ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

大島渚監督、怒鳴る姿をもう一度見たかった。

世界的映画監督・大島渚さん がお亡くなりになったとのことです。
革新的なテーマに挑み続けた映画人。
個人的には 「青春残酷物語」」「白昼の通り魔」 など初期の作品が好きでした。

監督はテレビのコメンテーターとしても活躍、
「朝まで生テレビ」での激情しながらの論理的発言は、なかなか素敵でした。
脳溢血(または脳出血)で倒れてからは熱心にリハビリをされていました。

数年前、ドキュメンタリー番組の取材で、藤沢のお宅へ数回お邪魔させていただき、
奥様・小山明子さん との日常を撮影させていただきました。
監督は、介護される身となり、言葉を失ってからも、眼光鋭く我々を見つめていました。
その迫力に圧倒されたのを憶えています。

喜寿のお祝いの時は、たくさんの知人が集まったのに興奮し、
「巨人の星」を大きな声でお歌いになりました。あれは不思議なパワーがみなぎっていました。

私生活では、決して家族を怒鳴りつけたりせず、とても穏やかな生活だったそうです。

昭和に活躍した、巨匠たちが、ひとりとひり、あの世に旅立っていきます。
寂しいけれど、仕方のないことです。
大島渚監督、ご冥福をお祈りいたします。

下のをポチッと押して下さい。
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ

[PR]
by papanamida | 2013-01-15 23:54