ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北京の美人

「民主党圧勝!!」とのことで、そのニュースには皆さん飽き飽きだと思いますので、
ここでは、北京の美人で癒されていただきましょう。

a0134371_23141595.jpg


私が北京で付き合っている恋人!?
んなわけありまへん。モデルさんです。
北京で活躍する日本人ヘアーデザイナー朝倉さんのファッションショーの裏舞台です。
経済が豊かになれば当然、ファッション熱も上がってくるわけね。
[PR]
by papanamida | 2009-08-31 23:24

北京2009

オリンピックから一年が経った北京に取材で、一週間行ってきましたよ。
中国ではなぜか、私のブログとHPが閲覧できない状態になっているのですよ。
一度中国野菜の危なさについて書いたからかも。さすが統制国家!
だから帰国後にこれを書くことにします。

世界が不況で、あえいでいる中、中国はそれほどのダメージを受けていないという。
国民の消費意欲はますます上がり続けている。
13億人の一割が富裕層っていうんだから、日本の人口くらいが金持ちだそう。
そのまた一割くらいは、超大金持ちですわ。
北京の町には、ベンツ、ポルシェ、レクサスが走り回っているよ。
でもその脇で、ホームレス的な人が、うずくまっているのだけれどね。

三里屯という、北京の六本木のようなところ、「ユニクロ」が超目立っていましたよ。
値段は日本とほぼ同じ位。結構売れていました。

a0134371_13392240.jpg


赤ちゃんと一緒に街中移動。クラクションを鳴らされまくっていた。

a0134371_13422112.jpg


ともかく町全体がエネルギッシュ!
起業して、中国で夢を叶えようとする日本人に何人も会いました。
それもみんな30歳くらいの人たち。
おしゃれなパン屋、ヒップホップのダンス教室、日本的なヘアーサロン、設計技師。
中国より、進んでいるジャパンカルチャーを武器に一儲けを狙っている。まるでゴールドラッシュよ。
そんでもってみんな、目が生き生きしているよ。
やる気のアル日本人は、こうやって中国で頑張っているのやなあ。

13億の市場は、ドデカイからね。
日本は安売り戦争で、ビジネス始めるには魅力ないからね。

まあ、これから少しずつ中国北京レポートしますね。
[PR]
by papanamida | 2009-08-30 13:56

江戸の名残り

a0134371_0224776.jpg


栃木県の山の近くを散歩していたら、こんな不思議な店に出くわしました。
古風な佇まい。 「山くじら」の店。果たして「山くじら」とは?

さてさてさて。

「山くじら」とはどうやら牛肉のことらしいのです。多分、獣の肉を食べることがタブーとされていた江戸時代、
「牛」を「山のくじら」と誤魔化して食べていたことの名残りなのでしょう。

今でも「うさぎ」を一羽、二羽という単位で数えるのも、かつて「うさぎ」を食べていることを隠すため、
鶏の単位で数えたという名残りと聞いたことがあるし。
昔の人も誤魔化しながら、隠れてうまいものを食べていたのだな。

それにしても、この店、変な店ですよね。
実は、日光江戸村の中の店でした!
ここでは牛丼を出していましたよ。

追記
「山くじら」とは猪肉のことであるとの情報もありました。
[PR]
by papanamida | 2009-08-23 00:35

映像工房の変革

先日、フジテレビで
「ザ・ノンフィクション」の500回記念パーティーがあり出席させていただきました。
500回とは凄いことです。放送当初より番組に関係させていただき、感謝です。

テレビドキュメンタリーを支える優秀なスタッフが沢山おりまして、懐かしい方々とお会いすることも出来ました。
そこで私が、何人かの人々から受ける質問は
「込山さんは、どうゆう編集の仕方しているの?」というもの。
私は、10年前には、普通に行われていた編集システム(パソコンを使わない)を堅持しており、そのことを告げると皆、いちおうに口をそろえて
「それは止めたほうがいい。Macでやればすごく楽ですよ」と言う。
「マクドナルドで編集すると、そんなにいいのですか?」と言うと、そうではなく、Macのパソコンを使えということらしい。
私も実は、6年ほど前、Macを購入。パソコン編集を始めたのだが、パソコンの性能に私の能力がついていけず、あきらめてしまった。要するにパソコンオンチな訳ですよ。

でも皆は言う。
「ハイビジョンもそのまま編集できるのですよ。すごいのですよ。はやく乗り換えないと損ですよ」と、皆がMacのセールスマンのよう。
「マシーンそろえるのにいくら位かかるのよ?」と尋ねると
「50万円くらいですよ。編集室のレンタル料金を格段に下げることもつながるから、製作費のコストダウンに繋がるんですよ!!すぐに元は取れますよ!!」とこれまた熱心。
「今は取材現場にノートパソコンを持ち込み、そこで編集してネットでテレビ局に送りそのまま放送なんていうのも、アリですよ」などとまくし立てる。

「Macにしろ、パソコン編集にしろ」とドキュメンタリーの先輩、後輩から言われ続け、私も決断の時がきたのです。

a0134371_11491338.jpg


Macやってきましたよ。ドドーンと私の映像工房に鎮座なされましたよ。
ちなみに、奥の地球が映っているのがMacね。

早く使いこなすように頑張って、Macをマクドナルドと勘違いしないようになろうっと。
[PR]
by papanamida | 2009-08-18 11:58

のんき畑報告8.9

私が今年の4月から始めた「のんき畑」。
素人のいいかげんな野菜作りなのですが、生意気にもスイカに挑戦したのでした。
そして本日、ナユタにせがまれて、唯一実をつけたスイカを収穫。
恐る恐る包丁を入れると、真っ赤な果肉がみずみずしいじゃないですか!
すばらしい!!普通のスイカだ。食べてみても普通のスイカだ。うまい!!
a0134371_2158233.jpg

骨折少年ナユタも満足。テキトーに育てたのに、こんなスイカが出来るとは!!。
この夏、忘れられない味です。
a0134371_21583081.jpg

トウモロコシも先日収穫。ミテクレはイマイチなのだが、味は絶品でした。
a0134371_2261583.jpg

ほかの人の畑にはカラス被害がでていまして、その防御策としてこんなものが、
飾られていました。
a0134371_2272266.jpg

カラスの死体をビニール袋に入れて、地上4メートル位のところに吊るしているのです。
「おい、カラスども、お前らもこんな風になるから近づくんじゃねーぞ!!」
脅しとる訳です。多分、畑の地主さんのアイデアでしょう。
夕刻、カラスの死体がぶらぶらと風に吹かれ揺られている姿は、
この季節には、なかなか涼しさを誘うものです。
死体を見世物にするというのは、イスラム過激派の公開処刑のようなもので、
結構、衝撃的でございます。

そんな素敵な風景の中、私の「のんき畑」の作物は元気に育っているわけです。
[PR]
by papanamida | 2009-08-09 22:10

麻薬騒ぎ。

麻薬薬物がらみの事件で、テレビ、マスコミが盛り上がっているねえ。
レポーターたちは水を得た魚のように、浮き足立っている。
かつてのアイドルが、ズブズブと地の底に落ちていくさまを
テレビというメディアは「リアルなエンターテイメント」として視聴者に届ける。
いやいや不謹慎な言い方でスイマセン。

「酒井法子容疑者」って言葉は、確かに、スゴイよね。 
「押尾学容疑者」
という言葉は、なんだかしっくり耳に馴染むのだが、
ノリピーのあの優しそうなかわいらしい顔に「酒井法子容疑者」という言葉のアンバランスは、
そうとうにインパクトある。

子どもがいるのに、麻薬を常用していたなんて、どうしようもない連中だよね。
子どもかわいそう。

麻薬がらみの話ですが・・・・。
うちの愛犬トイプードルの「ムミちゃん」を買ったときの話です。

ある日、新聞にペットショップオープンのチラシが入っていました。
コーヒーカップにチョコンと入った、ティーカッププードルの写真が、なんとも愛らしい。
その姿に魅了され、私は家族を連れて、横浜繁華街にあるその店に向かいました。

狭い店内には、子犬がたくさん。気になった子犬は店員さんがケースから出して抱かせてくれる。
店員さんは、なんだか不思議なのだが、ホストのような感じの人たち。
応対も水商売っぽいんだよな、なんとなく。

ティーカッププードルはなんと40万円!!。
当然買う気などはない。
子どもと妻は、トイプードルを抱かせてもらう。
そして、目はトロトロ。「かわいいかわいい。つれて帰りたい」という感じ。

しかたなし、私はトイプードル衝動買いに踏み切る。
値段は、ティーカップの5分の一。大きさは3倍。
食肉なら、お得なはずだが、ペットは逆なのだ。

そして勘定をするとき、オープン祝いの花束が飾られているのが目に留まった。

その送り主の名前が迫力満点。有名人なのよ。
 「清水健太郎」 「桑名正博」。

あれれれれ、この二人の共通点って麻薬・大麻で逮捕されたことやん。
なんだか、不思議なペットショップだなあ。
怪しげだなあ。

うちのムミちゃんは、こんな素敵なショップから、買われてきたのです。

今のところ、ムミちゃんは、麻薬の禁断症状を起こすこともありません。

ちなみに「清水健太郎」の歌「失恋レストラン」も良かったし、
山田太一ドラマ「男たちの旅路」での役者ぶりも好きでしたよ。
何度も何度も大麻で逮捕される姿が印象的な方ですね。

「桑名正博」の曲「セクシャルバイオレット」も良かったよ。
関西ロックの乗りもいい感じな方。

井上陽水もかつて、大麻で捕まったよね。
ポール・マッカトニーも来日したとき、大麻が見つかって強制送還。

いろいろ麻薬と大麻がらみは、ありますね。

皆さん、気をつけてください、
というか、絶対やらないでください。


a0134371_031369.jpg


酒井ノリピーの素敵なポスター見つけました。
[PR]
by papanamida | 2009-08-07 15:29