ディレクター込山正徳の個人的ぼやき


by papanamida

オランダの公衆トイレ。

オランダ、アムステルダムの街には公衆トイレが皆無で困った、と先日書きました。
そうしましたら、「オランダ大好き」という妻の旧友から妻宛にメールがありまして、
「男性用トイレは街角に結構ありますよ」 ということです。
わざわざそのアムステルダムの公衆トイレの写真まで送ってくださいました。
ありがとうございます。これがその公衆トイレ。左の灰色のものです。
a0134371_1363043.jpg


今回、私はあるイベント会場の入口で、一度だけこのトイレを見まして、
同行者のオランダ人が実際にオシッコしていました。
これは、この電話ボックスのような箱の中で、オシッコをするのではなく、
このボックスの側面にある筒に、オシッコをするものなのです。
つまり男性の立ちションを補助する程度のトイレです。
街中に置いてあっても、立ちション姿が歩行者から丸見えです。
公衆面前チンチン丸出しトイレという感じがします。

小便をめがけて入れる便器が筒状になっており、その直径が15センチほど。
また、その筒の位置が、地上80センチ(推測)ほどに設定されているため、
私のミサイルが、その位置で発射可能かどうかの疑問が残ります。
つまり私には、高すぎるかも、なのです。

そもそもヨーロッパの男性用トイレの便器の位置は、高すぎることが多いのですよ。
あれは、時々すごく嫌味に感じてしまいますよ。
「どうせ、おれらアジア人は、身長もちっちゃいし、ミサイルもちっちゃいし
 こんな高い便器、届きませんよ!! あんたらとは違いまっせ」
といつも、独り言をぼやきながら背伸びをしてオシッコをしていまして
なかなか、ステキな旅情を醸し出してもらっております。

さて今回、大き目のスーパーや衣料品店で、「トイレありますか?」訊ねても、
「うちには、ありません」とそっけない。
沢山の店員が働いていてトイレがない筈がありません。
要するに、見ず知らずの人にトイレは貸さない、という習慣なのです。
駅のトイレは、一回60円取られましたし、しかたなくカフェに入れば、
200円位のコーヒーを飲む必要になります。これは、結構やっかいなこと。
日本はいいですよね。コンビニ、パチンコ屋、スーパー、
どこでも気軽にトイレ借りることができますからね。

アジアはどうでしょう。
例えば、インドの町などでオシッコをしたくなつても、街のいたるところで、
皆が用をたしているので、こちらも気兼ねなくすることができます。
なにしろ、大便さえもストリートでやっていますからね。
野良犬や野良牛も、どこでもやり放題。自由というかメチャクチャというか・・・。
だから街が、くさい。

しかし、ヨーロッパではそうはいきません。
人々は秩序と高い道徳観を持って過ごしていますからね。
それに加えて、街が絵葉書みたいに美しいですから、
そこに自分の排泄物の痕跡を残すことに躊躇してしまうのですよ。
アムステルダムの街も美しいですからね。

街に、公衆トイレを増やしてくれれば、言うことないんですけれどね。

下のをポチッと押してください。
にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村
[PR]
by papanamida | 2010-11-22 01:31