ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フジテレビの「ザ・ノンフィクション」という番組があるのです。
日曜の午後1時45分から放送しています。
私はかれこれ、その番組に10年以上、
関わらせて頂いております。

その中で、「われら百姓家族」
というシリーズがあります。
兵庫の山村で、父親一人と子ども六人が、
自給自足の生活を長期間取材したものです。

取材を始めたのは1998年。
放送したのは、合計7回。(深夜のNONFIX一回含む)

子どもたちが成長する姿を丹念に追いかけ、
結構反響もありました。
最後に放送したのが、3年前かな。

先週、兵庫の山奥に、カメラマンの甲斐さんと一緒に
様子を伺ってきました。

夏の日差しの照りつける中、
みんな元気に農作業していました。
本当は、いろいろあるのだけれど、
それは今度番組で。

驚いたのは三男のユキトくん。
迫力ある彫り物を、田んぼの前で見せてくれました。

a0134371_22402132.jpg

以前、役者になりたいと、東京の大手プロダクションの研究生
もしていましたが、夢挫折。
今は、酒作りをしているそう。
刺青入れても、ヤーさんとは無関係ですので、念のため。
[PR]
by papanamida | 2009-07-27 22:42

のんき畑報告7.21

私が趣味で耕している9坪の畑を「のんき畑」と言います。
今年の四月から始めた初心者百姓なわけですが、
それなりにいろいろ収穫できておるのです。

小カブ、インゲン、カボチャ、ししとう、唐辛子、ミニトマト、
イタリアントマト、ナス、キュウリ、オクラ、サニーレタス、
などを今まで収穫し、結構美味しく頂きました。
a0134371_1423416.jpg


これから楽しみに収穫を待っているのが、
スイカ、とうもろこし、大根、枝豆、サツマイモ、などです。
こんな小さなスイカくんなのに、キチンと緑の模様があってかわいいですよ。
a0134371_1431328.jpg


本当に計画性のなくズボラな私なのですが、
こんなに収穫できるなんて、
太陽と水と土と二酸化炭素に感謝せざる得ません。
子育ては、自分の思ったようにならないのですが、
野菜くんたちは案外と、素直にすくすくと育つものです。

[PR]
by papanamida | 2009-07-21 01:55

アンズジャム

先週、スーパーで、美しい橙色のアンズが売られていた。
アンズの季節は短い。アンズは、生で食べると酸っぱすぎる。
そうだ!アンズジャムを作りろうと思い立った。
2パック購入。
ざく切りにして、砂糖を加えて煮詰めてみた。
最後にレモンを加えたら、
くすんだ色から、くっきりした橙色に変化した。

酸味がきいていて、すごく美味しいジャムができました。
もちろん無添加だよ。

a0134371_11182037.jpg
[PR]
by papanamida | 2009-07-20 11:21

乗り遅れのドーナッツ

流行りモノは、好きではない。
ブランド物を身につけても似合うはずもない。

人気店に並んで、ラーメン食べたりするのも苦手だ。
そこまでして食べても感動しない、とわかっている。

そんな私ですが、一年ほど前、有楽町の駅ビルの地下で行列を見かけた。
200人以上が並ぶ先には一軒のドーナツ屋。
そうです。

「クリスピークリームドーナッツ」http://krispykreme.jp/index.html
なんだか、一瞬にして食べたくなった。
実は結構私は甘いもの好きなんです。
「古きよきアメリカ」をイメージさせるロゴも素敵な感じ。

でも200人の列に並ぶ気はしない。一時間待ちとのことである。
その時は、あきらめた。
その後街角で、「クリスピークリームドーナッツ」の箱を
持って歩くレディーを見るにつけ、
どんなに、美味しいものなのだろうと、うらやましい気がした。

昨日、取材で立川へ訪れました。

そして、偶然。
「クリスピークリームドーナッツ」を発見!!

それもほとんど並んでいない!!
そっそく店内へ。

そしてその場で2つのドーナツを注文、ひとつおまけで全部で3つ。
そんでもって、箱入りのおみあげ2セット3200円を注文!!
やった!!やった!!初体験だあ。

そしてオゴソカに、食しました。

パクッ。

うん? これが、あの気になっていたドーナツ?
数百人が並ぶというドーナツ?
ありゃ、ありゃ。シュワシュワとやわらかいから、
スグに一個食べ終わる。
甘い。甘すぎる。アメリカの甘さだ。ストレートに甘い。
エルビス・プレスリーが中毒になったのもこの甘さだ。
そういえば、プレスリーの大好物がドーナツだった。

ブラックのアイスコーヒーで甘さを中和させながら、
3つのドーナツを完食した。
うーーーん。
感想は?と訊かれたら、「まずくない。軽い。甘い。以上」
っな感じか。

なお家族には大好評で、みんな、うまいうまいと
パクパク食べていたよ。


a0134371_21214992.jpg

[PR]
by papanamida | 2009-07-18 21:26

なゆた、トホホの夏休み

今日、子どもたちは終業式。明日からは待ちに待った夏休み。
ナユタとサエは海に連れて行ってと、一ヶ月ほど前から、せがんでいる。
うちの、行きつけの海は、葉山の一色海岸。
のんびりした静かなビーチ。水がきれい。魚も泳いでいる。
私にとっても、子どもたちと海に行くのは、楽しみなこと。

それなのに!!

ナユタが本日、木登り中に、誰かに足を引っ張られ、
木から落ちた。サルも木から落ちたってことだ。
そしたら左手骨折だってさあ。
ギプスしちゃったから、着替えも、手伝わないとできない状態。
あああ。プールも海も当分お預けだな。トホホホホ・・・・・。
右手は使えるんだから、宿題はできるのが幸いだな。

a0134371_22472860.jpg
先週は、空手の進級試験だったのですが・・・。
a0134371_22483223.jpg
[PR]
by papanamida | 2009-07-17 22:53
数日前、こんな事件ありましたよね。

さいたま市の盆栽園の盆栽に薬剤のようなものがまかれ、
盆栽4点(評価額計5200万円)を含む約30点の葉が枯れたり、
茶色に変色したりする被害が出ていることが14日、わかった。
市は2007年12月、栃木県下野市の「高木盆栽美術館」から、
盆栽100点と盆栽の器類を計5億円で購入した。
市は10年3月、北区に「大宮盆栽美術館」をオープンさせる予定で、
それまでの間、同区内の七つの盆栽園に盆栽100点の育成管理を委託。
この盆栽園には、12点を委託していた。


この事件で、びっくりしたのは、盆栽4点で5200万円、今まで5億円、
税金使ってさいたま市が盆栽を買っていたということ。
1000万円を超える盆栽を、
血税でホイホイと買っている役人達を
私は「アホか!!」と言いたい。


「大宮盆栽美術館」をどれほど市民が望んでいるものなのか、疑問。
まして盆栽の金額設定が怪しい。
美術品と同じで、要するに言い値。時価というわけだ。
掘り下げていくと行政と業者の「怪しい関係」が浮かび上がってくるはずだ。

さいたま市は、お金が余って余って使い道に困っているのだろう。
だったらさあ、
有り余った税金は
「現金で」市民に還元させるシステムを
作るべきだと思うね。


さいたま市民も、怒ってほしいね。
[PR]
by papanamida | 2009-07-16 12:13

村上春樹1Q84

村上春樹の「1Q84」が、すごく売れているようですね。私はまだ読んでいませんが。
村上春樹は世界的に有名な作家になってるそうですね。

そういえば、8年位前に上海の書店を取材したとき、若い人が、
中国語に翻訳された春樹の本をむさぼり立ち読みしていましたよ。
そうとう中国では人気の作家らしい。
今日、ラジオ聞いていたら、ある大学教授が分析していた。

「ある程度、資本主義が根ざし、物質的に豊かになると村上春樹の小説がヒットする」と。
確かに、あの浮遊感や童話的でありながら、奥が深そうな文体を読んで気持ちいいと思うのは、
余裕がないとできないかもね。

私は、学生時代「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」
「ノルウェイの森」あたりは、読みました。読んでる時が気持ちいい。そんな本だった。
「1973年のピンボール」は、なんだか好きだった。双子の女の子の表現が素敵だった。
その後は、ほとんど読んでいないなあ。

私は読解力が乏しいからか、「奥の深い部分」が伝わってこないのかなあ。
もっと知的な能力がないと春樹さんの考えが、わからないのかもしれません。

春樹さんは、イスラエルで受賞スピーチで、イスラエルの行為を批判的に語ったけれども、
勇気あるすばらしい態度だ。なかなか言えないことだ。
時間があったら、「1Q84」を読んでみたいとおもう。
[PR]
by papanamida | 2009-07-11 21:39

ほうずき

a0134371_20573915.jpg


取材先からほうずきをもらいました。
子どもたちは興味津々。
子どものころ、母から遊び方を教えてもらったなあ。
確かクチュクチュするんだよね。
ナユタに教えたんだけど、うまくいかない。

[PR]
by papanamida | 2009-07-10 21:03

映像編集機が故障。

学生時代、将来の仕事について、思い描いたとき、絶対に譲れないことがあった。
それは、満員電車通勤をしたくない、ということだった。

番組制作の会社に一時的に所属したときを除けば、
この20年以上、幸いなことに、満員電車通勤とは無縁だ。
だから、冤罪による痴漢の汚名を被ったこともない。 ふーーーよかった。
最近、怪しいオジサン風体に磨きがかかり、アブナイアブナイ。

さて、この数年、番組の編集も自宅で行っている。
番組の打ち合わせや、撮影で外出する日以外は、案外と在宅している。
編集しなければならない大量のテープがあるので、
ツナイデモ、ツナイデモ、終わらない。

そんな映像編集の日々なのだが、今日、長年愛用しているビデオ編集機の
調子が悪くなった。クリーニングテープで何度も、掃除しても画像が乱れる。
困った困った。
RCサクセションの「雨上がりの夜空に」の歌詞
「どうしたんだ、ヘヘイベイビー、バッテリーはビンビンだぜ!
 いつものように、きめてぶっとばそうぜ!!」って歌いだしたい気持ちだ。

とりあえず、パナソニックの修理窓口まで、車を飛ばして、出してきたよ。
修理には、たぶん2週間はかかるかな。
ああああ、編集機がないと、暇でおちつかないなあ。

どうでもいいことなんだけど、
この編集機の一番、すごいところを、お教えいたします。じゃーん。
じつは、江口洋介さんのサイン入りですよ。
「パパの涙で子は育つ」のドラマ撮影のとき、
この編集機を小道具にして、江口さんが使ったのです。
その時、江口さんが、サインしてくださったのよ。
一番喜んだのが、うちの妻。江口さんのファンだそうで・・・・・。

今はほとんどのディレクターは、パソコンで編集する時代なのね。
でも、なんだか私は、少し時代遅れでして・・・・、テープ編集しているわけでして・・・。
「そんな編集しているなんて、非能率的だ。ダサい」って、
何人もの業界人に言われ続けているのですよ。
私の編集スタイルが、自分なりに、いいと思っているから続けているのですが・・・。

そろそろパソコン編集に切り替えようかなって実は、思っています。
それとも、シーラカンス頑固ディレクターで通そうかなあ・・・・・・。
迷うなあ・・・・。
[PR]
by papanamida | 2009-07-10 00:55

BBQ

a0134371_1234977.jpg


数日前、バーベキューコンロを購入。
それまでは、庭にレンガを積んでカマドを作ってそこで煮炊きしていたが、
だらしない私は草刈をしないもので、雑草に覆われてしまった。
バーベキューコンロがあれば手軽に野外料理ができるから、うれしい。

買ってきたその日にナユタの友達が、やってきてBBQしたいっていうから、
鶏肉を買ってきて、焼いてあげたよ。
下味はコチジャンにつけ、ピリ辛にしたもんだから子どもたちは、
ヒーヒーいいながらも、うまいうまいと食べていたよ。

「ナユタのパパ、アクエリアスかなんかないの?」ってきくから、
「うちはそんなものない!水道の水を飲みな!」って答えた。
近頃の子どもは水道水を飲むのも抵抗あるらしい。贅沢なこった。
蛇口を捻って飲料水が出てくる国なんて、世界中さがしても、他ないよ。
すごいことなんだよ、って教えようとおもったが、やめた。

夕食は、牛肉買ってきて家族で食べることに。
細かくサシの入った国産ステーキ肉は、ひとつ980円。家族五人で焼くと約5000円か。
たしかに、うまそうだ。
しかし、けちけちな私は、それを買わずに、6枚1980円のアメリカ牛に。
こうゆう行動が、男気がない。情けない。と自分をからかいたくなる。

そして、ジュウジュウと焼きました。
炭火で焼くと、網目が肉に刻印され、おいしそうなミテクレだけは伝わってくる。
でもさすがは、アメリカン、噛んでも噛んでもコクが出てこず、無感動な牛肉。
私はワイルドなカーボーイになったように、肉に食らいつくが・・・・噛み切れない。トホホ・・・・。

それでも、家族は、こんな牛肉でも「うまいうまい」と言って満足げ。
美味しさの偏差値が低く設定されていると、いいこともあるのね。

庭で煙モクモクさせて食べるバーベキューの時は、家族五人、なんとなく楽しげだから、よしとする。

陽がとっぷりと暮れ、炭は、トロトロと朱色をたたえ、それをジッとみていると、
なんか人生を振り返りたくなってくる。

シングルパパの時、庭で焚き火しながら二人の子供と、夕食作ったなあ。
あの、切ない楽しさ。子どもたちは憶えてくれているのかな。
[PR]
by papanamida | 2009-07-08 12:37