1982)欧陽菲菲
59 また逢う日まで(1971)尾崎紀世彦

60 魅せられて(1979)ジュディ・オング
61 あの鐘を鳴らすのはあなた(1972)和田アキ子

ともかく素晴らしいものでしたよ。
[PR]
by papanamida | 2009-10-23 22:10

めんどくせいガキ

昨日、我が娘・息子の通う中学校の合唱会があった。
わざわざ市民ホールを借りて行う、ちょいと本格的なものだ。

a0134371_1914576.jpg


それにしても皆、真面目に、優等生的な曲を歌う。なかなか上手だった。
この中学は、私の卒業した母校である。それだから、色々思い出してしまった。

まず、当時はこんな優等生的な選曲ではなかった。
自由に生徒が曲を選んでいたからだ。クラスでの多数決だった。
当時、イベント好きで目立とう精神旺盛な私は、合唱会の選曲にもいろいろと画策した。
優等生的な曲は、なんとしても避けたかった私。吉田拓郎の「落陽」を候補曲とし、
事前にカセットテープでクラス皆に聞かせ、いかにカッコいい曲であるかをアピール。
ちなみに、ちょっとロックっぽい、いい曲なのですよ。


そしてクラス会で、私の狙いどおり「落陽」に決定。
しかし、その曲の歌詞が、教師たちの間で大問題となる。
歌詞の一部をここに記す。
「女や酒よりサイコロ好きで、すってんてんのあのじいさん」
「サイコロころがし、アリ金なくしフーテン暮らしのあのじいさん」

実は、賭博のことがところどころに出ている歌詞なのですよ。
この歌詞を中学生が、コーラスで歌うというのも、最高に笑えますね。
当時は、歌詞なんてどうでもよかったのね。曲が好きだった。

教師たちは、込山が主導して「落陽」に決まったということが知れていて、
私は教師と対決することになってしまうのですよ。

教師「込山君、この曲は中学生にはふさわしくない。問題がある」
私「多数決で、僕たち生徒が決めたんだから、いいじゃないですか」
教師「学校は、教育の場所だ。この曲はイカン」
私「だめです。民主主義は大事なことです」

しばらくこんな押し問答が続いた後、この教師、妥協案を持ち出してきた。

教師「それでは、込山君、この2番の歌詞だけは、やめなさい」
私「しかたないですね。2番の歌詞をやめて、一番の歌詞を繰り返します」

(2番の歌詞は「女や酒よりサイコロ好きで、すってんてんのあのじいさん」というもの。)

というような会話で、生意気な中学生、込山と社会主義思想の強い40歳の教師との戦いは
妥協点を見つけたのだった。
その担任教師は、日ごろから「民主主義は大切だ。大切だ」と唱えていたからね。
生徒の自主決定を高圧的に潰すという暴挙に踏み切れなかったんだな。
しかし、その後、この選曲については右翼思想をもった数学の教師が相当に怒っていたそうだ。

私がこの曲にこだわったのは、途中にギターソロがあるからだった。
そこを私は、エレキでソロをして生徒たちのドギモを抜こうと策略していた。
どこまでも目立とう精神の私。当時、私が崇拝していたのは、ハードロックバンド「ディープパープル」の「リッチーブラックモア」だったからね。
エレキに火をつけたりぶっ壊したり、過激なギタリストだ。

放課後、合唱会の練習に私はエレキを持ち込んだ。
そんで、友人をフォークギターで伴奏してもらい、私はエレキでソロを弾いた。
当時は、エレキを初めて見る生徒も多くて、皆が、スゲエスゲエと集まってきた。
そこで私は、ギュイーーーンっとカッコつけてエレキ弾いたわけですわ。

そしたら、そのことが教師の耳に入り、またまた大問題。私は、教師に怒られることに。

教師「学校にエレキを持ってきてはイカン」
私「これは、合唱曲のソロの演奏に必要なものなんです
  他のクラスは、バイオリンのソロをやる人もいるじゃないですか。
  バイオリンはOKでエレキがダメっていう理屈がわかりません」
教師「エレキは不良の楽器だ。教育の場に持ち込むのは許さない」
私「納得、できません」

「エレキは不良の楽器」っていうのは、50歳以上の人ならしばしば耳にした言葉ですよね。
それにしても話は平行線。結局、しかたなくフォークギターにマイク突っ込んで演奏することに、私は妥協せざる得なかった。
教師からしたら込山は「めんどくせえガキ」だったんだろうな。

そんでもって、合唱会当日。
我がクラスは、教師、保護者、全校生徒の前で、「落陽」を歌ったのですよ。
賭博の歌を生徒が大合唱!!!!!! 教師たちは苦々しく見ていたに違いない。

我クラスの演奏はまあまあだったと思うが、優勝は出来なかった。
そりゃあ、そうだよね。審査するのは教師たちだもんね。
優勝したのは、井上揚水の「心もよう」を歌ったクラスだった。
その選曲は、教師受けする曲だなあ。

「めんどくせいガキ」は、その次の年の合唱会でも教師と対立してしまったのです。
そのことは、今度書くとして。

自分の思春期を思い返すと、相当「破天荒」な行動が現れているのだな。

やっぱり、自分は相当変な人間なんだなあ、と最近よく思うのです。

YouTubeなどで、「吉田拓郎」 「落陽」って入れて見てみて。とってもかっこいいのよ。
[PR]
by papanamida | 2009-10-22 19:03

あゆの恋は実った。

「障害はブランド」
という言葉で、仕事とおしゃれと恋に生き生きと生きる女性、すがやあゆみさん。
5年ほど前に、「ザ・ノンフィクション」で「あゆの恋」と題し、彼女の恋と失恋を追いかけ、放送しました。
「障害があっても、恋愛はあきらめない!!」という姿が印象的でした。

今は、優しい男性と結婚されていています。(左の方)

またまた今、彼女を追いかけています。結婚までのいきさつや現在の生活などなど。

積極的に生きていれば、恋のチャンスも生まれるものなのね。
独身の方は、頑張って人生のパートナー見つけないとね。
a0134371_102062.jpg

[PR]
by papanamida | 2009-10-21 10:02