ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

映像編集機が故障。

学生時代、将来の仕事について、思い描いたとき、絶対に譲れないことがあった。
それは、満員電車通勤をしたくない、ということだった。

番組制作の会社に一時的に所属したときを除けば、
この20年以上、幸いなことに、満員電車通勤とは無縁だ。
だから、冤罪による痴漢の汚名を被ったこともない。 ふーーーよかった。
最近、怪しいオジサン風体に磨きがかかり、アブナイアブナイ。

さて、この数年、番組の編集も自宅で行っている。
番組の打ち合わせや、撮影で外出する日以外は、案外と在宅している。
編集しなければならない大量のテープがあるので、
ツナイデモ、ツナイデモ、終わらない。

そんな映像編集の日々なのだが、今日、長年愛用しているビデオ編集機の
調子が悪くなった。クリーニングテープで何度も、掃除しても画像が乱れる。
困った困った。
RCサクセションの「雨上がりの夜空に」の歌詞
「どうしたんだ、ヘヘイベイビー、バッテリーはビンビンだぜ!
 いつものように、きめてぶっとばそうぜ!!」って歌いだしたい気持ちだ。

とりあえず、パナソニックの修理窓口まで、車を飛ばして、出してきたよ。
修理には、たぶん2週間はかかるかな。
ああああ、編集機がないと、暇でおちつかないなあ。

どうでもいいことなんだけど、
この編集機の一番、すごいところを、お教えいたします。じゃーん。
じつは、江口洋介さんのサイン入りですよ。
「パパの涙で子は育つ」のドラマ撮影のとき、
この編集機を小道具にして、江口さんが使ったのです。
その時、江口さんが、サインしてくださったのよ。
一番喜んだのが、うちの妻。江口さんのファンだそうで・・・・・。

今はほとんどのディレクターは、パソコンで編集する時代なのね。
でも、なんだか私は、少し時代遅れでして・・・・、テープ編集しているわけでして・・・。
「そんな編集しているなんて、非能率的だ。ダサい」って、
何人もの業界人に言われ続けているのですよ。
私の編集スタイルが、自分なりに、いいと思っているから続けているのですが・・・。

そろそろパソコン編集に切り替えようかなって実は、思っています。
それとも、シーラカンス頑固ディレクターで通そうかなあ・・・・・・。
迷うなあ・・・・。
[PR]
by papanamida | 2009-07-10 00:55