ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

地震で壊れる原発と過ごす日本人。

福島第一原発は・・・・結局、津波が来る前に壊れていたんですね。
それを隠すために、調査チームを中に行けないようにするなんて姑息なことしいるし、
まったく原発村の人々は懲りていないですね。

私は原発の設計に携わった人、作った人に何人か話を聞いたことがありますが、
「フクシマはたぶん津波の前に壊れていた」ってみんな言っていましたよ。

それに・・・。

使用済み核燃料は、再利用は出来ず、もはやゴミ。それも放射能を撒き散らすやっかいなゴミ。
それは誰もが知っていること。それなのにそれを認めてしまうと日本の原発がたちいかなくなる。
青森・六ヶ所だってゴミ置き場だということになると、青森県知事が
「それは話が違うでしょ。ゴミならそれぞれの原発が引き取ってくださいよ」となる。
だから誰も政策的に「ゴミ」とは認めない。まるで「裸の王様」っていう童話みたいですね。
「裸」と知っていてもだれもそれを認めない。

核のゴミを捨てる場所は地球上どこにもないんですよ。
それなのに続けるんですか?

原子力発電は、ホントにコストに合いませんね。
それでもしがみついている人たちと、電力会社存続のために無理やり続けていくということでしょう。
事故が起きて巻き添えをくらうのは国民です。
地震で壊れる原発ならば、日本にはどこにも設置できません。
「フクシマのように被曝の可能性がありますけど、原発でいきましょうよ」って
正直に言ったらいいのに。

福島の子どもから甲状腺がんという報道がありました。
関係者は「原発の影響でない」と早くも不安払しょくに懸命ですが、怪しいですよね。
この先、福島の子どもから大勢のガン患者がでてくる恐れも、ぬぐいきれません。

そんな中、原発がどんどん再稼働していくとしたら、国民はなめられたものです。
下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2013-02-15 12:55